日本分子生物学会

2020年年会ホームページ
GTC cover art February 2020

February 2020
富士山に細胞外小胞を浴びせる登龍

Attention has been focused on a phenomenon in which the properties of cells are changed by receiving extracellular vesicles containing miRNA and so on. Now, clouds like extracellular vesicles containing miRNA are released from the body of the dragon and flow towards Mt. Fuji. The dragon aims to change the nature of Mt. Fuji. How will Mt. Fuji change by receiving extracellular vesicles?
miRNAなどが含まれる細胞外小胞を受け取ることにより細胞の性質が変化する現象に注目が集まっている。今、龍の体からmiRNAを含んだ細胞外小胞のような雲が放たれ、富士山へと流れていく。龍の狙いは富士山の性質を変えることにある。細胞外小胞を受け取った富士山はどのように変化するのだろうか。

GTC cover art January 2020

January 2020
ネズミの攻撃的行動に追い詰められる鬼

A demon is cornered by a mouse, the Chinese zodiac symbol of this year, on a neuron-like pole. Serotonin is one of the neurotransmitters that are known to regulate aggressive behavior in animals. According to the classical hypothesis, decreased serotonin levels are associated with increased aggression. However, it is not so simple because there have been opposite reports of increased aggression despite of increased serotonin levels. Further research into the mechanism is underway, and new discoveries are being made.
鬼を攻撃して神経細胞のような棒に追い詰めている、今年の干支のネズミ。動物の攻撃行動を制御することが知られている神経伝達物質として、セロトニンがある。古典的な仮説では、セロトニンレベルの低下が攻撃性の亢進に結びつくと考えられていたが、それとは逆に、セロトニンレベルが上昇しているのに攻撃性が高まっている例も報告されており、単純ではない。そのメカニズムのさらなる研究が進められており、新しい発見がなされてきている。