人材公募

  • 並び替え
  • 折りたたみ
  • 日付
掲載日締切日

職種:教授

募集人員:1名

勤務場所:京都大学大学院医学研究科附属がん免疫総合研究センター
(所在地:京都市左京区聖護院川原町53)

職務内容:がん免疫生物学に立脚した、先端的で国際的ながん免疫学研究

分野名:がん免疫応答制御部門
がん免疫総合研究センターは、臨床部門と基礎部門に分かれる。本部門は、基礎部門に属し、臨床のがん研究に視点を向けながらも、基礎的な研究に基づき、がん免疫制御のメカニズム解明を目指す。広くがん免疫分野の研究者で世界のがん免疫研究をリードしていく人材を求める。

資格等:
・博士の学位を取得していること。
・その他の条件:なし

採用日:採用決定後できるだけ早い時期

任期:なし

試用期間:あり(6ヶ月)

勤務形態:専門業務型裁量労働制(1日7時間45分相当、週38時間45分相当)
休日:土・日曜日、祝日、年末年始、創立記念日および夏季一斉休業日

給与・手当等:本学支給基準に基づき支給

社会保険:文部科学省共済組合、厚生年金、雇用保険および労災保険に加入

応募方法:以下の応募書類を下記宛先に郵送のこと
 ・履歴書
 ・研究業績目録
 ・主な科学研究費等の採択状況(代表者・分担者を明記)
 ・研究(業績)の概要と抱負(A4版2枚以内)
 ・主な論文別刷(10編以内)
 ・申告書
申告書を除く書類及び論文別刷は7部提出してください。(6部はコピーで可)
なお、推薦の場合は推薦書を添付願います。
提出いただいた書類は、原則として返却いたしませんのでご了承下さい。

(注)提出書類記載要項
1.履歴書はA4版、横書きで記載のこと。

(1)氏名(ふりがな)、捺印、性別、生年月日、満年齢、改姓年月日(旧姓)、現住所、郵便番号、現職名、連絡方法を記載のこと。

(2)学歴(高校卒業以降)、免許、学位

(3)職歴(外国出張等も記載のこと)

(4)賞罰

(5)その他(所属学会名、役職名及び社会における活動)

(6)履歴書の左上欄外に応募する講座名及び職名を記載すること。

なお、上記(1)~(5)における事項には、それぞれ年月日まで記載すること。

2.研究業績目録
論文における文献の記載要領に準じて次の事項に留意すること。

(1)著者名(全員論文記載の順により本人のところにアンダーラインをする)、標題名、雑誌名、巻頁(始と終わりを示す)、発行年、単行本の場合は上記に準じ編者、発行所名などを含めること。

(2)用紙は、A4判を縦にし、横書き、番号を付してシングルスペースで記載すること。

(3)原著(和文・欧文別、年代順)、総説(和文・欧文別、年代順)、その他の順により、また、別刷を添付したものには○印を付すること。

3.主な科学研究費等の採択状況
科学研究費及びその他の助成金の種類、課題名、代表・分担を区別して年度順に記載すること。

4.研究(業績)概要と抱負
2,000字以内で記載すること。

5.申告書
http://www.med.kyoto-u.ac.jp/researcher/koubo/oubo-syorui-yoshiki/
(医学研究科HP⇒研究者の皆様へ⇒応募書類様式⇒申告書⇒教員⇒基礎・社会医学系)
上記のURLより様式を印刷のうえ記載すること。

6.いずれの書類もA4判を縦にし、横書きで作成のこと。パソコンにより作成すること。提出書類の1~4に頁番号を付すること(全体を通して)。

応募締め切り:令和4年1月11日(火)必着

提出先・問い合わせ先:
京都大学大学院医学研究科 総務企画課人事掛
〒606-8501 京都市左京区吉田近衛町
TEL:075-753-4304

※封筒の表に「がん免疫総合研究センター教授応募書類在中」と朱書きすること

その他:
選考過程及び採否の理由については一切お答えいたしかねます。
提出していただいた書類は、採用審査にのみ使用します。
正当な理由なく第三者への開示、譲渡および貸与することは一切ありません。
京都大学は男女共同参画を推進しています。多数の女性研究者の積極的な応募を期待しています。
京都大学では、すべてのキャンパスにおいて、屋内での喫煙を禁止し、
屋外では、喫煙場所に指定された場所を除き、喫煙を禁止するなど、受動喫煙の防止を図っています。

2021-12-07 2022-01-11

1. 応募職種:研究補佐員(生殖医療関連、生殖細胞、胚に関する研究)

2. 募集人数:若干名

3. 勤務地:
〒545-8585 大阪市阿倍野区旭町1-4-3
大阪市立大学大学院医学研究科 リプロダクティブサイエンス研究所寄附講座

4. 業務内容:生殖補助医療に関する研究の補助(マウス、ウシ、ブタ等の卵母細胞の採取、体外成熟、体外受精、胚培養、その他)

5. 着任時期:令和4年1月以降(応募時期及び相談の上決定します。)

6. 雇用形態:非常勤(任期あり)9時00分から17時15分(実働7時間30分、休憩45分)
※業務繁忙等により時間外勤務を命ずる場合あり

7. 休日:土日祝、年末年始、年次有給休暇、特別休暇

8. 給与:大学に規定による

9. 社会保険:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労働災害補償

10. 応募資格:4年制大学卒業及び卒業見込みの方卵子、胚操作技術を習熟されている方、胚培養士経験者優遇

11. 応募書類:履歴書、職務経歴書

12. 問い合わせ及び書類送付先:
〒545-8585 大阪市阿倍野区旭町1-4-3 南館3-1
大阪市立大学大学院医学研究科リプロダクティブサイエンス研究所寄附講座
特任助教 矢持 隆之
Email: yamochi[at]ivfnamba.com ※[at]を@としてください
*郵送または電子メールで受付

13. 選考方法:書類審査の上、面接を行う。なお、応募書類に関しては返却いたしません。採用者が決定次第、応募を締め切ります

2021-12-06 2022-01-31

1. 応募職種:博士研究員 (生殖医療関連、生殖細胞、胚に関する研究)

2. 募集人数:1名

3. 勤務地:
〒545-8585 大阪市阿倍野区旭町1-4-3
大阪市立大学大学院医学研究科 リプロダクティブサイエンス研究所寄附講座

4. 業務内容:生殖補助医療に関する研究(卵母細胞の体外成熟、体外受精、胚培養技術の改善、開発。加齢による生殖能力低下メカニズムの解明)

5. 着任時期:令和4年4月以降(応募時期及び相談の上決定します。)

6. 雇用形態:非常勤(任期あり)9時00分から17時15分(実働7時間30分、休憩45分)※業務繁忙等により時間外勤務を命ずる場合あり

7. 休日:土日祝、年末年始、年次有給休暇、特別休暇

8. 給与:大学の規定による

9. 社会保険:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労働災害補償

10. 応募資格:博士号取得済み、または着任時までに博士号取得見込みの方。卵母細胞、受精卵を用いた研究の経験がある方。分子生物学的解析法を習得されている方。

11. 応募書類:(1) 履歴書、職務経歴書、(2) 研究業績リスト、(3) 本人執筆の論文別刷り(コピー、PDFファイル可)、(4) これまでの研究概要

12. 問い合わせ及び書類送付先:
〒545-8585 大阪市阿倍野区旭町1-4-3 南館3-1
大阪市立大学大学院医学研究科リプロダクティブサイエンス研究所寄附講座
特任助教 矢持 隆之
Email: yamochi[at]ivfnamba.com ※[at]を@としてください
*郵送または電子メールで受付

13. 選考方法:書類審査の上、面接を行う。なお、応募書類に関しては返却いたしません。採用者が決定次第、応募を締め切ります

2021-12-06 2022-01-31

1. 応募職種:博士研究員 (生殖医療関連、生殖細胞、胚に関する研究)

2. 募集人数:1名

3. 勤務地:
〒545-8585 大阪市阿倍野区旭町1-4-3
大阪市立大学大学院医学研究科 リプロダクティブサイエンス研究所寄附講座

4. 業務内容:生殖補助医療に関する研究(卵母細胞の体外成熟、体外受精、胚培養技術の改善、開発。加齢による生殖能力低下メカニズムの解明)

5. 着任時期:令和4年1月以降(応募時期及び相談の上決定します。)

6. 雇用形態:非常勤(任期あり)9時00分から17時15分(実働7時間30分、休憩45分)※業務繁忙等により時間外勤務を命ずる場合あり

7. 休日:土日祝、年末年始、年次有給休暇、特別休暇

8. 給与:大学の規定による

9. 社会保険:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労働災害補償

10. 応募資格:博士号取得済み、または着任時までに博士号取得見込みの方。卵母細胞、受精卵を用いた研究の経験がある方。分子生物学的解析法を習得されている方。

11. 応募書類:(1) 履歴書、職務経歴書、(2) 研究業績リスト、(3) 本人執筆の論文別刷り(コピー、PDFファイル可)、(4) これまでの研究概要

12. 問い合わせ及び書類送付先:
〒545-8585 大阪市阿倍野区旭町1-4-3 南館3-1
大阪市立大学大学院医学研究科リプロダクティブサイエンス研究所寄附講座
特任助教 矢持 隆之
Email: yamochi[at]ivfnamba.com ※[at]を@としてください
*郵送または電子メールで受付

13. 選考方法:書類審査の上、面接を行う。なお、応募書類に関しては返却いたしません。採用者が決定次第、応募を締め切ります

2021-12-06 2022-01-31

概要:ウィスコンシン医科大学(Milwaukee, USA)の谷口研究室(https://www.mcw.edu/departments/cell-biology-neurobiology-and-anatomy/people/ken-taniguchi-phd)で、初期ヒト胚発生分野における博士研究員(ポスドク)を募集します。意欲があり、広大な大自然のウィスコンシン州で羽を伸ばし、新しい分野を開拓する研究をしたい方、性別、国籍問わず、歓迎です。

谷口ラボでは、ヒト胚着床時に引き起こされる多能性エピブラスト細胞のモルフォジェネシス及び羊膜細胞分化メカニズムの解明に焦点を当てた研究をヒト胚性幹細胞派生オルガノイド、初期マウス・サル胚を用いて行います。特にシグナル伝達(e.g., BMP, WNT)、転写因子(e.g., GATAs, TFAP2s)、細胞極性(e.g., アピコソーム)、小胞輸送(e.g., RAB proteins, AP-1 clathrin adaptor complex)にフォーカスを当て、現在はAPEX2-based spatial proteomics (cell polarity proteomics)、high-resolution time-lapse microscopy、シングルセルRNAシーケンス、CRISPR/Cas9などの遺伝学、発生 細胞生物学的手法を主に用いメカニズム解明に取り組んでいます。2019年に立ち上がった若いラボです。研究とキャリアディベロップメントのサポート、手厚く提供します。参考論文は下記のとおりです。

1)羊膜オルガノイド(Shao, Taniguchi et al., Nature Material 2017, PMID: 27941807; Shao, Taniguchi et al., Nature Communications 2017, PMID: 28785084)

2)アピコソーム及びヒトエピブラストモデル(Taniguchi et al., Journal of Cell Biology 2017, PMID: 29021220; Taniguchi et al., Stem Cell Reports 2015, PMID: 26626176)

3)APEX2-based method to identify spatially resolved cell polarity proteomics of a human epiblast model(Wang, et al., Science Advances 2021, PMID: 33893097)

募集要項の詳細、応募資格、給与、待遇、などは下記のMedical College of Wisconsin人事部の募集リンクをご覧ください。
https://careers.peopleclick.com/careerscp/client_medcollegewi/external_staff/gateway.do?functionName=viewFromLink&jobPostId=19598&localeCode=en-us

応募書類:CVとこれまでの研究概要、本研究への興味と意欲を説明したものを、ktaniguchi[at]mcw.eduまでご送付ください。

2021-12-06 2022-03-06

タンパク質科学・タンパク質調製分野の専門性を有する研究員の募集

・人員:研究員1名

・所属:中外製薬株式会社 研究本部 御殿場研究所

・職務内容:タンパク質科学やタンパク質調製の専門性を通じた創薬/技術プロジェクトの推進。

・募集締切:随時受付。
※適任者の採用が決定次第、募集を締め切ります。

・詳細は以下のリンクをご覧ください。
https://js03.jposting.net/chugaicareer/u/job.phtml?job_code=166

2021-12-06 2022-03-06

タンパク質科学・分子間相互作用解析分野の専門性を有する研究員の募集

・人員:研究員1名

・所属:中外製薬株式会社 研究本部 鎌倉研究所

・職務内容:タンパク質科学や分子間相互作用解析の専門性を通じた創薬/技術プロジェクトの推進。

・募集締切:随時受付
※適任者の採用が決定次第、募集を締め切ります。

・詳細は以下のリンクをご覧ください。
https://js03.jposting.net/chugaicareer/u/job.phtml?job_code=209

2021-12-06 2022-03-06

The Tsuboi laboratory at Tsinghua-Shenzhen is recruiting postdoctoral and international graduate students members who are interested in RNA, mitochondria, or aging research. We focused on understanding how the cellular organization controls gene regulation and age-related processes such as cancer and neurodegenerative diseases. We believe our quantitative approach combining microscopy, computational modeling, and biochemistry will discover anti-aging drugs in the long run.

We are recruiting 2 postdocs who are interested in our research topics or techniques. For more information, please see my homepage (https://www.tsuboilab.com/). Please don’t hesitate to send me an e-mail if you are interested (ttsuboi[at]sz.tsinghua.edu.cn *Please replace [at] with @ when addressing Emails).

The base salary starts from 330,000 RMB ($50,000) and you will have more opportunities in external fundings. On a side note, the Tsinghua-Shenzhen, Shenzhen government, and we support incoming postdocs very generously.

We are recruiting Research Assistant as well.

For domestic candidates, We are aware that because of the COVID-19 restriction, many excellent students cannot move overseas for postdoctoral experience, but our lab will run in English and may cover what you are expected for your postdoctoral period. We can also support your move to your next career in the future. Cheers!!

Tsinghua Shenzhen International Graduate School (清华大学深圳国际研究生院)

Website: https://www.tsuboilab.com/

Email: ttsuboi[at]sz.tsinghua.edu.cn *Please replace [at] with @ when addressing Emails

Twitter: @Tatsuhisa_T

#RNA, #mitochondria, #Aging, #imaging, #computational, #quantitative, #translation

2021-11-29 2022-02-28

研究室の概要:当研究室は、エピゲノム情報の遺伝メカニズムを理解し、疾患素因の新たな診断・予防戦略の創出などに資する研究を行います。親世代における環境ストレスがどのような生殖系列細胞のエピゲノム変化を介して次世代での疾患発症へとつながっていくのか、特に、それらの変化が受精直後のゲノム全体で起こるエピゲノム状態の変化をどのように乗り越えて伝達されていくのかを明らかにすることで、遺伝現象を下支えするメカニズムを探索します。また、本研究の遂行に必要な様々な超微量エピゲノム解析技術の開発などにより、IMSの技術基盤にも貢献します。

応募職員・人数:チームリーダー・1名

職務内容:

・研究チームの統括と円滑な運営を行う。

・研究員やテクニカルスタッフ等への的確な指示・指導・助言等を行い、研究チームの研究を高いレベルで推進する。

・外部研究資金を獲得する。

・疾患や環境ストレスによる次世代への影響を解析し、エピゲノム遺伝現象と疾患メカニズムの関係性を解明するための研究を推進する。

応募資格:*当研究所の専任を前提とします。

・博士号取得者で、上記概要に記載する研究を統括、推進するために相応しい知識、経験、実績を有している方。

・研究員等からなる研究チームを運営し、研究員等の指導能力及び研究推進能力のある方。

・哺乳類の生殖工学技術に精通する方。

・哺乳類の生殖細胞、受精卵、初期胚のエピゲノムに精通し、これを高精度に分析する技術を有する方。

勤務地:理化学研究所 生命医科学研究センター(神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22)

待遇:

[契約期間]

1.単年度契約の任期制職員で、評価により採用日から7年を迎えた年度末を上限として再契約可能。

2.ただし、能力、契約満了時の業務量、勤務成績、勤務態度、所属しているセンター等若しくは研究室等又は従事しているプロジェクトの存続及び当研究所の経営の状況、予算状況等により、再契約可能期間については変更になる場合もあります。 また、原則として65歳を超えての再契約は行いません。

3.また、2013年4月1日以降、当研究所との有期雇用の通算契約期間が10年を超えることはありません。
当研究所では、無期雇用制度(定年60歳定年、その後65歳までの再雇用制度あり)があり、任期制チームリーダーを含むすべての研究職員が無期雇用職の公募へ申請する資格があります。

[給与等]原則として2ヶ月間の試用期間有り。給与は、経験、能力、実績等に応じた年俸制で、通勤手当、住居手当の支給有り。社会保険の適用有り。理研共済会(互助組織)に要入会(理研共済会規約による)。就業時間は、9:00-17:20(休憩12:00-12:50)を原則とし、業務遂行の妨げにならない場合、各自の判断により始業時刻及び終業時刻を変更することができます。

締切日:2022年1月24日(月)午後12時必着

着任時期:2022年6月1日以降(応相談)

問い合わせ先:

・書類送付先・研究内容以外についてのお問い合わせ先
理化学研究所 横浜事業所 研究支援部 生命医科学研究センター採用担当
Email: IMS-recruit [at] riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。

・研究内容についてのお問い合わせ先
理化学研究所 横浜事業所 生命医科学・環境資源科学研究推進室
Email: ims-planning [at] ml.riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。

詳細につきましては、下記URLをご参照下さい。
https://www.riken.jp/careers/researchers/20211124_2/index.html

2021-11-26 2022-01-24

上海科技大学・生命学院 多田隈(合成生物学)研究室では、RNAナノ生物学に従事する博士研究員を募集しています。多田隈研は、新たなナノ技術の開発を通して、非自己RNAが細胞に与える影響や、あるいは細胞側の防御機構の理解を目指しています。我々は、合成生物学的手法(DNAナノ技術)を用いて、プログラム可能な転写ナノチップの構築(Nature Nano 2018)を行う一方、生物物理学的手法(蛍光1分子観察)を用いて、RNA干渉 (Nature 2015, MolCell 2015, 2018, Nature Commun 2021)や、ウィルス RNA(MolCell 2019)の分子機構などを明らかにしてきました。現在は、これらの成果を基盤に、細胞運命を自在に制御するナノデバイスの開発や、そのナノデバイスを用いたRNA生物学の展開を目指しています。

1. 募集人数: 2名

2. 応募資格: 博士号を持ち(博士号取得見込みも可)、合成生物学、生化学、生物物理学、分子生物学、細胞生物学などの背景があり、合成生物学的手法(DNAやRNAナノ技術)、生物物理学的手法(1分子観察(蛍光/高速AFM)や、クライオ電子顕微鏡)に興味があり、新分野創出の意欲がある方。

3. 提出書類:
1) 応募理由が書かれたカバーレター、2) CV、3) 問い合わせできる方2名の連絡先、の3点をまとめたpdfをメールで送付下さい。

4. 選考方法: 書類選考後、プレゼンによる面接選考

5. 着任時期: フレキシブルですが、なるべく早く

6. 勤務時間: 大学の規定による

7. 勤務形態: 常勤

8. 勤務地: 上海科技大学・生命学院、上海市浦東新区華夏中路393号
(東京から2時間半のフライト、浦東空港から30分)

9. 処遇・待遇: 2年契約(5年まで更新可)。給料は大学の規定による(新卒と2年以上の経験者で違い)。外国人用健康保険、学内寮(単身者、家族)あり

10. 応募締切日: 適任者が見つかり次第

11. 書類提出先・問い合わせ先:
上海科技大学・生命学院 多田隈尚史
email: tadakumahisashi(at)shanghaitech.edu.cn
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください

12. HP: https://slst.shanghaitech.edu.cn/Hisashi_en/main.htm

(補足) 上海科技大学について: 2014年に開校したばかりの新しい大学です(中国科学院と上海市による合同設立)。外国との交流に力を入れており、日本人を含む外国人教員に加え、コロナ前は学部生の半分強が海外の大学院に入学していました。海外帰りの若いPIがほとんどなのもあり、オープンなカルチャーです。共通機器(クライオ電子顕微鏡、趙解像顕微鏡、FACS、AKTA、超遠心等)、マウスファシリティなど、様々な共有機器が充実しており、周囲のラボとも気軽に行き来しています。学科からは、構造生物学を中心に例年トップジャーナルに複数報出ており、研究レベルは高いです。場所は浦東空港と市内の中間に位置しており(どちらも車や地下鉄で30分程度)、周囲には、ファイザーやジョンソン&ジョンソン等の外資系企業が集積しています。

2021-11-25 2022-02-25

職種:特定研究員(特定有期雇用職員)

募集人員:1名

勤務場所:京都大学ウイルス・再生医科学研究所 RNA ウイルス分野
(京都市左京区聖護院川原町53)

職務内容:新規RNAウイルスベクターREVec(RNA virus-based episomal vector)の開発研究に従事する。
【付記】本研究は、REVecを⽤いた新規遺伝子治療法の開発を目指すものである。特に、有用遺伝子を搭載したREVecを間葉系幹細胞や神経幹細胞などの幹細胞に導入するプラットフォーム作製により、革新的な ex vivo 遺伝子細胞療法の開発を目指す。本研究では、リバースジェネティクスなどのウイルス学的手法や分子細胞生物学的手法を用いてREVec の改良研究を行うとともに、動物への接種実験を行います。ウイルスベクター開発に興味があり、自発的かつ意欲的に研究を進めることができる人材を求めています。

応募資格:博士の学位を有する者(学位取得予定者も含む)。原則、博士号取得5年以内の者が望ましい。以下の研究分野のいずれかもしくは複数に経験があることが望ましい。(ウイルス学、RNA研究、遺伝子治療研究、幹細胞研究)

雇用期間:令和4年4月1日以降、可能な限り早い時期 ~ 令和5年3月31日
(年度毎に更新の可能性あり。最長で令和6年3月31日まで)

試用期間:あり(6 か月)

勤務形態:専門業務型裁量労働制(週38時間45分相当、1日7時間45分相当)

※日々の出退勤時間等については本人の裁量に委ねられます。

休日:土・日曜日,祝日,年末年始,創立記念日(6/18),夏季一斉休業日

給与等:本学支給基準に基づき、経歴等により決定(年俸制)
(通勤手当、その他の諸手当、賞与、退職手当等の支給はなし)

社会保険:文部科学省共済組合,厚生年金、雇用保険および労災保険に加入

応募方法:以下の応募書類を下記メールアドレスに送信してください。

・履歴書(写真付き・様式任意)

・これまでの研究の概要と研究業績目録(様式任意)

宛先
京都大学ウイルス・再生医科学研究所 RNA ウイルス分野
朝長 啓造
E-mail: tomonaga*infront.kyoto-u.ac.jp(*を@にかえてください)

応募締切:適任者の採用が決まり次第、応募を締め切ります。

選考方法:書類選考のうえ、面接を行います。面接等詳細は、別途連絡します。

問い合わせ先:
〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町53
京都大学 ウイルス・再生医科学研究所 RNA ウイルス分野
朝長 啓造
E-mail: tomonaga*infront.kyoto-u.ac.jp(*を@にかえてください)

その他:
科学技術振興機構(JST)・START 研究成果展開事業大学発新産業創出プログラム
https://www.jst.go.jp/start/)での研究となります。
提出していただいた書類は、採用審査にのみ使用します。
正当な理由なく第三者への開示、譲渡および貸与することは一切ありません。
なお、応募書類はお返ししませんので、あらかじめご了承願います。
京都大学は男女共同参画を推進しています。女性研究者の積極的な応募を期待します。京都大学では、すべてのキャンパスにおいて屋内での喫煙を禁止、屋外では喫煙場所に指定された場所を除き、喫煙を禁止するなど、受動喫煙の防止を図っています。

2021-11-24 2022-02-24

1.職名:助教

2.研究領域:発生再生生物学分野では、情報のやり取り(シグナル伝達)の視点から、「高次の細胞社会である器官がどのような仕組みで形成(発生・再生)され、どのように機能発現体として維持されるのか?」という課題に取り組んでいます。モデル生物として、哺乳動物のマウスと小型魚類のメダカを用いており、それぞれの長所を生かした実験を行なっています。難治疾患に対する再生医療法の開発や創薬のためには、病態の正確で詳細な理解が必要です。助教としては、マウス個体やヒトiPS細胞などを用いた細胞生物学実験の経験があり、挑戦的意欲を持ち、新しい研究領域の開拓に積極的に挑戦できる研究者を求めています。

3.採用条件:

雇用形態:常勤(任期制)

採用予定日:2022年 4月1日を予定

任期:採用日から3年以内、再任は業績審査の結果1回まで可能とする。なお、2期の任期は最大で2027年3月31日までとし、以降更新されることはない。

試用期間:採用日から6ヶ月間

※本学では、女性研究者支援を推進しており、女性研究者の積極的な応募を期待しています。全ての教職員が、出産・育児等のライフイベントと研究活動を両立できるよう様々な取り組みを行っています。本学の取り組みは下記ページをご覧ください。

【女性研究者支援の推進について】:
http://www.tmd.ac.jp/employment/teacher/ang/index.html

また、外国人研究者、外国で学位を取得した研究者及び外国において教育研究に携わった研究者等の応募を歓迎します。

4.給与等:
国立大学法人東京医科歯科大学就業規則に基づく任期制の教員

給与:国立大学法人東京医科歯科大学給与規定による。(学歴・職歴に応じ本学規定に準じて決定)

勤務時間:裁量労働制
月~金 8:30~17:15を基本とし、労働者の裁量に委ねる。
(専門業務型裁量労働制により、7.75時間働いたものとみなされます)

休日:土・日曜日、国民の祝日、年末年始(12/29~1/3)

休暇:年次有給休暇、特別休暇、病気休暇など

社会保険等:法令の定めるところにより加入します。
文部科学省共済組合健康保険、共済年金、雇用保険、労災保険

諸手当:本学給与規則等により、支給条件を満たした場合に支給します。
通勤手当、住居手当、扶養手当など

5.提出書類(A4版):

(1)履歴書

(2)研究業績目録(英文原著、英文総説、その他に分類し、新しい年度から順に記載するほか、インパクトファクターも併せて記載)

(3)競争的研究経費等の採択状況(代表者・分担者を明記)

(4)主要論文の別刷3編以内(コピー可)

(5)上記論文について、それぞれ200字程度の解説文

(6)これまでの研究内容・方向性、将来への抱負(1000字以内)

(7)その他特記すべき事項(受賞ほか)

6.応募方法:

(1)応募はオンラインにより受け付けますので、下記内容を電子メールに記載のうえ、2022年1月31日(月)までに、事務部総務係(pr.mri.adm[at]tmd.ac.jp ※[at]を@としてください)へお知らせください。

【電子メールの記載内容】
ア. 氏名及び所属
イ.応募者の連絡先(電話及び電子メールアドレス)

なお、送信の際の件名は、「発生再生生物学分野教員(助教)公募に応募」としてください。

(2)電子メールの内容を確認した後、事務担当から提出方法をお知らせします。

(3)上記5.提出書類は、書類提出締切日までに提出ください。

7.書類提出締切日:2022年2月1日(火)

8.問い合わせ先:
難治疾患研究所事務部総務係
TEL:03-5803-4504 Fax:03-5803-0392
E-mail: pr.mri.adm[at]tmd.ac.jp ※[at]を@としてください

詳細・様式ダウンロード:
https://www.tmd.ac.jp/employment/teacher/nannken/20211117/

2021-11-22 2022-01-31

1.募集件名:教授の公募

2.所属:大学院生命農学研究科動物科学専攻 動物栄養科学研究室

3.募集内容:

<選考方針>
名古屋大学大学院生命農学研究科動物科学専攻は、先端的な基礎研究を通じて、動物の持つ多様な機能を分子・細胞から個体・集団レベルで統合的に解明し、持続的な食料生産と健康の向上に貢献することを目指した動物科学に関する教育と研究を行なっています。その中で動物栄養科学は、動物における栄養素の生理機能や代謝機構の解明を通して、動物生産の量的および質的な向上を目指す上で必須の学問分野と位置付けられています。 本教授公募では、家畜、家禽、および実験動物などの脊椎動物を対象とした栄養学、飼養学、代謝制御学などの分野において、優れた研究成果と深い知見を有し、国内外の関連研究分野における先端研究を強力に推進できる人物を求めます。これにより、食と健康の向上に資する動物科学の発展に貢献できる人が望まれます。さらに、当該専門分野の学部・大学院教育や研究指導に熱意を持ってあたり、本研究科の研究教育の発展に貢献するとともに管理運営に責任感と協調性をもってあたる人が望まれます。

<業務内容>

・動物の持つ多様な機能を統合的に解明するとともに、これらの機能の利用技術の開発によって食と健康の質的向上に貢献する先端的研究

・大学院における関連分野の特論講義、および修士論文研究、博士論文研究の指導

・大学学部における専門科目、実験実習、全学教育科目などの教育

・生命農学研究科の管理・運営業務

※本募集では、業績(研究業績、教育業績、社会的貢献、人物を含む。)の評価において同等と認められた場合には、女性を積極的に採用します。

[勤務]愛知県名古屋市千種区不老町

[募集人員]教授・1名

[着任時期]2022年6月1日以降のできるだけ早い時期

4.募集研究分野:
大分類:農学、小分類:動物生命科学(栄養学、飼養学、代謝制御学)

5.勤務形態:常勤・任期なし

6.応募資格

[必要な特定分野の資格・条件(学位などを含む)・専門性等の詳細]

・博士学位を有する者

・脊椎動物の栄養学、飼養学、代謝制御学などの分野において優れた研究業績を有する者

・大学院と学部における教育と研究指導に、熱意と責任感、協調性を持って取り組むことができる者

・関連する講義、演習、実習などの教育経験があることが望ましい

7.待遇:

[採用後の待遇(給与、勤務時間、休日、雇用期間、保険等)]

・東海国立大学機構職員就業規則の定めるところによる。
https://education.joureikun.jp/thers_ac/act/frame/frame110010928.htm

・給与は、東海国立大学機構名古屋大学年俸制適用教員給与規程による年俸制
https://education.joureikun.jp/thers_ac/act/frame/frame110001585.htm

8.応募期間:2021年11月19日~2022年1月31日(日本時間17:00必着)

9.応募・選考結果通知連絡先

[応募方法(提出書類の送付先)]

次の書類を応募期間内(必着)に下記の電子メールアドレスに送付してください。

(1)応募する旨を明記した書類(応募者の連絡先、電話番号、電子メールアドレス等を含む)

(2)履歴書(様式自由、年号は西暦で表記)

(3)研究業績リスト(責任著者に*を付し、原著論文、総説、著書、その他[知的財産等]に分けてリストを作成すること)

(4)現在までの研究の概要(2,000字程度、研究業績リスト番号を引用のこと)

(5)今後の研究に関する計画と抱負(2,000字程度)

(6)大学院・学部における教育に対する考え方と抱負(1,000字程度)

(7)大学における管理運営、社会連携、国際協働についての考え(1,000字程度)

(8)過去10年間の研究費獲得状況(科学研究費補助金等の競争的資金について、代表と分担に分けて、名称と直接経費の額を明記のこと。年号は西暦で表記すること。)

(9)その他(教育実績、学協会関連活動、社会貢献、国際協働の実績など選考の参考になる事項)

(10)応募者について照会できる方2名の氏名、連絡先、電話番号、電子メールアドレス

(11)論文等のPDFファイル(主要なもの10編程度)

・上記の(1)~(10)の提出書類を一つにまとめたPDFファイルと書類「(11)論文等のPDFファイル」を下記の宛先に電子メールの添付書類として送付・提出してください。

応募書類の宛先:
名古屋大学大学院生命農学研究科
動物科学専攻(動物栄養科学研究室)教授選考委員会委員長
山本直之 宛
E-mail:koubo-an[at]agr.nagoya-u.ac.jp(E-mailの[at]は@に置き換えてください。)

※1つのメールに添付できるファイル容量の上限は100Mbです。ファイル容量が大きい場合には、2つ以上のメールに分割添付して送付してください。不明な点があれば、委員長までお問合せください。

※応募締め切りの1 週間後までに応募書類を受領した旨の連絡(電子メール)がない場合には、委員長までお問合せください。

※問合せは委員長宛に、上記アドレスへの電子メールにてお願いします。

[選考内容(選考方法、採否の決定)]

・書類選考の上、面接を実施することがあります。なお、対面にて面接を実施する場合の交通費は自己負担とします。

・採否の結果については、原則的には電子メールで連絡します。

10.その他

・生命農学研究科では、男⼥共同参画推進に積極的に取り組んでいます。名古屋⼤学の取り組みについては、次をご覧ください。
http://www.kyodo-sankaku.provost.nagoya-u.ac.jp/

・なお、男女を問わず、育児、介護、出産などによって研究を中断または勤務時間短縮した、家族の事情で転勤して研究テーマを変えざるを得ないことがあった、通常とは異なるキャリアパスを歩んできたなど、選考において考慮して欲しい点がある場合は、「9. 応募書類」の「(9)その他」に記載してください。

・提出された書類については、本選考以外の目的には使用しません。

・応募書類は、本選考委員会が責任を持って処分し、返却しません。

2021-11-22 2022-01-31

1. 所属; 東京工業大学 生命理工学院

2. 職名及び人数:助教 1名

3. 専門分野; 植物分子生物学分野(分子生物学、植物生理学、分子遺伝学)

4. 職務内容; 環境と植物の生理および分子応答との関連性と持続可能社会を目指した植物の高付加価値化に関わる技術開発研究,および,生命システムの機能改変に利用するためのゲノム編集と周辺技術開発研究を行う。研究室における学生の教育・指導に加えて,学士課程及び大学院課程における実習と演習科目などを担当する。

5. 応募資格; 博士の学位(取得見込みを含む)を有すること。

6. 勤務予定地; すずかけ台キャンパス(最寄り駅:すずかけ台)神奈川県横浜市緑区長津田町4259

7. 勤務時間等; 専門業務型裁量労働制(みなし勤務時間:1日7時間45分,週38時間45分)

8. 任期; 5年以内(再任1回:3年以内)

9. 試用期間; 6ヶ月

10. 給与; 年俸制※を適用する。

※「退職手当一括支給型年俸制」(本学退職手当一括支給型年俸制職員賃金規則による。)

年俸額は現行規則に基づき,採用初年度は標準の値を参考に,次年度以降は評価次第となります。
なお,退職手当は,退職時に別途支給されます。参考年俸額は公募URLを参照。

11. 社会保険等; 厚生年金,共済(短期),雇用保険,労災保険

12. 雇用主; 国立大学法人東京工業大学長

13. 着任予定; 令和4年4月1日以降,できるだけ早い時期

14. 応募締切; 令和3年12月20日(月)必着

15. 選考方法; 書類審査ならびに面接
書類選考の後,面接,セミナー等をお願いする場合があります。
対面で実施する面接等に伴う旅費等の経費は自己負担でお願いします。

16. 応募書類;

(1)略歴調書(高卒以上の学歴,職歴,受賞歴,電子メールアドレス)

(2)業績調書:①学術論文(査読有),②国際会議論文,③総説・解説,④」著書,⑤特許,等に分類/基調講演や招待講演は明記/学術論文と国際会議論文の被引用数(Citation)とそれらをまとめたh指数(h-Index)を,使用したデータベース名*とともに付記。(*Google Scholar Citations, Scopus, Web of ScienceまたはInspire)

(3)主要原著論文別刷り3 編以内(コピー可)

(4)競争的研究資金及び外部研究資金の獲得実績(科学研究費補助金,受託研究費,その他の競争的資金に分類/名称,課題名,研究期間,総額,代表・分担,分担額(研究代表者でない場合は明記))

(5)研究に関する実績ならびに着任後の研究構想(書式任意,A4用紙2ページ程度)

(6)教育に関する実績および着任後の抱負(書式任意,A4用紙1ページ程度)

(7)社会活動(学会活動における役職を含む)に関する実績

(8)参考意見を伺える方(2名)の氏名,所属,および連絡先

17. 書類提出方法・書類送付先;
提出書類は電子データ(PDF)に変換し,JREC-INポータルサイトから電子申請してください。Email等での受け付けはしておりません。
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D121111015&ln_jor=0

18. 問合せ先
所属:生命理工学院 助教選考委員会(植物分子生物学分野)
氏名:教授 刑部 祐里子
連絡先 E-mail: osakabe.y.ab[at]m.titech.ac.jp ※[at]を@としてください

19. その他

(1)応募書類等の返却はしません。応募書類に含まれる個人情報は国立大学法人東京工業大学の定めに従い、本人事選考にのみ使用し、他の目的には一切使用しません。

(2)東京工業大学では,多彩な人材を確保し,大学力・組織力を高めるため,全ての研究分野において外国人や女性の参画する均等な機会を確保します。

(3)敷地内禁煙(ただし,屋外指定箇所に喫煙場所設置)

(4)その他公募に関する事項は下記ページをご参照ください。
http://www.hyoka.koho.titech.ac.jp/eprd/recently/koubo/koubo.php

2021-11-19 2021-12-20

産総研イノベーションスクールは、博士号取得者を対象に、専門分野についての深い知見を有しつつ、より広い視野を持ち、豊かな創造性や協調性を有する若手研究者の育成を目的としています。毎年度4月に開校する「イノベーション人材育成コース」は、国内民間企業等でのイノベーション創出に意欲のある若手研究者を対象とした 1年間のキャリア支援・人材育成コースです。独自の講義・演習プログラム、民間企業での研修、および産総研受入責任者の指導の下での研究活動等を通じて、研究能力の向上に加え、イノベーション創出に貢献できる能力の修得を支援します。更に、スクール生同士や先輩との交流・イベントを通し、幅広い人的ネットワーク形成を図ることができます。皆様の積極的なご応募をお待ちしています。

1.採用人数:産総研特別研究員(ポスドク)20名程度(詳細は下記ホームページをご参照ください)

2.応募方法:
(エントリーサイト:https://unit.aist.go.jp/innhr/inn-s/PD_course/entry.html

①エントリーサイトから必要書類をダウンロードして下さい
履歴書、自己アピール票、業績リスト、誓約書、肖像、個人情報及び著作物使用同意書、博士号取得を証明する書類(学位記の写し等)又は取得予定証明書の写し、産総研受入責任者の確認書(面接時までの提出で可)

②エントリーサイトからエントリーすること

③メールでご案内する提出方法に従って応募書類を提出すること

3.応募期限:
エントリー: 2022年1月4日(火)14:00まで
応募書類提出: 2022年1月5日(水)14:00まで

4.問い合わせ先:
国立研究開発法人産業技術総合研究所 イノベーションスクール事務局 採用窓口
メールアドレス: school-saiyou-ml[at]aist.go.jp ※[at]を@としてください
ホームページ:https://unit.aist.go.jp/innhr/inn-s/index.html

2021-11-16 2022-01-04

研究室の概要:高等動物が有する各臓器の生理機能は、その臓器特有の特殊化された組織構造に分化細胞が適切に配置されることによって発揮されます。呼吸器も、胎児期に遺伝情報に基づいて正確に構築される組織構造、細胞機能、細胞配置によって機能が獲得されます。成体の肺は限定的ながら組織の修復・再生能力を持っており、そのメカニズムも徐々に解明されつつあります。私たち呼吸器形成研究チームでは、最先端ライブイメージング技術や1細胞シークエンス解析、肺オルガノイド培養技術、iPS細胞からの分化誘導系を駆使し、発生後期〜生後初期における呼吸器の成熟過程、成体での組織損傷からの再生現象を題材に、呼吸器の組織幹細胞の発生、形態形成、細胞増殖、分化制御の詳細な機構に注目した研究を行っています。
応募前の研究室訪問、インフォーマルな問い合わせを歓迎します。
参照>>web: http://www.riken.jp/research/labs/bdr/lung_dev/

募集職種、募集人数及び職務内容:
研究員または特別研究員 1名
チームリーダーと相談の上、下記の研究課題のいずれかを遂行し、国内外での研究発表、論文作成を行います。
(1)呼吸器の発生再生研究 (2)肺組織幹細胞の亜集団解析
上記、研究開発課題遂行に加え、研究室での各種業務。

応募資格:研究室内外の協力者と円滑なコミュニケーションを図り、連携、協調して業務に従事できる方。「職務内容」に関連する分野での博士号取得者。

勤務地:
国立研究開発法人理化学研究所 生命機能科学研究センター(神戸地区第1)
兵庫県神戸市中央区港島南町2-2-3

待遇:

1.(研究員)単年度契約の任期制職員で、評価により採用日から7年を迎えた年度末を上限として再契約可能。

2.(特別研究員)単年度契約の任期制職員で、評価により採用日から5年を迎えた年度末を上限として再契約可能。

3.ただし、能力、契約満了時の業務量、勤務成績、勤務態度、所属しているセンター等若しくは研究室等又は従事しているプロジェクトの存続及び当研究所の経営の状況、予算状況等により、再契約可能期間については変更になる場合もあります。また、原則として65歳を超えての再契約は行いません。

4.2013年4月1日以降、当研究所との有期雇用の通算契約期間が10年を超えることはありません。

試用期間有り(原則2ヶ月)。
給与は、経験、能力、実績に応じた年俸制で、裁量労働手当、通勤手当、住居手当の支給及び社会保険の適用あり。
理研共済会(互助組織)に要入会。
専門業務型裁量労働制適用で、1日7時間30分就業したものとみなされます。
休日は、土日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)、弊所設立記念日。
敷地内禁煙。
その他、当研究所規程による。

※理化学研究所は、男女共同参画及びダイバーシティ推進に積極的に取り組み、多様性豊かで活気ある研究環境の整備を進めています。公正な評価に基づき能力が同等と認められる場合は、女性を積極的に採用します。

※日本学生支援機構奨学金(2003年度までに大学院第一種奨学生に採用されている場合)の返還特別免除の対象です。また、外部研究費(科研費棟)の申請資格有り

応募方法及び締切日:

[提出書類・応募方法]公募の詳細をご参照下さい。
https://www.riken.jp/careers/researchers/20211104_1/index.html

[締切日]2022年1月14日

着任時期:2022年4月1日(応相談)

お問い合わせ先:

●神戸事業所 研究支援部 人事課 採用担当
Email:kobe-jobs[at]riken.jp ([at]を@に変えてメールしてください)

●研究に関する問合せ先:
呼吸器形成研究チーム チームリーダー 森本充
Email: mitsuru.morimoto[at]riken.jp ([at]を@に変えてメールしてください)

2021-11-11 2022-01-14

北海道大学遺伝子病制御研究所では,下記の要領で教員(助教)の公募を行います。がん制御学教室は、本研究所で2018年にスタートしました。今後、がん発生機序解析(Nat Med 2001; Cancer Res 2002; Cancer Cell 2011など)、診断・予後マーカー開発(Cancer Discov 2015など)、がん治療薬リード開発 (Nat Chem Biol 2018; PLoS Comput Biol 2019; Cancer Sci 2021など)をさらに発展させていきます。情熱と高い志を持ち、ともにがん研究に取り組んでくださる方のご応募をお待ちしております。

1.公募人員:助教(1名。任期は5年。業績審査により任期を更新する場合があり得る。その場合任期は2年とし,1回を限度とする。)

2.所属:北海道大学遺伝子病制御研究所 がん制御学教室
https://bmoncology.wixsite.com/mysite

※北海道大学国際連携研究教育局(GI-CoRE)バイオサーフィス創薬グローバルステーションとの兼務の可能性あり

3.研究分野:臨床検体・マウス・ショウジョウバエ等を用いたがん発生機序研究ならびに創薬研究

4.応募資格:

(1)採用日までに博士の学位を有していること

(2)国際科学雑誌の筆頭著者論文を少なくとも2報有すること

(3)ショウジョウバエ、マウス等の動物実験や遺伝学実験、細胞生物学実験、分子生物学実験、生化学実験、創薬科学、臨床検体解析のいずれかの経験があることが望ましい

(4)教育に積極的であること

(5)異分野融合に積極的であること

(6)英語によるコミュニケーションに積極的であること

5.採用予定日:令和4年4月1日以降(応相談)

6.試用期間:あり(3ヶ月)

7.給与:本学の規程による

8. 勤務形態:専門業務型裁量労働制を適用 ※1日に7時間45分労働したものとみなす

9.健康保険等:文部科学省共済組合,厚生年金,労災保険,雇用保険加入

10.募集者の名称:国立大学法人北海道大学

11. 受動喫煙防止措置の状況:特定屋外喫煙場所を除き,敷地内禁煙

12.応募書類:

(1)履歴書

※様式自由。6か月以内に撮影した写真貼付,学歴,学位,免許・資格,受賞歴,職歴を記載すること。

※平成25年4月1日以降,北海道大学に在職経験(非常勤講師,TA,TF,RA,短期支援員等すべての職種を含む)のある者は,当該職歴を漏れなく記載すること。

(2)研究業績目録(応募者氏名に下線を付すこと)

(3)代表論文・総説(計3報まで)の別刷り

(4)現在までの研究の概要(様式自由、A4 2枚以内)

(5)当研究室のこれまでの論文いずれか3報の要約と、自身の専門性を生かしたそれらの発展への貢献案(様式自由、A4、3枚以内)

(6)今後の抱負(教育・研究の方針、キャリアパスなど。様式自由、A4 2枚以内)

(7)選考に際し所見を求めることができる方2名の氏名及び連絡先(電話番号及びメールアドレスを含む)

以上の書類(各1部)を、下記宛に郵便もしくはメール添付にて送付すること。

13. 選考方法:書面審査ののち、面接審査(対象者のみ連絡。セミナーでの講演依頼の可能性あり)。なお、旅費は応募者負担。海外・遠方在住の場合はオンライン面接も応相談。

14.応募期限:令和3年12月31日(金)必着。適任者の採用が決まり次第、募集を締め切ります。

15.応募書類提出先・問い合わせ先:
〒060−0815 北海道札幌市北区北15条西7丁目
北海道大学遺伝子病制御研究所がん制御学教室 園下 将大
メールアドレス: msonoshitaATigm.hokudai.ac.jp (AT を@に置き換えてください)

※郵送時は封筒表面に「助教選考応募書類在中」と朱書きし,簡易書留で送付してください。

※応募書類は返却いたしません。なお,応募書類中の個人情報は,選考目的以外には使用しません。

※選考内容に関する問い合わせ等は一切受け付けいたしません。

北海道大学では,多様な人材による教育・研究活動の推進,男女共同参画推進に努めており,女性の積極的な応募を歓迎します。また,教育・研究活動と生活の両立支援,能力発揮・活躍環境整備に努めています。

2021-11-10 2021-12-31

北海道大学遺伝子病制御研究所では,下記のとおり博士研究員を募集することといたしましたので,お知らせいたします。

1.募集人員:1名

2.職名:博士研究員

3.所属:北海道大学遺伝子病制御研究所 がん制御学分野

4.職務内容:ショウジョウバエ、マウス、培養細胞、臨床検体等を用いた生物学的研究・創薬研究

5.資格:

(1) 博士の学位を有する者

(2) 国際科学雑誌の筆頭著者論文を少なくとも1報有すること

(3) 優れた研究業績・研究能力等を有し、研究プロジェクトを適切に管理して意欲的に推進できる者

(4) 研究員や大学院生、学部生を指導できる者

(5) 英語によるコミュニケーションに意欲的な者

6.労働契約期間:令和3年11月1日以降のできるだけ早い日〜令和4年3月31日

7.試用期間:あり(1ヶ月間)

8.更新の有無:更新する場合があり得る。ただし1年度ごとの更新で、最長5年。

9.給与:国立大学法人北海道大学契約職員就業規則による(年俸制,通勤手当支給)

10.勤務態様:専門業務型裁量労働制(週38時間45分相当、1日7時間45分相当)

11.休日:土曜日、日曜日、国民の祝日に関する法律に定める休日、12月29日~1月3日、その他大学が指定した日

12.休暇:年次有給休暇、特別休暇(有給)

13.健康保険等:健康保険、厚生年金、雇用保険及び労災保険

14.募集者の名称:国立大学法人北海道大学

15.受動喫煙防止措置の状況 特定屋外喫煙場所を除き,敷地内禁煙

16.応募方法:下記6点を郵送もしくはメール添付にて送付。

(1) 履歴書(市販のもので可、写真添付)

(2) 研究業績リスト(応募者に下線を付加)

(3) これまでの研究内容の要約(1000字以内)

(4) 当研究室の論文いずれか3報の要約と、自身の専門性を生かしたそれらの発展への貢献案(様式自由)

(5) 自身の今後のキャリアパスについての抱負(様式自由)

(6) 応募者に関する参考意見を伺える方(2名)の連絡先

17.選考方法:書類および面接選考(書類選考通過者にのみ、面接日程を連絡します)。面接 選考はオンラインもしくは対面で実施します(対面の際の交通費等は自己負担)。選考内容に関する問い合わせ等は一切受付いたしません。

18.募集期限:令和3年12月31日(金)必着。適任者が決定次第締め切り。

19.提出先:
〒060-0815 札幌市北区北15西7丁目
北海道大学遺伝子病制御研究所がん制御学分野
園下将大
メール: msonoshita[at]igm.hokudai.ac.jp ※[at]を@としてください
TEL: 011-706-8801、研究室HP: https://bmoncology.wixsite.com/mysite

※郵送の際は、封筒に「博士研究員応募書類在中」と朱書きしてください。

※応募に際していただいた情報は、選考目的以外には一切使用いたしません。

2021-11-10 2021-12-31

1.職種:研究員

2.事業者名:国立大学法人群馬大学

3.勤務場所:群馬大学生体調節研究所
〒371-8512 群馬県前橋市昭和町三丁目39-15

4.勤務内容:成体組織幹細胞培養法(オルガノイド)を用いて,腸内細菌と腸管上皮細胞が織りなす相互作用に関するネオ生態学やヒト疾患生物学に関する研究.

5.採用予定人数:1名

6.学歴:博士の学位を有すること

7.資格:特別なスキルは不要.必要なのは情熱を持って研究する心.自宅でげっ歯類(ネズミ,ヤマアラシ,リスなど)を飼育していない方.

8.身分:非常勤(パート教職員)

9.雇用期間:2022年4月1日から2023年3月31日
最長雇用期限:2027年3月31日
任期は年度契約で,大学が必要と認めた場合,更新することができます。ただし,本事業は補助金によるものであり,事業が早期に終了になった場合には,任期の途中でも契約が終了する場合があります。(※雇用開始時期等は相談に応じます)

10.試用期間:なし

11.勤務時間:
月曜日から金曜日 9時00分から16時00分(休憩60分間含む)
1日6時間 週5日30時間(※勤務時間等は相談に応じます)

12.給与手当:国立大学法人群馬大学非常勤教職員就業規則による

【給与】群馬大学非常勤教職員就業規則に従い,経歴等によって判断(毎月末締の翌月21日払)

【手当】
通勤手当(通勤2㎞以上の交通機関利用者及び自家用車等利用者に限る)
超過勤務手当(時間外労働を命ぜられた場合)

13.休日等:土曜・日曜・祝日,年末年始(12/29~翌年1/3),年次有給休暇あり

14.その他の労働条件:時間外労働あり,社会保険・雇用保険・労災保険

15.選考方法:書類選考の上,セミナーを実施(ZOOMによるオンラインセミナーも可),当研究室メンバーとの個別面談

16.応募締切:2022年2月3日(木)17時(必着)
※適任者の採用が決まり次第,募集を締め切ります。

17.面接日:書類選考後,面接対象者には追って連絡します。

18.面接結果:採用内定は電話もしくは電子メールにて連絡,不採用は文書にて通知

19.応募書類:

(1) 履歴書 1通

(2) 研究業績(様式任意) 1通 

(3) 主要論文別刷り(コピー可,PDF送付可)

(4) 推薦者がある場合には推薦書 1通

(5) これまでの研究の概要と本研究室で実施したい研究内容について(各1000文字程度,様式任意), 1通

20.応募書類送付先:以下のいずれかの方法

(I)電子メールでの提出 (nosasaki[at]gunma-u.ac.jp ※[at]を@としてください)

(II)郵送での提出
宛先 〒371-8512 群馬県前橋市昭和町三丁目39-15
群馬大学生体調節研究所 粘膜エコシステム制御分野
佐々木 伸雄

(その他,研究内容や契約等についての質問の連絡先)
電話 027-220-8830
e-mail : nosasaki[at]gunma-u.ac.jp ※[at]を@としてください

21. 受動喫煙防止措置の状況:敷地内禁煙

22. その他:
研究内容や契約等についての質問の問い合わせ先:
佐々木 伸雄 (群馬大学生体調節研究所・粘膜エコシステム制御分野)
電話 027-220-8830
e-mail : nosasaki[at]gunma-u.ac.jp ※[at]を@としてください
提出していただいた書類は,採用審査にのみ使用します。
正当な理由なく第三者への開示,譲渡および貸与することは一切ありません。
なお,応募書類は原則として返却しませんので,予めご了承願います。
※定年年齢:65歳

2021-11-08 2022-02-03

公募概要:研究室主宰者(任期制)理化学研究所 生命機能科学研究センター

締切日:2022年2月28日正午

参考:https://www.riken.jp/en/careers/researchers/20211101_1/index.html

2021-11-05 2022-02-28

研究テーマ要旨:単細胞生物の極性形成やパターン形成機構の研究

募集職種:有期研究員1名

募集研究室:情報通信研究機構 未来ICT研究所 神戸フロンティア研究センター バイオICT研究室

研究室HP:https://www2.nict.go.jp/bio/seibutsu/CellMagic/

応募要件:基礎科学または工学分野における博士の学位を有する方、または取得予定の方。単細胞生物の極性形成やパターン形成機構の研究を行える方。一般的な細胞生物学または分子生物学の経験を持ち、真核生物の細胞形態やミクロスケールの機能的デザインを形成する未知の機構を解析する研究に熱意をもって取り組める方。立ち上げ期の研究に関与できる方。

本給:469,000円/月

雇用期間:一定の条件を満たした場合に採用日より最長5年(毎年更新)

勤務地:兵庫県神戸市西区岩岡町岩岡588-2

応募に関する詳細:下記URLから「2022R-23 細胞形態形成機構の解析」をご確認の上ご応募ください。
https://www.nict.go.jp/employment/202204.html

応募締め切り:随時応募受付中(適任者決定次第、募集を終了)

応募に関する問い合わせ先:
国立研究開発法人情報通信研究機構
総務部人事室人事グループ 採用担当 宛
TEL: 042-327-7304
E-mail: jinjigアットマークml.nict.go.jp

2021-11-05 2022-02-05

大阪大学免疫学フロンティア研究センター(IFReC)では「アドバンストポスドクプログラム」による博士研究員を募集します。本プログラムでは、有望な若手研究者に対して、3年間の雇用期間と独自研究のための研究費(年300万円)を提供します。IFReCでは、共有設備としてシングルセル解析をはじめとする最先端機器の充実を進めており、採用者はそれらを研究に活用することが可能です。また、IFReCに多数在籍する優れた主任研究者による指導あるいは共同研究を通じて、研究者としてさらに大きな飛躍が期待されます。意欲的な若手研究者の積極的な応募をお待ちしています。

募集要項

1. 職位:特任研究員(常勤)

2. 所属:大阪大学免疫学フロンティア研究センター

3. 採用人数:3名程度

4. 研究分野:免疫学、細胞生物学、バイオンフォマティクス、バイオイメージング

5. 資格:
・博士号取得者(取得後約8年未満)
・国際経験があることが望ましい

6. 勤務場所:大阪大学 吹田キャンパス(大阪府吹田市)

7. 年俸:5,605,800~7,537,200円 (大阪大学の規程に従い、これまでの経歴等によって決定します。)

8. 研究費助成:3百万円/年

9. 採用日:2022年4月1日以降(応相談)

10. 雇用期間:採用日より最長3年間(単年度契約、年度ごとに評価の上、契約更新の有無を決定します。)

応募方法と選考について

1. 応募期間: 適任者が決定次第終了

2. 選考方法: 書類選考および書類選考通過者に対して面接選考を行います。

3. 応募方法および必要書類

※書類はA4またはレターサイズを用いて英語で作成してください。

※応募フォームにおいて、所属を希望するIFReC主任研究者名を記入してください(最大3名まで)。

3-1. メール応募:大阪大学免疫学フロンティア研究センター企画室(Email: recruit[at]ifrec.osaka-u.ac.jp ※[at]を@としてください)宛てに下記のファイルを送信してください。※件名に「Application for advanced postdoc position」と明記下さい。

・応募フォーム(下記URLよりダウンロードしてください)
http://www.ifrec.osaka-u.ac.jp/apd/

・履歴書(学歴、職歴)

・研究業績リスト

・これまでの研究概要

・IFReCでの研究計画および今後の研究活動に対する抱負

・推薦者の連絡先が記載された2名分の推薦書

3-2. Web応募https://forms.gle/oMoDArcWaVX2qa2Z6
応募者情報を上記リンク先(Google Form)の応募フォームに入力し、下記の書類をアップロードして応募してください。

・履歴書(学歴、職歴)

・研究業績リスト

・これまでの研究概要

・IFReCでの研究計画および今後の研究活動に対する抱負

・推薦者の連絡先が記載された2名分の推薦書

 

お問合せ先
免疫学フロンティア研究センター企画室
IFReC website:http://www.ifrec.osaka-u.ac.jp/en/
Advanced Postdoc Program website:http://www.ifrec.osaka-u.ac.jp/apd/

吉田仁美:hi-yoshida[at]ifrec.osaka-u.ac.jp ※[at]を@としてください
渡部祐司:yujiwtnb[at]ifrec.osaka-u.ac.jp ※[at]を@としてください

2021-11-04 2022-02-04

村上農園はジョンズ・ホプキンス大学と提携し、同大学医学部におけるフェロー(任期制)を公募します。現在、スルフォラファンに関する研究は世界中で取り組まれており、最近では、生体の恒常性に関わるシグナル伝達の調節にも影響することが基礎生物学的に明らかになりつつあります。プログラムの一部には、スルフォラファンをリードとして活用することも期待されています。

1.派遣先:Johns Hopkins University School of Medicine
≪所在地≫ 600 N. Wolfe Street, Meyer 3-166 Baltimore, Maryland USA

※派遣先の教室は、本人とジョンズ・ホプキンス大学プログラム責任者との面談により決まります。

2.ジョンズ・ホプキンス大学プログラム責任者:澤 明(Sawa, Akira): https://www.imindhopkins.org

3.研究テーマ:生体の恒常性に関わるシグナル伝達について生理学(電気生理学、インビボイメージング)、薬理学、分子細胞生物学、神経科学の視点から研究する。

4.派遣期間:2年間

※1年ごとに評価更新

※2022年3月1日〜2022年8月31日までの間に開始できる方を対象とします。

5.給与:給与は、ジョンズ・ホプキンス大学のフェロー待遇規定(NIH :National Institutes of Health 基準を参考に決められたもの)に従います。

6.募集人員:若干名

7.応募資格:以下の条件を満たし、他の奨学金または学費助成を受けていない方

①医学、薬学、農学、バイオテクノロジー、自然科学等の分野において博士号(M.D.またはPh.D.)を有する

②英語でのコミュニケーション対応が可能

③日本語のプログレスレポートも書くことが可能

④派遣開始までに新型コロナワクチンを接種済み(2回)であること

8.応募方法:応募者は以下①~③までの項目を提出してください。

①応募書式
下記URLの応募書式に必要事項、応募理由(英語、300〜500 words)を記入し、送信してください。

②履歴書(CV)
英語で記入した履歴書は、PDFファイルにて、下記送付先にメールでお送りください。その際、メールの件名に応募者の氏名が分かるように記入ください。例:CV for xxxxxxx (applicant name)

③推薦状(Letter of recommendation) 2通
推薦状(英語、日本語どちらでも可)は、PDFファイルにて、必ず推薦者から下記送付先までメールでお送りください。その際、メールの件名に応募者の氏名が分かるように記入ください。

例:Letter of recommendation for xxxxxxx (applicant name)

【応募書式URL】
https://forms.gle/u8cELegu8iZTEdHg6

【履歴書および推薦状送付先】
事務局:Murakami-JHU Bioscience Fellowship Program office
メールアドレス:murakami.jhu.fellowship[at]imindhopkins.org ※[at]を@としてください

9.応募締め切り:2021年12月25日(土)

10.選考方法:

①書類審査
全応募者に対し書類審査を実施。結果は合格者にのみ、2022年1月5日(水)に通知します。

②面接試験
書類審査合格者に対し、面接を行います。面接の日程・方法は、書類審査結果とともに通知します。

11.最終結果通知:2022年1月20日(木)

12.問い合わせ先:
事務局:Murakami-JHU Bioscience Fellowship Program office
メールアドレス:murakami.jhu.fellowship[at]imindhopkins.org ※[at]を@としてください

2021-11-01 2021-12-25

1.職名及び人数:助教 1名

2.採用予定日:令和4年4月1日以降のなるべく早い期日

3.任期:任期なし

4.試用期間:採用された日から6ヶ月間

5.就業場所:大学院理学系研究科(東京都文京区弥生2-11-16)

6.所属:大学院理学系研究科生物科学専攻医科学数理研究室

7.専門分野:オミクスと数理科学を基盤とした医科学研究

8.就業時間:専門業務型裁量労働制による1日7時間45分勤務

9.休日・休暇:土・日、祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)
年次有給休暇、夏季休暇、忌引休暇 等

10.賃金等:学歴・職務経験等を考慮して決定。本学の定めるところによる

11.加入保険:文部科学省共済組合、雇用保険に加入

12.応募資格:関連分野の博士の学位を有し、オミクス解析・数理科学・情報科学・医科学・がん・遺伝統計学等に関する優れた知識と研究業績があり、角田達彦教授とともに、主に先端の数理科学と分子観測技術で生命現象と病気を理解する研究並びに教育に熱意を持って取り組むことのできる方

13.提出書類:

1)東京大学統一履歴書(以下のURLからダウンロードし作成する)
https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/jobs/r01.html
記入例は同ページ「記入例2(理系教員)」を参照のこと。ただし、研究グループに属して研究を行った期間については、職務・研究従事内容の項に研究グループのリーダーの氏名も記載すること

2)業績目録(原著論文とそれ以外の総説などに分け、下記(3)に該当するものに○印を付すこと)

3)主要論文(3編以内)の別刷またはコピー

4)これまでの研究内容(1,000字程度)

5)着任後の研究・教育計画と抱負(1,000字程度)

6)意見を伺える方1名(氏名・連絡先)

14.提出方法:
ステップ1.
上記の1)〜6)のデータをこの順に一つのPDFファイルにして以下のURLにアップロードしてください。ファイル名は「提出日付(mmdd)氏名」(例:8月31日提出の場合、0831山田太郎.pdf)としてください。
https://sendfile.s.u-tokyo.ac.jp/public/ij18QA5Js4JAEwUBhp18FF6gyTk0LQX8QayQY9R-cLOe
【注意】クライアント証明書がインストールされた端末でURLにアクセスすると証明書選択の確認画面が表示される場合があります。その際はキャンセルを選択して進めてください。
ステップ2.
アップロードが完了したら、下記のメールアドレスに件名「助教応募書類アップ完了」として、氏名、所属、メールアドレス、電話番号を連絡してください。
Email: tsunoda[at]bs.s.u-tokyo.ac.jp ※[at]を@としてください

15.応募締切:令和3年12月10日 正午必着

16.問い合わせ先:
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学 大学院理学系研究科生物科学専攻・生物情報科学科 教授 角田 達彦
Tel: 03-5841-8889
e-mail: tsunoda[at]bs.s.u-tokyo.ac.jp ※[at]を@としてください

17.選考方法:書類選考後、面接を行う場合があります。

18.募集者名称:国立大学法人東京大学

19.その他:取得した個人情報は、本人事選考以外の目的には利用しません。東京大学は男女共同参画を推進しており、女性の積極的な応募を歓迎します。

2021-10-29 2021-12-10

職名:特定研究員(特定有期雇用職員)1名

勤務場所:京都大学iPS細胞研究所湘南分室 井上研究室
〒251-8555
神奈川県藤沢市村岡東二丁目26番地の1(武田薬品工業株式会社湘南研究所内)

※JR大船駅または藤沢からバスにて15分

※雇用は京都大学の規定によりますが、京都大学内での勤務はありせん。

職務内容:iPS細胞研究所増殖分化機構研究部門 井上治久教授の指導の下、T-CiRAプロジェクトを進めている湘南分室において、ALS・自閉症などの病態解析、治療法研究に関わる実験業務を担当いただきます。
なお、本職務を担当する特定研究員には「科学技術・イノベーション創出の活性化に関する法律」が適用されます。
iPS細胞研究所および井上研究室の研究内容につきましては、それぞれ下記のホームページをご参照ください。
http://www.cira.kyoto-u.ac.jp
http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/research/inoue_summary.html

応募資格:医歯薬理工学系博士の学位(取得見込みの者を含む)または同等の職務実績・能力を有し、担当職務に関し、本研究所の特定研究員としてふさわしい業績・研究能力、プレゼンテーション能力等を有する方。

【望ましい応募資格】

・担当職務内容の研究もしくは関連分野においての研究実績または職務実績を有している方。

・研究所内外の関連研究者と協力し、建設的に担当職務に取り組める方。

・細胞培養など実験経験豊富な方。

・ジェネティクス・エピジェネティクス研究に関する知識・経験をお持ちの方。

雇用期間:着任日~令和4年3月31日(更新の可能性あり。但し、最長プロジェクト終了まで)
契約期間が満了した場合、雇用契約は終了します。なお、有期雇用契約が期間満了を迎えた際に契約を更新するのは、あなたの勤務成績、態度、能力が優秀な場合に限られます。その場合、更新時の労働条件は、更新前の労働条件とは異なることがあります。また、所属研究室の主任研究者の異動や組織変更などによる上記職務の消失や経営状況の変化等により、あなたの勤務成績、態度、能力が優秀であっても、契約を更新しない場合があります。

試用期間:あり(6か月)

勤務形態:京都大学特定研究員(常勤•年俸制)

・給与等は、本学支給基準に基づき、能力、経歴により決定します。

・年俸額には諸手当相当分を含みます。

・専門業務型裁量労働制(週38時間45分相当、1日7時間45分相当)。

・休日:土日曜日・祝日・夏季一斉休業日・年末年始・創立記念日、年次有給休暇あり。

・社会保険:文部科学省共済組合、厚生年金、労災保険および雇用保険に加入。

応募締め切り:採用者が決定した時点で募集を締め切ります。

提出書類:以下の書類を提出下さい。

1.履歴書(Form 1)
所定の欄に、本人について評価できる方の氏名(2名)と連絡先を記載してください。また、確実に連絡のとれるEメールアドレスおよび電話番号を記載してください。

2.研究業績または職務実績のリスト(論文、研究発表、獲得資金、特許など)(Form 2)

3.これまでの研究経過・研究成果の概要(Form 3)

※1、2 及び 3 の提出書類は、指定の様式(Form 1~3)を使用してください。様式は以下のURLからダウンロードして使用してください。指定の様式に適切な記載項目が無い場合は、適宜追加してください。
http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/images/pdf/Application_Forms.zip

※選考の過程で追加の情報を求めることがあります。

書類提出先及び問い合わせ先:提出書類を、下記宛に郵送またはE-メールにて提出ください。
〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町53
京都大学 iPS細胞研究所 井上研究室
E-mail : inoue-g*cira.kyoto-u.ac.jp(*を@にかえてください)

・メールの件名または封筒には必ず「井上研究室特定研究員応募の件」と明記ください。

・職務内容や雇用条件などについてご不明な点があれば、なるべく下記のメールアドレス宛に、お問い合わせください。

E-mail : inoue-g*cira.kyoto-u.ac.jp(*を@にかえてください)
メールの件名に【井上研究室特定研究員募集の件】と明記してください。

選考方法:書類選考のうえ、面接を実施します。面接(交通費・滞在費は応募者の自己負担となります)の日時等は、後日応募者に電子メールまたは書面にて連絡します。面接時に、研究業績または職務実績等の内容に関する講演を依頼することがあります。
審査結果は決定次第、本人宛電子メールまたは書面にて通知します。

男女共同参画:京都大学は男女共同参画を推進しています。女性研究者の積極的な応募を期待します。

その他:提出いただいた書類は採用審査にのみ使用します。正当な理由なく第三者に開示、譲渡、貸与することは一切ありません。なお、応募書類は原則として返却しませんので、あらかじめご了承ください。

2021-10-28 2022-01-28

理化学研究所 生命医科学研究センター システム遺伝学チームでは、研究員・特別研究員・リサーチアソシエイト・テクニカルスタッフ・大学院生を募集中です。
疾患ゲノム情報・オミクス情報・表現型情報が構成するネットワークの解明を目標に、大規模ヒトゲノム・オミクス情報の解析、バイオインフォマティクス・遺伝統計学・機械学習分野における新規手法開発に取り組みます。
新たな生命現象や疾患病態の解明、新規創薬、ゲノム個別化医療の社会実装に興味のある方、是非とも応募ください。

研究員・特別研究員・リサーチアソシエイトの募集要項
https://www.riken.jp/careers/researchers/20211013_2/index.html
テクニカルスタッフの募集要項
https://www.riken.jp/careers/researchers/20211013_3/index.html

受け入れを希望する大学院生は、チームリーダー(岡田随象・yokada_at_riken.jp)まで直接御連絡下さい。
皆様の応募をお待ちしております。

岡田 随象(Yukinori Okada)
大阪大学大学院医学系研究科
遺伝統計学 教授
理化学研究所 生命医科学研究センター(IMS)
システム遺伝学チーム チームリーダー

2021-10-25 2022-01-25

詳細:https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/recruit/?id=1299

職名及び人数:教授1名

求人内容:分子生物学および生化学の分野を中心として、生命の基本原理を探究する広い範囲の生命科学を対象とする。当専攻および生物化学科において、国際的に研究分野をリードし、同時に将来を担う人材の育成を積極的に進める意欲のある方。

応募資格:博士の学位を有し、国際的に高い評価を得ている研究実績のある方、東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻および理学部生物化学科において、国際的に研究分野をリードし、同時に将来を担う人材の育成を積極的に進める意欲のある方を希望する。

就業場所:大学院理学系研究科(東京都文京区弥生2-11-16)

所属:大学院理学系研究科生物科学専攻

採用日:2022(令和4)年6月1日以降

契約期間:無期

試用期間:採用日より6ヶ月間

就業時間:専門業務型裁量労働制により、1日7時間45分勤務したものとみなされる

賃金等:

俸給:東京大学の定めるところによる。(参考 博士修了/34万円〜)

諸手当:賞与(年2回)、通勤手当(原則月額55,000円まで)のほか、本学の定めるところによる。

休日:土・日、祝日、年末年始(12/29~1/3)

休暇:年次有給休暇、特別休暇等

加入保険:法令の定めるところにより、文部科学省共済組合、雇用保険に加入

提出書類:

(1)本学所定の履歴書(写真貼付)
※下記URLからダウンロードし、作成すること。
https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/jobs/r01.html

(2)研究業績リスト
(書式自由、原著論文・総説(査読の有無を明記、投稿中のものも含む)、国際学会発表、受賞歴など)

(3)主要論文のPDFファイル(5編以内)

(4)これまでの研究概要(2,000字程度)

(5)研究・教育に関する計画と抱負(2,000字程度)

(6)過去5年間の研究費獲得状況

(7)意見を伺える方2名の氏名、連絡先

提出方法:上記の提出書類をPDFファイルにし、件名に「生物科学専攻教授応募」と記載のうえ、E-mailで塩見美喜子(siomim[at]g.ecc.u-tokyo.ac.jp ※[at]を@としてください)宛にお送りください。ファイルサイズが大きい場合は、クラウドサーバーなどにアップロードしていただき、共有用のリンクをお送りくださっても結構です。

応募締切:2021年12月31日(金)12:00必着

※書類選考に合格した方に対し、面接を実施いたします。面接対象者にのみ、後日メールにてご連絡を差し上げます。

問い合わせ先:
東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻 塩見美喜子
E-mail:siomim[at]g.ecc.u-tokyo.ac.jp ※[at]を@としてください
電話:03-5841-4386

募集者名称:国立大学法人東京大学

その他:
取得した個人情報は、本人事選考以外の目的には利用しません。
生物科学専攻所属の教員およびその活動などについては下記URLをご参照ください。
http://www.bs.s.u-tokyo.ac.jp/
本研究科では、男女共同参画を積極的に推進しています。下記URLをご覧ください。
https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/overview/gender/

2021-10-21 2021-12-31

1. 職種および人員:研究員(若手育成型) 若干名

2. 所属:国立感染症研究所 治療薬・ワクチン開発研究センター

3. 業務内容:
治療薬・ワクチン開発研究センターは、感染症その他の特定疾病に関し、次に掲げる事務をつかさどる。

一 予防薬及び治療薬に関する研究(これらに関するレファレンス業務を含む。)及び講習を行うこと。

二 予防、治療及び診断に関する生物学的製剤の生物学的検査及び検定(エンドトキシン試験に係る部分に限る。)並びにこれらに必要な科学的調査及び研究を行うこと。

三 予防、治療及び診断に関する生物学的製剤(抗毒素製剤に限る。)の生物学的検査、検定及び試験的製剤並びにこれらの医薬品の生物学的検査及び検定に必要な標準品の製造及びこれらに必要な科学的調査及び研究を行うこと(他部の所掌に属するものを除く。)。

第八室においては、治療薬・ワクチン開発研究センターの所掌事務のうち、治療薬の評価に関する研究を行うことをつかさどる。
うち採用予定官職では、次の業務を行う。

1.ウイルスの感染増殖メカニズムに関する研究

2.抗ウイルス薬の評価に関する研究

3.抗ウイルス薬の評価法の開発に関する研究

4. 応募資格:

1.ウイルスの感染増殖メカニズム研究に関する経験を有すること

2.抗ウイルス薬研究に意欲を有すること

3.大学院博士課程修了後、概ね4年以内の学位(博士)取得者、もしくは同等と認められるもの

5. 採用予定日:令和4年4月1日(予定)

6. 任期:採用予定日より5年

7. 処遇:

(1)給与は、「一般職の任期付研究員の採用、給与及び勤務時間の特例に関する法律(平成9年6月4日法律第65号)」等に基づき、知識経験等を勘案して決定します。

(2)1週間当たりの勤務時間は、38時間45分(週休2日制)です。

(3)年20日の年次休暇(採用の年は、採用の時期により20日より少ない日数となります。)のほか、特別休暇(夏季・結婚・忌引・ボランティア等)、病気休暇の制度が整備されています。

8. 提出書類:

(1)履歴書(市販用紙使用、高等学校卒業以降を記入し、写真を貼付。)

(2)主要研究概要(1,200字以内)

(3)応募職の業務内容に関する抱負(1,000字以内)

(4)業績目録(A4版縦 横書き) ※査読有りの論文については最低限、記載すること。

(5)論文別刷(1編以上)

(6)学位記(写し)又は学位を証明するもの(A4に縮小すること)

9. 書類提出先及び提出方法:
〒162-8640 東京都新宿区戸山1-23-1
国立感染症研究所 所長 脇田 隆字

10. 応募締切日:令和4年1月5日(水)必着

11. 選考採用試験スケジュール:

(1)第1次審査(書類選考) 令和4年1月上旬(予定)

(2)第2次審査(面接試験) 令和4年1月下旬(予定)

12. 勤務地:国立感染症研究所 戸山庁舎 東京都新宿区戸山1-23-1

13. 問い合わせ先:
国立感染症研究所 総務部人事課人事第一係 刑部
03-4582-2625
E-mail: jinji[at]nih.go.jp ※[at]を@としてください

14. 国立感染症研究所ホームページURL:http://www.nih.go.jp/niid/ja/
国立感染症研究所 治療薬・ワクチン開発研究センターのページURL:
https://www.niid.go.jp/niid/ja/from-imm.html

※本公募に関する詳細は、以下のURLをご参照下さい。
https://www.niid.go.jp/niid/images/plan/1008chiryo-8.pdf
ご不明点は、お問い合わせください。

2021-10-15 2022-01-05

募集の概要:国立研究開発法人理化学研究所では、その総合性や学際性を根幹とし、自由な発想を基本理念として従来の研究分野を超えた研究を進める一方、社会の要請に応えるべく戦略的な観点からの研究を推進しています。今回、このような研究活動の中核を担い、中長期的な視点で、下記分野の研究を推進いただく研究室主宰者(無期雇用職)を公募します。
分野: ノンコーディングRNA生物学
ノンコーディングRNA (ncRNA) は、その多くがGWASで同定されたヒト疾患関連領域と相関するなど、多様な生命現象に寄与します。しかしながら、ncRNAの機能発現メカニズムについては、未知の部分が多く残されています。一方で、ncRNA研究は、核酸医薬の基盤として大きく展開していくことが期待される分野です。本公募では、ncRNAの機能解明を進め、ヒト疾患発症機序などの生命現象の中にncRNAの機能を位置づけていく研究を先導する研究室主宰者を求めています。特に、生化学、細胞生物学、遺伝学などの実験医科学アプローチや構造生物学、ゲノミクスなどの大規模データなどによるデータ駆動型アプローチ、及びこれらを統合した研究分野を推進しうる人材が求められます。
なお、研究室主宰者の独立した研究のため、人件費や研究費を含むスタートアップ経費と共同研究設備の利用といった研究環境を提供できます。
生命医科学研究センターの概要は生命医科学研究センターのホームページを参照ください(https://www.ims.riken.jp/)。

募集職種、募集人数:研究室主宰者(無期雇用職)(教授相当)1名

応募資格:すぐれた研究業績を有し、上記研究分野を国際的に牽引する実力のある方。国籍は問わない。

採用後の当初勤務地:理化学研究所 横浜地区
(〒230-0045神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22)

締切日:2022年1月11日正午(日本時間)必着

着任時期:2022年10月1日以降なるべく早い時期

備考:本件の詳細については下記のページを確認ください。
https://www.riken.jp/careers/researchers/20211008_1/index.html

2021-10-12 2022-01-11

募集職種、募集人数:研究室主宰者(無期雇用職、教授相当)1名

応募資格:すぐれた研究業績を有し、上記研究分野を国際的に牽引する実力のある方。国籍は問わない

勤務地:理化学研究所 横浜地区(神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22)

募集の概要:国立研究開発法人理化学研究所では、その総合性や学際性を根幹とし、自由な発想を基本理念として従来の研究分野を超えた研究を進める一方、社会の要請に応えるべく戦略的な観点からの研究を推進しています。今回、このような研究活動の中核を担い、中長期的な視点で、下記分野の研究を推進いただく研究室主宰者(無期雇用職)を公募します。
分野: in situ構造生物学
理研では、クライオ電子顕微鏡(Tecnai Arctica、Krios G4)およびクライオFIB/SEM(Aquilos2)を導入し、単粒子解析およびクライオ電子線トモグラフィー法を実施するための研究基盤を整備してきました。本公募では、この研究設備を駆使し、クライオ電子線トモグラフィー法を中心に「細胞内で機能する生体高分子複合体構造のその場解析」すなわち「in situ 構造生物学」研究を推進する中核となる研究室主宰者を募集します。
当該分野がまだ黎明期にあることから、クライオ電子線トモグラフィー法の実績・経験のある候補者だけでなく、試験管内で再構成した機能的複合体の単粒子解析など、これまでの研究経験を背景にin situ構造生物学研究分野を開拓していく積極的な意欲ある候補者も歓迎します。
生命機能科学研究センター(BDR)は、個体の誕生から老化や死に至るまでの生涯を通した生命機能の動態について、基盤的な理解を与えることを目標として、70以上の研究室が、イメージング、マルチオミクス、理論生物学、分子生物学、構造生物学、幹細胞学、オルガノイド、多様な動物モデルなど様々なアプローチで取り組んでいます。研究室主宰者には、独立した研究のため、スタートアップ費と研究費を含む研究環境を提供します。加えて、センターの目標達成のため複数の研究室が協同して研究プロジェクトを遂行することが推奨されており、そのための研究費が追加で用意されます。研究室主宰者は、これらの研究費および獲得した外部資金により、研究員、技師、テクニカルスタッフ、アシスタントなどを雇用できます。実験動物の維持・管理、遺伝子改変動物作製、光学イメージング、電子顕微鏡(TEM, SEM)、オミクス解析などのサポートが得られます。医療機関や企業等とのネットワークを活かした共同研究も可能で、連携大学院制度などを利用することで大学院生を受け入れることもできます。詳細については、BDRホームページ(https://www.bdr.riken.jp/jp/index.html)を確認ください。
この公募では、センターおよび理研での次世代の構造生物学分野を担い、当該研究分野を国際的にリードする中核となる人材を求めます。なお、上記設備類は、クライオ電子顕微鏡の共用促進事業の一環として整備された機器であるため、共用利用事業に対しても積極的な貢献が望まれています。
この公募では、理研における研究室主宰者としての業務に専念しながら成体の動的な恒常性についての研究を国際的にリードし、センターのミッションを中核的に担う人材を理研外から求めます。

締切日:2022年1月7日正午(日本時間)必着

着任時期:2022年10月1日以降なるべく早い時期

備考:本件の詳細については下記のページを確認ください。
https://www.riken.jp/careers/researchers/20211008_2/index.html

2021-10-12 2022-01-07

国立がん研究センター研究所では特任研究補助員を下記のとおり募集します。

1.職名および人数:細胞情報学分野 特任研究補助員(非常勤職員) 1名

2.職務内容:

■分野の研究内容と関連した研究の遂行
研究・職務内容は以下の通りです:
1. サーバ上でゲノム解析プログラムの実行
2. データのバックアップ業務
tosueno"and"ncc.go.jp ("and" を@にご変更ください) に、お気軽にご相談ください。

■研究発表、論文作成、研究費申請などのアカデミックな活動
※ 研究内容などが記載された当分野のホームページ:
google などの検索ツールで「細胞情報学分野」と検索ください。または、
https://www.ncc.go.jp/jp/ri/division/genetics/index.html
をご参照ください。

3.応募資格:

(1)学士号もしくはそれと同等の能力を有する方

(2)Linux サーバでの作業実績のある方

(3)ゲノム解析や分子生物学の知識を有する方が望ましい

(4)研究者とのコミュニケーションを円滑に行える方

(5)当センターの理念・基本方針を理解し、職務に誠実かつ積極的に取り組む意欲がある方

4.処遇等:

(身分) 非常勤職員

(勤務時間)勤務日:週18~30時間(週3~5日、月~金曜日、土日祝日を除く)
勤務時間:9時30分~16時30分(休憩1時間)※応相談

(給与等) 時間給 1,220円~当センター非常勤職員給与規程により決定
交通費支給、社会保険(週20時間以上勤務)、雇用保険(週20時間以上勤務)、賞与有り(週30時間以上勤務)、有給休暇有り(勤務時間に応じた日数)

5.雇用期間:採用日から翌3月31日まで

※原則1年度単位の雇用契約となります。

※年度毎に任用更新審査を行い、2028年3月31日まで更新可能です。ただし、当センターの予算状況等により、採用年度を含む10年度まで更新可能となる場合があります。

※定年を準用し、原則65歳までの雇用となります。

※採用日から3ヶ月間は試用期間となります。

6.採用年月日:令和3年9月1日以降

7.提出書類:

(1) 履歴書(写真添付)

※様式は下記からダウンロードし、Excelファイルのまま提出してください。
http://www.ncc.go.jp/jp/recruit/rirekisyo00.xlsx

※学歴は義務教育後(高等学校等入学から)の記載をしてください。

※写真を必ず添付してください。

※メールアドレスの記載をしてください。

(2) 業務に関連する免許証、認定証、登録証等の写し(要応募資格のもの)※A4判に縮小

(3) 最終学歴の卒業証書の写し、または卒業証明書 ※A4判に縮小

(4) 職務経歴書(職務内容を記載のこと) ※任意書式(A4判)、履歴書へ記載でも可

(5) 志望理由書(400文字以内) ※任意書式(A4判)

(6) これまでの研究成果・業績の概要(A4判、1枚以内)

(7) 研究業績調書 ※任意書式

※提出書類は責任破棄します。

8.提出締切日:随時(採用者が決定次第、募集を終了します)

9.選考方法:書類選考を行ったのち、対象者に面接選考を行います。
書類選考合格・不合格どちらもメールにてご連絡差し上げます。
連絡はすべてメールで行いますのでメールアドレスの記載をお願いします。

10.書類提出・問合せ先:
国立がん研究センター人事部人事課人事係
jinji-saiyoG[at]ncc.go.jp ※[at]を@としてください

※書類提出時、メールの件名欄は「応募書類の提出:研究所細胞情報学分野 特任研究補助員(非常勤職員)」と記載してください。

※受信出来るメッセージのサイズ上限は20MBですので、送信前にサイズをご確認ください。

2021-10-05 2022-01-05

1.職名および人数:細胞情報学分野 特任研究員(非常勤職員) 1名

2.職務内容:

■分野の研究内容と関連した研究の遂行
研究・職務内容は以下の通りです:
1. ロングリードデータを用いたスプライス異常の機構解明のためのプログラム開発
2. 解析サーバの管理・運営とデータのバックアップ業務
tosueno"and"ncc.go.jp ("and" を@にご変更ください) に、お気軽にご相談ください。

■研究発表、論文作成、研究費申請などのアカデミックな活動
※ 研究内容などが記載された当分野のホームページ:
google などの検索ツールで「細胞情報学分野」と検索ください。または、
https://www.ncc.go.jp/jp/ri/division/genetics/index.html
をご参照ください。

3.応募資格:

(1)博士号をお持ちの方

(2)自律的に研究を推進する能力がある方

(3)バイオインフォマティクスを用いた研究の実績のある方

(4)国内外の施設で研究を実施し、その成果を学術論文として発表した実績のある方

(5)当センターの理念・基本方針を理解し、職務に誠実かつ積極的に取り組む意欲がある方

4.処遇等:

(身分)非常勤職員

(勤務時間)勤務日:週30時間(週5日、月~金曜日、土日祝日を除く)
勤務時間:9時30分~16時30分(休憩1時間)※応相談

(給与等) 時間給 2,200~当センター非常勤職員給与規程により決定
交通費支給、社会保険(週20時間以上勤務)、雇用保険(週20時間以上勤務)、賞与有り(週30時間以上勤務)、有給休暇有り(勤務時間に応じた日数)

5.雇用期間:採用日から翌3月31日まで
※原則1年度単位の雇用契約となります。

※年度毎に任用更新審査を行い、2028年3月31日まで更新可能です。ただし、当センターの予算状況等により、採用年度を含む 10 年度まで更新可能となる場合があります。

※定年を準用し、原則65歳までの雇用となります。

※採用日から 3ヶ月間は試用期間となります。

6.採用年月日:令和3年9月1日以降

7.提出書類:

(1) 履歴書(写真添付)

※様式は下記からダウンロードし、Excelファイルのまま提出してください。
http://www.ncc.go.jp/jp/recruit/rirekisyo00.xlsx

※学歴は義務教育後(高等学校等入学から)の記載をしてください。

※写真を必ず添付してください。

※メールアドレスの記載をしてください。

(2) 業務に関連する免許証、認定証、登録証等の写し(要応募資格のもの)※A4判に縮小

(3) 最終学歴の卒業証書の写し、または卒業証明書 ※A4判に縮小

(4) 職務経歴書(職務内容を記載のこと) ※任意書式(A4判)、履歴書へ記載でも可

(5) 志望理由書(400文字以内) ※任意書式(A4判)

(6) これまでの研究成果・業績の概要(A4判、1枚以内)

(7) 研究業績調書 ※任意書式

※提出書類は責任破棄します。

8.提出締切日:随時(採用者が決定次第、募集を終了します)

9.選考方法:書類選考を行ったのち、対象者に面接選考を行います。
書類選考合格・不合格どちらもメールにてご連絡差し上げます。
連絡はすべてメールで行いますのでメールアドレスの記載をお願いします。

10.書類提出・問合せ先:
国立がん研究センター人事部人事課人事係
jinji-saiyoG[at]ncc.go.jp ※[at]を@としてください

※書類提出時、メールの件名欄は「応募書類の提出:研究所細胞情報学分野 特任研究員(2)(非常勤職員)」と記載してください。

※受信出来るメッセージのサイズ上限は20MBですので、送信前にサイズをご確認ください。

2021-10-05 2022-01-05

国立がん研究センター研究所では特任研究員を下記のとおり募集します。

1.職名および人数:細胞情報学分野 特任研究員(非常勤職員) 1~2名

2.職務内容:

■分野の研究内容と関連した研究の遂行
現在、以下の研究内容に力を入れています:
1. 全ゲノム解析、トランスクリプトーム解析によるがんの本体解明
2. 独自の高感度機能スクリーニング法を用いた新たな分子標的治療法の開発
3. リキッドバイオプシーを中心とした臨床シークエンス法の開発
skohsaka"and"ncc.go.jp ("and" を@にご変更ください) に、お気軽にご相談ください。

■研究発表、論文作成、研究費申請などのアカデミックな活動
※ 研究内容などが記載された当分野のホームページ:
google などの検索ツールで「細胞情報学分野」と検索ください。または、
https://www.ncc.go.jp/jp/ri/division/genetics/index.html
をご参照ください。

3.応募資格:

(1)博士号をお持ちの方

(2)自律的に研究を推進する能力がある方

(3)ゲノム解析研究、細胞生物学研究、マウスモデルを用いた研究の実績がある方

(4)国内外の施設で研究を実施し、その成果を学術論文として発表した実績がある方

(5)当センターの理念・基本方針を理解し、職務に誠実かつ積極的に取り組む意欲がある方

4.処遇等:

(身分)非常勤職員

(勤務時間)
勤務日:週30時間(週5日、月~金曜日、土日祝日を除く)
勤務時間:9時00分~16時00分(休憩1時間)※応相談

(給与等) 時間給2,200円~当センター非常勤職員給与規程により決定
交通費支給、社会保険(週20時間以上勤務)、雇用保険(週20時間以上勤務)、賞与有り(週30時間以上勤務)、有給休暇有り(勤務時間に応じた日数)

5.雇用期間:採用日から翌3月31日まで

※原則1年度単位の雇用契約となります。

※年度毎に任用更新審査を行い、2028年3月31日まで更新可能です。ただし、当センターの予算状況等により、採用年度を含む10年度まで更新可能となる場合があります。

※定年を準用し、原則65歳までの雇用となります。

※採用日から3ヶ月間は試用期間となります。

6.採用年月日:随時

7.提出書類:

(1) 履歴書(写真添付)

※様式は下記からダウンロードし、Excelファイルのまま提出してください。
http://www.ncc.go.jp/jp/recruit/rirekisyo00.xlsx

※学歴は義務教育後(高等学校等入学から)の記載をしてください。

※写真を必ず添付してください。

※メールアドレスの記載をしてください。

(2) 業務に関連する免許証、認定証、登録証等の写し(要応募資格のもの)※A4判に縮小

(3) 最終学歴の卒業証書の写し、または卒業証明書 ※A4判に縮小

(4) 職務経歴書(職務内容を記載のこと) ※任意書式(A4判)、履歴書へ記載でも可

(5) 志望理由書(400 文字以内) ※任意書式(A4判)

(6) これまでの研究成果・業績の概要(A4判、1枚以内)

(7) 研究業績調書 ※任意書式

※提出書類は責任破棄します。

8.提出締切日:随時(採用者が決定次第、募集を終了します)

9.選考方法:
書類選考を行ったのち、対象者に面接選考を行います。
書類選考合格・不合格どちらもメールにてご連絡差し上げます。
連絡はすべてメールで行いますのでメールアドレスの記載をお願いします。

10.書類提出・問合せ先:
国立がん研究センター人事部人事課人事係
jinji-saiyoG[at]ncc.go.jp ※[at]を@としてください

※書類提出時、メールの件名欄は「応募書類の提出:研究所細胞情報学分野 特任研究員(非常勤職員)」と記載してください。

※受信出来るメッセージのサイズ上限は20MBですので、送信前にサイズをご確認ください。

2021-10-05 2022-01-05

募集分野:免疫学分野

募集職位:助教(常勤、任期有り、再任可)

募集人員:1名(基準に満たない場合は採用を見送る場合があります)

応募資格:生命科学系の博士号(取得予定を含む)を必要とします。下記の募集背景を満たす方であれば、免疫学研究の経験を問いません。分子生物学、生化学、ウイルス学、iPS、バイオインフォマティックス、など他分野の経験者や海外留学中の方も歓迎します。

<募集背景>
当分野では免疫を制御する制御性T細胞と樹状細胞を利用して、将来患者様に貢献するような基礎研究を教室一丸となって志しています。これまでの研究の益々の発展を目指し、私たちのチームに参加できる、熱意と将来性のある研究者を募集します。教室員や学生とコミュニケーションをとって協調・協力して当分野の研究テーマ及び職務を誠実に行い、チームに貢献できる研究者を希望します。(当教室に赴任後にチームの一員として貢献し、認められる業績をあげた場合、講師に昇任できる場合があります。)

選考方法:応募書類による審査を行い、書類選考通過者に面接、講演をしていただきます。
(オンラインを現在予定しておりますが、もし来学をしていただく場合、この際にかかる旅費は応募者にご負担いただきます。)
面接を実施する場合は、日程などにつき追って通知します。また、採否の決定の有無にかかわらず結果は本人宛に通知させていただきます。

給与等:公立大学法人名古屋市立大学職員の給与に関する規程の定めるところによる(初任給調整手当あり)
任期制(5年)、再任可
裁量労働時間制
社会保険:公立学校共済組合

応募方法:次の書類を入れた封筒に「助教公募書類在中(免疫学)」と記載した上で、簡易書留郵便にて下記の応募先まで郵送してください。(*メール送付も可)

① 履歴書(本学規定、様式あり※)

② 業績目録(本学規定、様式あり※)

③ 今までの研究の概要紹介と習得している技術(1,000字程度:A4 任意様式)

④ 志望動機と今後の抱負(1,000字程度:A4 任意様式)

⑤ 現在照会できる方の連絡先 2名以上

⑥ 代表論文別刷 1点

提出していただいた書類は採用審査の用途に限り使用され、選考終了後に適切に管理・処分し、返却いたしませんので、ご了承ください。

詳細はこちらを参照(※応募書類の様式をダウンロードできます):

名市大ウェブサイト
https://www.nagoya-cu.ac.jp/med/news/602182-901202/

JRECIN サイト
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D121091668&ln_jor=0

採用予定日:2022年2月1日以降の月の初日。可能な限り早い着任を希望します(応相談)。

応募締切:2021年12月15日(水)消印有効

応募先:
〒467-8602 名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1番地
名古屋市立大学病院事務課事務係 担当:保田
*メール送付の場合、下記問い合わせメールアドレス宛てに2021年12月15日(水)必着

問い合わせ先(免疫学教室):
E-mail:immunol アットマーク med.nagoya-cu.ac.jp
(メール送信時はアットマークを@に変えて下さい。)

2021-10-04 2021-12-15

アラバマ大学バーミンハム校医学部 (Birmingham, USA) の丹羽研究室 (https://niwaorg.com/) では、博士研究員(ポスドク)を1名募集いたします。
Niwa Lab (PI: 丹羽美苗) では、脳の発達・機能ならびに恒常性維持における内分泌-神経系メカニズムの解明に焦点をあてて研究を行います。私たちの身体では、神経系、内分泌系、免疫系が生体機能を巧みに制御することで恒常性を動的に維持しています。精神疾患では、脳の発達過程において、こうした制御系へのストレス負荷が従来備わっていた遺伝・環境素因と相まって恒常性の維持機構を変容・破綻させ、成人初期に疾患を引き起こすと考えられます。しかしながら、その詳細なメカニズムは未だ不明であります。私たちは、細胞レベルから内分泌-脳神経サーキット、行動レベルに至るまで統合的な解析を進め、ストレス関連精神疾患の病因・病態生理の解明および将来的な予防・診断・治療方法の開発に貢献することを目指しています。
バーミンハムは、アトランタから車で2-3時間の場所にあるアメリカ南東部に位置する街です。他のアメリカの大都市に比べて、住宅費が格段に安いので、比較的ゆとりのある生活ができると思います。
UABでは神経科学系の研究が活発に行われています。設備、共同研究、生活など恵まれた環境の中で、海外での研究に挑戦したい意欲の高い方の応募をお待ちしております。

応募資格:上記の研究に興味と基礎研究経験のあるPh.D., M.D., M.D.-Ph.D.取得者、あるいは着任までに取得見込みの方。一報以上の筆頭著者論文を有する方を歓迎いたします。
基本的な分子生物学、生化学、顕微鏡操作、マウス行動実験の手技が必要となりますが、これらの技術は必須ではありません。特に、マウスにおける神経活動操作 (オプトジェネティクス) ならびに神経活動測定 (電気生理、イメージング) の技術・実績のある方、もしくは習得する意欲のある方を歓迎いたします。
英語による基本的コミュニケーション能力があり、新しい分野を開拓したい熱意のある方を歓迎いたします。

採用時期:通年で採用しております。個別の事情に対応いたします。単年契約、成果に応じて更新可能です。数年在籍し、研究成果を主要誌に掲載する意欲のある方を歓迎いたします。

給与・待遇など:UABの規定に従います。UABの規定に従いビザのサポートも致します。留学にあたってのフェローシップの取得のサポートも致します。PIは学振PD、海外学振、さきがけ、NIH K99キャリアデベロプメントグラント、NIH R21、NIH R01等に採択された経験があり、日米でのグラント獲得およびPIになるためのキャリアデベロプメントについて具体的なアドバイスができます。

応募書類:

1)CV

2)これまでの研究概要、実験手技、本研究への興味・意欲、今後の研究に対する展望、キャリアプラン

3)推薦者2-3名の連絡先、応募者本人との関係

これらを一つのPDFファイルにし、下記のe-mail アドレスまでご送付ください。適任者の採用が決まり次第、募集を締め切ります。

応募書類送付先、問い合わせ先:
Minae Niwa (丹羽美苗), Ph.D.
E-mail: mniwa[at]uabmc.edu ※[at]を@としてください

2021-09-22 2021-12-22

詳細:https://www.riken.jp/careers/researchers/20210907_2/index.html

研究室の概要:理化学研究所バイオリソース研究センターに寄託された疾患特異的iPS細胞の細胞バンクは、我が国発のiPS細胞技術により作製された各種疾患のiPS細胞が寄託されており、我が国の大きな資産となっています。ヒトの遺伝子を保有し、無限に増え、すべてのヒトからの作製可能なヒトiPS細胞の創薬・病態研究でのニーズと重要性が今後ますます高まっていくと考えられます。理化学研究所バイオリソース研究センター iPS創薬基盤開発チームは、創薬・病態研究の基盤技術を開発するとともに、基礎科学・工学的な技術、数理・情報科学によるデータ解析技術を導入しながら、それらを用いた創薬・病態研究を先導、技術支援を、バイオリソース研究センターのiPS細胞を利活用して行います。
今回、本チームの研究業務を推進するための特別研究員/開発研究員を募集します。

募集職種、募集人数及び職務内容:特別研究員/開発研究員 1名

※特別研究員は、上位職者の指導のもと、自ら主体的に研究を進めるポジションです。今後、研究者として自立的に研究を進めるための礎を築いていただきます。

※開発研究員は研究者として一定の経験・成果を有する方で、チームリーダーと相談しながら、自律的に研究課題を遂行していただきます

職務内容:上記の【研究室の概要】の使命を果たすため、

1. 疾患特異的iPS細胞を用いて構築した疾患モデルの数理・情報科学的解析

2. 疾患特異的iPS細胞を用いた創薬スクリーニング系の開発

3. 上記を用いた創薬・病態研究の技術支援

等を実施していただきます。

応募資格:

1. 特別研究員は、博士号取得後5年未満の者。(2021年度中に博士号取得見込の方も可)

2. 開発研究員は、博士号取得後5年以上の研究経歴のある者。

3. 数理・情報科学、生物科学(工学、理学、農学、医学など)大学院博士課程修了者(2021年度中に学位取得見込みの場合も考慮します)。特に、数理・情報科学の知識と技術を習得し、生物科学的研究の経験と実績のある方を優先します。加えて、ゲノム編集技術を活用した研究の経験と実績もあれば、その方を優先します。

4. 年齢、国籍、性別は問いませんが、論理的かつ建設的に思考し、研究開発職で通用する英語(読む・書く・聞く・話す)が出来ることを希望します。

5. 本チームの職務内容遂行に強い意欲を持ち、自発的かつ積極的に取り組み、研究室内外の協力者と円滑なコミュニケーションを図り、連携・協調して業務に従事できる事が必須です。

勤務地:
国立研究開発法人理化学研究所バイオリソース研究センター(けいはんな拠点)
〒619-0237 京都府相楽郡精華町光台1丁目
けいはんなプラザ スーパーラボ棟

待遇:採用情報ページ参照
https://www.riken.jp/careers/researchers/20210907_2/index.html

応募方法及び締切日:

提出書類:採用情報ページ参照
https://www.riken.jp/careers/researchers/20210907_2/index.html

締切日:候補者決定次第締め切り

個人情報の取扱について:提出していただいた書類は、国立研究開発法人理化学研究所個人情報保護規程に則り厳重に管理し、採用審査の用途に限り使用されます。これらの個人情報は正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。

選考方法:書類選考後、採用候補者となった者に対して面接を行う。面接によって採用または不採用を決定する。

着任時期:候補者決定後、できるだけ早い時期(応相談)

問合せ先・書類送付先:
お問い合わせについてはメールでのみ受け付けます。電話でのお問い合わせは受け付けません。
件名の冒頭に「iPS創薬基盤開発チーム 特別研究員または開発研究員応募」と記載してください。
Email:koubo [at] ml.rtc.riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。

必ず理化学研究所の採用情報を参照すること。
https://www.riken.jp/careers/researchers/20210907_2/index.html

2021-09-15 2021-12-15

企業HP:https://jp.illumina.com/

募集人員:FAS 3-6名

募集背景:人員増加

公募のURL:
https://illumina.wd1.myworkdayjobs.com/ja-JP/illumina-careers/job/Japan---Tokyo/Field-Applications-Scientist_23590-JOB-3

仕事内容:製品に関するトラブルシューティング及びクレーム対応、製品のインストレーションから技術的・科学的サポートの提供、装置や試薬に関する専門的な問い合わせに対する回答、使用方法に関するインストラクションの指導、週の半分程度は国内出張となります。

職制:無期雇用職員

勤務形態:常勤

勤務地:
関東 - 東京都
近畿 - 大阪府

応募資格:

・分子生物学の博士・修士の学位

・お客様の研究開発サポートに熱意を持って取り組める方, 相応する経験を有すること。

・日常的な国内出張及び海外出張も可能な方

・英語力(中級以上)

給与条件:
年俸制(経験に応ず、600-700万前後)経験・経歴により相談可

手当:通常の残業代(月45時間分のみなし残業代含む。45時間超えた場合は別途支給)、交通費(定期1か月分)

※VCP、昇給有(詳しくは、オファー時に要確認)

試用期間:3ヶ月(最大6ヶ月まで延長)

福利厚生:健康保険 厚生年金 雇用保険 労災保険
団体生命保険、社員持ち株、退職金、現物株取得権利、確定拠出年金

お問い合わせ先:
職務内容に関するお問い合わせ先 ※[at]を@としてください
peiling.chiang[at]illumina.com
knishio[at]illumina.com

2021-09-09 2021-12-09

機関または部署URL:
https://m.kawasaki-m.ac.jp/classroom/course.php?id=301
(https://itolaboratory.com)

部署名:衛生学

機関種別:私立大学

職種:助教相当

勤務形態:常勤 (任期3年、更新有り)

求人内容:川崎医科大学衛生学教室では分子遺伝学及び情報解析の分野で精力的かつ革新的な研究プログラムを確立し、かつ医学部生/大学院生の教育に携わっていただける生命情報科学者/ 生物学者を求めています。当部門の詳細については、HPをご覧ください。

仕事内容(採用後の業務・職務内容、担当科目等):

[教育業務]
「衛生学教室」では環境社会医学コースで医学生を対象とした講義、実習に力を発揮して、良医育成に尽力頂きます。また、関連施設として、医療福祉大学、医療短期大学看護学科での公衆衛生分野の教務活動にも従事いただきます。

[研究業務]
当研究室では、細胞生物学、生物物理学、生物工学、遺伝学、神経科学、生理学、その他の分野から未病から疾病へと至るメカニズムを広く捉える研究をしています。関連する研究分野はこれらの分野を網羅しており、独自開発のCRISPR/dCas13システムを用いて、神経細胞生物学を中心とした研究プログラムや、あらゆる組織、器官、動物を対象とした分子細胞生理学の研究プログラムを含みますが、これに限定されるものではありません。また、分子や細胞のイメージング、細胞生物学や細胞生理学への計算機的アプローチでのマルチオミクス解析など、幅広い定量的手法を歓迎し、サポートします。

勤務地住所(就業場所の詳細等):
〒701-0192 倉敷市松島577
(中庄駅から徒歩15分、倉敷駅から約4kmです。各駅からバスもご利用いただけます。)
医療福祉大学、医療短期大学看護学科は、両校ともに川崎医科大学と同じ敷地内になります。

募集人員(職名・採用人数等):助教・1、2名

応募資格:

・博士(またはPh.D.)取得者

・国籍問わず

・日本語での、環境社会医学実習、教育を主導的立場で実施できる方

・とにかく研究が好きで、in silico、in vivoを問わず技術を駆使して病気を知り治療することに興味のある方

・医学博士課程大学院生などと共同で研究活動する事を苦にしない方

待遇:給与・手当 本学支給基準に基づく支給

着任時期(採用日、着任日等):令和4年4月1日までにご着任いただきます。

応募・選考・結果通知・連絡先:

[応募方法・応募先]
ご興味のある方は、以下を含む1つのPDFファイルを提出してください。

1.カバーレター

2.履歴書(出版物とプレプリントを含む)

3.研究テーマの簡単な説明文(1500語以内、参考文献と図のキャプションは含まない)

4.教育の展望と経験についての説明文(1000語以内)

下記の連絡先に電子メールにて下記の連絡先にお送り下さい。
JREC-IN Portalの「Web応募」機能からも応募頂けます。
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D121080997&ln_jor=0

[選考内容(面接・選考の場所、選考方法、採否の決定など)]
第1次選考 書類選考
第2次選考 オンライン面接
第3次選考 学長面接(対面のみ)

[結果通知方法、応募書類の返却可否等]
選考結果はメールにて通知いたします。
お送りいただきました履歴書は当方で厳重に管理ののちに公募期間終了後にファイルを破棄いたします。

[問い合わせ先]
〒701-0192 倉敷市松島577
川崎医科大学 衛生学教室
教授 伊藤 達男
TEL:086-462-1111, ext 27510
e-mail: tataito[at]med.kawasaki-m.ac.jp ※[at]を@としてください

2021-08-27 2022-03-31

募集職種、募集人数:研究室主宰者(無期雇用職)(教授相当)1名

応募資格:すぐれた研究業績を有し、上記研究分野を国際的に牽引する実力のある方。国籍は問わない

勤務地:理化学研究所 神戸地区(兵庫県神戸市中央区港島南町2-2-3)

募集の概要:国立研究開発法人理化学研究所では、その総合性や学際性を根幹とし、自由な発想を基本理念として従来の研究分野を超えた研究を進める一方、社会の要請に応えるべく戦略的な観点からの研究を推進しています。今回、このような研究活動の中核を担い、中長期的な視点で、下記分野の研究を推進いただく研究室主宰者(無期雇用職)を公募します。

分野:成体の動的恒常性
成体の動的な恒常性についての基礎的な研究。特に、生命が生から死に至る、あるいは次世代に生をつなぐという長大な時間にまたがるライフサイクルの視点において、生命機能の維持、老化、破綻、継承に関わる動態や制御について革新的な発見をもたらす研究。成体が有する未分化性や多能性を有する幹細胞などを起点としたアプローチを持つ研究、あるいはライフサイクルの視点において成体期の生命現象の理解に資する自由な発想に基づいた研究。理化学研究所全体および生命機能科学研究センター(BDR)が有する融合的アプローチを発展させ活用することが見込まれる研究。

生命機能科学研究センター(BDR)では、個体の誕生から老化や死に至るまでの生涯を通した生命機能の動態について、基盤的な理解を与えることを目標にしています。この目標の達成のため、イメージング、マルチオミクス、理論生物学、分子生物学、構造生物学、幹細胞学、オルガノイド、多様な動物モデルなどを用いた融合的アプローチをとっています。研究室主宰者の独立した研究のため、スタートアップ費と研究費を含む研究環境を提供します。さらに、複数の研究室が協同する研究プロジェクトを遂行するための研究費が用意されています。研究費により研究員、技師、アシスタントを研究室主宰者の裁量で雇用できます。実験動物の維持・管理、遺伝子改変動物作製、光学イメージング、クライオ電子顕微鏡、オミクス解析などのサポートが得られます。医療機関や企業等とのネットワークを活かした共同研究、および連携大学院制度を利用して大学院生を受け入れることができます。
詳細については、BDRホームページを確認ください。
https://www.bdr.riken.jp/jp/index.html

この公募では、理研における研究室主宰者としての業務に専念しながら成体の動的な恒常性についての研究を国際的にリードし、センターのミッションを中核的に担う人材を理研外から求めます。

締切日:2021年12月10日正午(日本時間)必着

着任時期:2022年10月1日以降なるべく早い時期

備考:本件の詳細については下記のページを確認ください。
https://www.riken.jp/careers/researchers/20210816_1/index.html

2021-08-18 2021-12-10