日本分子生物学会

2019年年会ホームページ
GTC cover art July 2019

July 2019
船上で定量する環境DNA

A method has been spreading for analyzing DNA fragments from organisms in the environment such as water or soil (environmental DNA or eDNA) to identify species being present there and to estimate their population. In this drawing, men are collecting the river water and amplifying certain DNA sequences using a handheld real-time PCR machine to estimate the population of a certain species of fish.
河川や海水など環境中に存在する生物由来のDNA(環境DNAあるいはeDNA)の分析により、そこに生息している生物種を同定し個体数を推定する方法が広まりをみせている。この絵では、男たちが川の水を採取し、携帯型リアルタイムPCR装置を用いて特定のDNA配列を増幅し、ある種の魚の個体数を見積もっている。

GTC cover art June 2019

June 2019
鏡像異性体かんざし

A woman wearing an ornamental hairpin, or kanzashi, likened to L-serine, is looking at the mirror. A D-serine kanzashi on her hair can be seen in the mirror. Since it has been revealed that at least some D-amino acids play physiological roles, focusing only on L-amino acids might be 'out of fashion.'
L-セリンを模したかんざしを着けている女性が鏡をのぞき込む。鏡に映るその姿にはD-セリンのかんざしが見える。少なくとも一部のD-アミノ酸は生理的機能を持つことが明らかになってきており、これからはL-アミノ酸だけに目を向けるのは「流行遅れ」なのかもしれない。