日本分子生物学会

2019年年会ホームページ
GTC cover art August 2019

August 2019
恐怖!アセチル化ヒストンろくろ首

People have long loved ghost stories which send a chill down their spine in the hot summer season. What is illustrated here is the Chromatin Monster. As a result of tails of histones that form the neck being acetylated, the neck was extended, and it was expressed, scratch that, appeared from an old well while exhaling a spooky breath like mRNA from the mouth.
暑い夏を冷んやり過ごすために、怪談は古くから人気がある。ここに描かれているのはクロマチンお化けである。首を構成するヒストンの尾部がアセチル化を受けた結果として、首が伸び、口からはmRNAのような怪しい息を吐きながら古井戸から発現、いや出現した。

GTC cover art July 2019

July 2019
船上で定量する環境DNA

A method has been spreading for analyzing DNA fragments from organisms in the environment such as water or soil (environmental DNA or eDNA) to identify species being present there and to estimate their population. In this drawing, men are collecting the river water and amplifying certain DNA sequences using a handheld real-time PCR machine to estimate the population of a certain species of fish.
河川や海水など環境中に存在する生物由来のDNA(環境DNAあるいはeDNA)の分析により、そこに生息している生物種を同定し個体数を推定する方法が広まりをみせている。この絵では、男たちが川の水を採取し、携帯型リアルタイムPCR装置を用いて特定のDNA配列を増幅し、ある種の魚の個体数を見積もっている。