学術賞・研究助成・研究プロジェクト

応募にあたり本会からの推薦の希望の方はこちら

  • 並び替え
  • 折りたたみ
  • 日付
掲載日締切日

東北大学加齢医学研究所は、国立大学法人のなかで唯一、加齢医学研究を標榜している附置研究所です。世界一の長寿国となった我が国において、超高齢社会に対応して、「認知症等の脳・神経疾患」「難治性癌」の予防・超早期診断・治療など、本研究所が目指す「加齢医学研究」の重要性と期待はますます高くなってきております。そこで、「健康寿命の延伸を目指した加齢医学研究」を中心に、広く研究者に開かれた共同利用・共同研究を実践することにより、生命・医学系研究所として中核的役割を果たし、全国の研究者の要請に応えることを目指しております。2009年6月25日、本研究所は「加齢医学研究拠点」の名称で、共同利用・共同研究拠点として文部科学大臣により認定され、2015年9月30日付認定を更新されました。従って、第3期中期計画の期間である、2016年度から2021年度までの6年間、継続して拠点としての活動を推進することとなります。2019年度の共同利用・共同研究においては、本研究所の基盤技術をもとに、研究所内の最新鋭の設備・資源を利用し、所外の研究者が本研究所の教員と共同で、本研究所において行う以下の研究を募集し、実施します。

(1)モデル生物を用いた加齢研究領域
加齢医学研究の最終目標は、ひとの健康寿命の延伸にあります。しかしながら、加齢に関連する現象を分子レベルや細胞生物学の言葉で理解するためには、モデル生物を用いた基礎的研究が必須です。本研究所では早い時期から、マウスを含む様々なモデル生物を用いた多彩な研究が行われ、成果を上げてきました。そこでこれらモデル生物を用いた、老化を含む加齢関連研究領域の共同利用・共同研究を募集します。

(2)加齢・発生分化・生体防御の基盤的研究領域
各種ストレスによる細胞老化は、種々の加齢疾患の原因と考えられます。本研究所では細胞のストレス応答、ゲノム変異、タンパク質の機能変化によりもたらされる細胞・個体の老化について研究を進めてきました。特に細胞老化に対して作動する生体防御機能に関して、それら遺伝子群の疾患モデルマウスを作出し顕著な成果を生み出してきました。一方で加齢・発生・細胞分化のメカニズムについても、研究遂行に有用な様々な細胞株・遺伝子資源・抗体・遺伝子改変マウスを、樹立・提供してまいりました。近年はさらにタンパク質局在のリアルタイム解析やタンパク質複合体のプロテオミクス技術なども開発しております。これら基盤的研究における本研究所の実績と研究資源を活用する共同利用・共同研究を募集します。

(3)腫瘍制御研究領域
細胞のがん化も加齢に伴うゲノム変異の集積によってもたらされます。本研究所は、がんの研究領域においても、我が国初の腫瘍バンクの設置やがん化学療法部門の開設など多くの先進的実績をあげてきました。また近年は、がんの遺伝子診断、がんの個性に応じたテーラー・メイド医療、腫瘍血管を標的とする抗腫瘍療法などにも取り組んでおります。これら、がんの基礎的・臨床的研究の実績のかなりの部分は共同研究による裏付けを伴うものであり、伝統に培われたノウハウを活用する、腫瘍制御研究領域に関する共同利用・共同研究を募集します。

(4)脳の発達・加齢研究領域
本研究所では脳イメージング装置と画像解析技術を駆使して、脳画像データベースによるヒトの脳形態加齢変化の研究、脳機能イメージング研究とその応用による認知機能の加齢制御研究、認知症の早期診断と予防研究などの学際的共同研究を展開してきました。また、加齢老年医学研究分野、認知機能発達寄附研究部門を設置して、小児から高齢者までを対象とする研究推進体制を整えました。さらに、超高磁場MRI装置など最先端の脳イメージング装置群を整備し、細胞レベルからヒトの認知レベルまでの脳発達・加齢研究を展開し、共同利用・共同研究に提供できる体制にあります。これらの設備を活用する、脳の発達・加齢領域の共同利用・共同研究を募集します。また人文社会科学的な見地を加味した加齢研究も歓迎します。

(5)革新的医療機器開発に関する研究
世界的に実験動物の愛護や苦痛の軽減が求められています。 国際的な安全と福祉の品質基準を満たす非臨床試験推進センターを中心に、 国内外の大学や全学とのネットワーク基盤を活用し革新的な医療機器やヘルスケアシステムの研究開発に貢献する共同利用・共同研究課題を募集します。非臨床試験環境を利用した、臨床試験への橋渡しを担う幅広い研究課題を募集します。

1.公募事項

A 募集テーマ
(1) モデル生物を用いた加齢関連の研究
(2) 加齢・発生分化・生体防御の基盤的研究
(3) 腫瘍制御に関する研究
(4) 脳の発達・加齢に関する研究
(5) 革新的医療機器開発に関する研究

B 提供材料・設備
本研究所・共通利用機器室に設置の機器類、本研究所の有する細胞株・遺伝子資源・抗体・遺伝子改変マウス、マウス以外のモデル生物各種、生細胞核局所照射装置、プロテオーム解析技術、3T磁気共鳴装置、光トポグラフィ装置、脳磁計測装置(MEG)、小動物用7T磁気共鳴装置、など

2.申請資格者
大学並びに公的研究機関に所属する教員・研究者・大学院生
※申請は1人1件までとする。

3.研究期間
2019年4月1日から2020年3月31日まで
※継続課題は累計3年までとする。

4.申請方法
申請書等の各様式は、本研究所のホームページからダウンロードしてご使用ください。
共同研究を希望される方は、本研究所の受入教員と事前に打合せを行ったうえ、申請してください。
本研究所の各研究分野・所属教員・研究の概要等は,本研究所ホームページを御覧下さい。
ホームページ http://www.idac.tohoku.ac.jp/site_ja/
共同研究への申請者は、申請書「様式1」を作成し,所属機関の長の承諾書を添えて提出して下さい。

5.申請書提出期限
2019年1月15日(火)必着。

6.申請書提出先
〒980-8575 仙台市青葉区星陵町4番1号
東北大学加齢医学研究所 研究推進係宛
電話:022-717-8445(ダイヤルイン) FAX:022-717-8452
電子メール: ida-sen@grp.tohoku.ac.jp

7.採否
共同研究の採否は、学外の学識経験者を含む共同利用・共同研究委員会において決定後、3月31日までに、申請者へ直接通知します。
なお、採択された場合、研究代表者及び分担者の方々には、「東北大学加齢医学研究所共同研究員」として委嘱いたします。

8.所要経費
共同研究に必要な研究経費(消耗品費及び旅費など)は、各テーマ20万円を上限として本研究所で負担します。

9.共同研究報告書の提出
研究代表者は、2019年度の研究成果をA4版2-3枚程度にまとめ、2020年3月31日までに「6.申請書提出先」へ提出して下さい。 報告書の著作権は公衆送信権を含めて東北大加齢研に帰属いたしますので、ご了承ください。※報告書の記載方法などについては、後日連絡します。 また、共同プロジェクト研究に関するアンケートも実施する予定となっています。

10.論文の提出
本共同研究の成果を論文として発表される場合には、謝辞として「東北大学加齢医学研究所における共同研究による」旨の文章を記載して下さることをお願い致します。その際、別刷り1部を「6.申請書提出先」へ提出して下さい。 なお、英文の場合には,以下の文例を参考にして下さい。
This work was partly supported by the Cooperative Research Project Program of Joint Usage/Research Center at the Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University.

11.知的財産権の取扱い
東北大学共同研究取扱規程を準用します。

12.事故対応
共同研究が採択され、学生が参画する場合は、「学生教育研究災害傷害保険」等に必ず加入し、所属機関の助教以上の教員、もしくは、加齢医学研究所の対応教員の監督下に実験等を実施してください。

詳細・申請書ダウンロード:http://www.idac.tohoku.ac.jp/site_ja/joint-program/

2018-12-05 2019-01-15

日本化学工業協会LRIは、化学物質がヒトの健康や環境に及ぼす影響に関する研究を支援する活動で、現在12課題を採択し助成しています。募集する研究課題の範囲を予め明示した7つの指定テーマを選定し、提案依頼書(RfP(Request For Proposal))として、本年11月22日より第7期研究課題募集を開始しておりますので下記の通り、ご案内させていただきます。

1.<RfP(Request For Proposal)指定テーマ>

(1)毒性発現メカニズムを考慮した毒性予測手法

(2)ナノマテリアルの物理化学的性状と有害性との関連性を考慮したカテゴリー化、グループ化による評価手法・ツールの開発

(3)小児における化学物質の影響の評価

(4)予測無影響濃度(PNEC)を導出するための新たな方法論の確立

(5)マイクロプラスチックに吸着した化学物質の環境生物へのばく露またはリスクの評価

(6)ヒト健康影響に関するばく露推計モデルの開発

(7)化審法リスク評価における環境ばく露評価の精緻化

2.研究委託費は1件あたり年間で上限1000万円程度

3.採択予定課題数:4~6課題程度を予定
審査結果については、2月上旬を予定しています

4.研究支援期間 2019年3月1日~2020年2月29日

5.応募受付期間 2018年11月22日(木)~12月21日(金)
詳細な情報は日化協LRIホームページで確認して下さい。

6.問い合わせ先
一般社団法人 日本化学工業協会 化学品管理部
半沢 (03-3297-2575)
e-mail lri@jcia-net.or.jp
URL http://www.j-lri.org/

2018-11-26 2018-12-21

日本奨励賞は、ロレアルグループとユネスコが世界規模で展開する女性科学者を支援する共同プロジェクトの理念を継承し、将来を担う日本の若手女性研究者が国内の教育・研究機関において研究を継続できるよう、奨励しています。

受付期間:2018年11月12日(月)から2019年2月28日(木)まで

応募資格:生命科学、物質科学の分野において、博士後期課程に在籍あるいは、博士後期課程に進学予定の40歳未満*の女性を対象とします。

*下記、応募締切日現在、40歳未満で交付後1年間、国内で教育・研究に従事できる方。留学生は対象外。

助成内容:生命科学、物質科学の分野からそれぞれ原則1年2件(2名)、計4件(4名)を選考し、受賞者に賞状および奨学金100万円を贈呈します。

応募方法:必要書類を「ロレアル‐ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」事務局宛にe-mailにてお送りください。

宛先/お問い合わせ先:fwis-japanfellowships@loreal.com

選考方法:1次審査(書類選考)、2次審査(ヒアリング)を経て、2019年半ばまでに選考委員会により選考のうえ、採否をご連絡します。発表2019年に東京で開催予定の授賞式にて発表します。

「ロレアル - ユネスコ女性科学賞―国際新人賞」:ロレアルグループ本社(パリ)とユネスコ(パリ)主催「ロレアル-ユネスコ女性科学賞―国際新人賞」の2020年度の候補者として2019年度 日本奨励賞の受賞者から1名を選考委員会が選出します。各国から選出された候補者からトップ15名の若手女性科学者に賞金約200万円が贈呈されます。

詳細:http://news.nihon-loreal.jp/csr/fwis/award2019.php
募集要項・申請書は上記ページよりダウンロードできます。

2018-11-13 2019-02-28

www.german-innovation-award.jp

第11回を迎えるゴットフリード・ワグネル賞は、材料とエネルギー、デジタル化とモビリティ、ライフサイエンスの分野における若手研究者による応用指向型の研究を募集します。
本賞は、日独間の産学連携を促進することと優れた日本の若手研究者の支援を目的として、技術革新を重視するドイツ企業により創設されました。日本の優れた若手研究者による豊かな未来を創造する革新的な研究成果に与えられます。
ドイツ・イノベーション・アワードは、1868 年に来日し、日本の科学界と教育界に大きな足跡を残したドイツ人科学者、ゴットフリード・ワグネルにちなんで名付けらました。

応募資格:日本の大学・研究機関に所属する45歳以下の若手研究者(応募締切日時点)

応募対象:材料とエネルギー、デジタル化とモビリティ、ライフサイエンスのいずれかの分野における応用志向型の研究で、現在進行中の研究、または過去2年以内に完了した研究成果

賞金:200万円
原則として授賞は各分野1件、計3件。また、ドイツの企業関係者と研究者とのワークショップへの参加機会が与えられます。

審査方法:本賞の共催企業の技術専門家による予備審査の後、常任委員と専門委員から構成される選考委員会において、受賞者を決定します。

応募方法:電子申請システムで受け付けます。詳細については、ホームページをご覧ください。
www.german-innovation-award.jp

応募締切:2019年1月15日(火)必着

主催:在日ドイツ商工会議所

共催:バイエル ホールディング株式会社、ボッシュ株式会社、カールツァイス株式会社、コンチネンタル・ジャパン、ダイムラー、エボニック ジャパン株式会社、メルク株式会社、シェフラージャパン株式会社、シーメンスグループ (アルファベット順)

特別協力:ドイツ科学・イノベーション フォーラム東京

後援:ドイツ連邦共和国大使館、ドイツ連邦教育研究省、ドイツ学術交流会、ドイツ研究振興協会、フラウンホーファー研究機構、国立研究開発法人 科学技術振興機構、独立行政法人 日本学術振興会

お問い合わせ:
〒102-0075 東京都千代田区三番町2-4三番町KSビル5F
在日ドイツ商工会議所
ドイツ・イノベーション・アワード事務局
TEL: 03-5276-8819
E-mail: info@german-innovation-award.jp
URL: www.german-innovation-award.jp

2018-11-07 2019-01-15

自然科学の基礎的研究に対して、研究費の援助を行います。

・研究援助趣旨:

1)萌芽的・独創的研究

2)新規研究グループで実施される研究

3)学際性、国際性の観点からみて優れた研究

4)国際協力研究

※評価が定着して研究資金が得やすいものより、萌芽的で将来の発展が期待される基礎研究の計画を重視します。

・申請者資格:

1.当該研究を独立して実施し得る者でなければなりません。すなわち、当該研究者は代表研究者であることを必要とし、単に研究グループの研究費集めの一端を担う者であってはなりません。

2.身分、経歴、年齢等は問いません。但し、日本の研究機関に所属する研究者であることが必要です。

・援助額:1件当たり100~500万円、総額3,000万円、援助総件数は15件程度。

【分子生物学会の学会推薦枠は5件です】

・援助対象期間:2019年9月~2021年3月の研究

・分子生物学会への応募(学会推薦)締切:2019年1月22日(火)

・山田科学振興財団への申込期限:2019年2月22日(金)

・申請手続き詳細は、山田科学振興財団ホームページ(2019年度研究援助のページ)にてご確認ください。
http://www.yamadazaidan.jp/jigyo/bosyu_kenkyu.html

【お問い合わせ】
公益財団法人 山田科学振興財団(Yamada Science Foundation)
〒544-8666 大阪市生野区巽西1丁目8番1号
電話 06-6758-3745(代表)

【ご確認ください】
本研究助成は推薦制です。本学会からの推薦を希望される方は、山田科学振興財団ホームページにて申請手続き詳細のご確認と同時に、以下のページを必ずご一読ください。

日本分子生物学会 学術賞、研究助成の本学会による推薦について
https://www.mbsj.jp/ads/recommendation.html

提出物、提出先、提出期限にお間違いのないよう、くれぐれもご注意ください。

2018-09-27 2019-01-22

「成体脳のニューロン新生」の発見者であり、昭和天皇を記念して創設された国際生物学賞を受賞されたJoseph Altman博士が2016年4月19日に逝去されました。Altman博士の夫人であり、長年Altman博士とともに研究を行って来られたShirley A. Bayer博士から当学会に寄付の申し出がありました。これを原資として本賞が設立され、2017年に第一回がスタートしました。
この度、第3回ジョセフ・アルトマン記念発達神経科学賞の募集を行います。

申請応募サイトの開始:2018年11月1日

申請応募期限:2019年1月31日

・賞の範囲:組織、細胞レベルの発生神経生物学研究。ただし胎生期・発達期の事象に限定せず、成体ニューロン新生やその生理的意義、老化・病態時の変化も含む。(応用研究は、対象としない。)

・応募資格:博士取得後(原則として)20年以内(日本神経科学学会会員に限定しない)

・副賞:1万USドル(共同授賞の場合も総額の変更はなし)

・審査対象:募集締め切り前5年以内に発表された応募者が責任著者である論文1本と、その他発表年度に係わらず責任著者又は筆頭著者の論文2本の計3本の論文を審査対象として決定する。なお、総説は審査対象には含まれない。

・応募方法:Altman Awardのサイトから応募。以下の3点をアップロードする。

1. 募集締め切り前5年以内に発表された責任著者論文(1編PDF)

2. その他の責任著者または筆頭著者の論文(2編PDF)

3. 申請書(これまでの業績の要約を含む)

・受賞者の義務:受賞年の日本神経科学大会で講演(海外の受賞者で航空機を利用する場合はエコノミークラスと宿泊費を支給)

・募集締切日:2019年1月31日(木)必着

・選考方法及び採否通知:選考委員会において審査の上、採否を決定し、2019年3月中に採否を通知

・表彰及び助成金の交付:2019年7月に開催される第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会合同大会Neuro2019において表彰し、研究助成金を贈呈する。
http://www.neuro2019.jnss.org/index.html

申込・詳しい内容:
日本神経科学学会HP http://www.jnss.org/
アルトマン賞 http://www.jnss.org/award/altman-award/

2018-09-06 2019-01-31

目的:当財団の学術研究助成は、生物学に関する世界的学究者としての昭和天皇の研究分野(系統分類学)及びそれに関する生物学分野の研究を奨励し、学術研究の推進・発展に寄与することを目的とします。

対象研究分野:系統分類学

助成額・期間:原則として1件あたり50万円以内とします。
研究助成の期間は1年間とします。(平成30年4月~平成31年3月)

申請資格:原則として学術研究機関等に属している人、またはグループとします。
グループの場合は代表者を明確にして下さい。

申請方法:申請締切日は、平成30年12月10日(月)必着とします。
申請を希望する方は、募集要項と申請書をお送りしていますので財団助成係までお申込み下さい。(送料無料)
メールでのお申し込みは ssmf@f-showa.or.jp までお願い致します。
募集要項・申請書は、以下のページよりダウンロードできます。
http://www.f-showa.or.jp/2_jigyo/2_biology.html#jyoseibosyu

提出先・問合せ先:
公益財団法人昭和聖徳記念財団 「学術研究」係
〒190-0012 東京都立川市曙町2-34-13 オリンピック第3ビル
TEL:042-540-0429 FAX:042-528-0107
E-mail:ssmf@f-showa.or.jp
URL:http://www.f-showa.or.jp

2018-07-27 2018-12-10