Online Openを適用した総説一覧

2012年9月より、Genes to Cells誌上に掲載された総説に対し、学会が費用を負担してオープンアクセス化(Wiley社のOnline Openを適用)しました。適用対象とした総説は以下の通りです。Online Openについては、こちらのページ(Wiley社)をご覧ください。

2012年4月号 (Vol. 17, p249-263)
ストレスにより誘導されるエピゲノム変化の遺伝:ATF-2ファミリー転写因子の役割
Inheritance and memory of stress-induced epigenome change: roles played by the ATF-2 family of transcription factors
成 耆鉉、前川 利男、石井 俊輔
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/j.1365-2443.2012.01587.x
2012年5月号 (Vol. 17, p337-343)
Epigenetic rejuvenation
Maria Manukyan and Prim B. Singh
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/j.1365-2443.2012.01595.x
2012年5月号 (Vol. 17, p344-364)
RNAの造形力や識別能力を基盤とする医薬品・バイオセンサーの開発
RNA plasticity and selectivity applicable to therapeutics and novel biosensor development
中村 義一、石黒 亮、宮川 伸
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/j.1365-2443.2012.01596.x
2012年7月号 (Vol. 17, p525-535)
核蛋白質輸送過程に関する内因性および外因性の抑制因子
Intrinsic and extrinsic negative regulators of nuclear protein transport processes
関元 敏博、米田 悦啓
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/j.1365-2443.2012.01609.x
2012年9月号 (Vol. 17, p737-747)
LKB1とAMPK: 細胞極性の調節因子
LKB1 and AMP-activated protein kinase: regulators of cell polarity
中野 敦、高島 成二
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/j.1365-2443.2012.01629.x
2013年1月号 (Vol. 18, p1-16)
保存されたシンテニーおよび進化的歴史に基づく脊椎動物ケモカインの系統的分類
Systematic classification of vertebrate chemokines based on conserved synteny and evolutionary history

野見山 尚之、長田 直樹、義江 修
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/gtc.12013
2013年1月号 (Vol. 18, p17-31)
Relationship between DNA replication and the nuclear matrix
Rosemary H. C. Wilson and Dawn Coverley
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/gtc.12010
2013年3月号 (Vol. 18, p161-175)
動物細胞におけるナンセンス変異依存性mRNA分解の分子機構
Role of SMG-1-mediated Upf1 phosphorylation in mammalian nonsense-mediated mRNA decay

山下 暁朗
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/gtc.12033
2013年3月号 (Vol. 18, p176-194)
CDKおよびCDK阻害タンパク質の細胞周期調節を超えた新たな機能による脳の形成と疾患の制御機構
Extra-cell cycle regulatory functions of cyclin-dependent kinases (CDK) and CDK inhibitor proteins contribute to brain development and neurological disorders

川内 健史、鹿内 弥磨、小曽戸 陽一
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/gtc.12029
2013年4月号 (Vol. 18, p247-265)
Th17細胞の分化・機能における分子機構を理解するにあたっての最近の進歩
Recent advances in understanding the molecular mechanisms of the development and function of Th17 cells

紅林 泰、永井 重徳、池尻 藍、小安 重夫
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/gtc.12039
2013年4月号 (Vol. 18, p266-277)
DNA複製ヘリカーゼのローディングと活性化:DNA複製開始のキイステップ
Loading and activation of DNA replicative helicases: the key step of initiation of DNA replication

李 燕、荒木 弘之
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/gtc.12040
2015年1月号 (Vol. 20, p1-10)
Experimental design for stable genetic manipulation in mammalian cell lines: lentivirus and alternatives
Robert F. Shearer and Darren N. Saunders
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/gtc.12183
2015年2月号 (Vol. 20, p77-84)
肝臓の再生:障害の種類に応じたユニークで柔軟な対応
Liver regeneration: a unique and flexible reaction depending on the type of injury

鈴木 淳史
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/gtc.12200
2015年7月号 (Vol. 20, p543-562)
タンパク質モノユビキチン化:基質と機能
Protein monoubiquitylation: targets and diverse functions

中川 直、中山 啓子
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/gtc.12250
2015年10月号 (Vol. 20, p771-p788)
バトンパス仮説:哺乳類の胎盤形成に関与する内在性レトロウイルス由来の遺伝子は順次置き換わる
Baton pass hypothesis: successive incorporation of unconserved endogenous retroviral genes for placentation during mammalian evolution

今川 和彦、宮沢 孝幸、中川 草
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/gtc.12278
2017年1月号 (Vol. 22, p6-p31)
哺乳類Hippo経路の機能
Hippo vs. Crab: tissue-specific functions of the mammalian Hippo pathway

西尾 美希、前濱 朝彦、後藤 裕樹、中谷 圭佑、加藤 稚子、大森 裕文、宮地 洋佑、富樫 英、下野 洋平、鈴木 聡
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/gtc.12461
2018年1月号 (Vol. 23, p6-p15)
神経幹細胞から生み出される多極性細胞が、大脳皮質の細胞構築に果たす生理的意義
Physiological significance of multipolar cells generated from neural stem cells and progenitors for the establishment of neocortical cytoarchitecture

水谷 健一
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/gtc.12546
2018年6月号 (Vol. 23, p406-p417)
東北メディカル・メガバンク計画の前向きコホート調査におけるオミックス解析戦略
Omics research project on prospective cohort studies from the Tohoku Medical Megabank Project

小柴 生造、元池 育子、三枝 大輔、井上 仁、城田 松之、加藤 恭丈、勝岡 史城、檀上 稲穂、寳澤 篤、栗山 進一、峯岸 直子、長﨑 正朗、高井 貴子、荻島 創一、布施 昇男、呉 繁夫、田宮 元、田邉 修、安田 純、木下 賢吾、山本 雅之
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/gtc.12588
2018年10月号 (Vol. 23, p808-p821)
転写活性化因子と共役因子によるエンハンサー調節機構
Enhancer function regulated by combinations of transcription factors and cofactors

中川 武弥、米田 光宏、東 美樹、大熊 芳明、伊藤 敬
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/gtc.12634

(以降、順次追加予定)