その他

  • 並び替え
  • 折りたたみ
  • 日付
掲載日終了日

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)再生医療実用化研究事業H25~29年度「iPS細胞の品質変動と実用化を目指した培養技術の標準化に関する研究」(研究代表者:元 国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 ヒト幹細胞応用開発室 招へいプロジェクトリーダー古江―楠田 美保)は、ヒト多能性幹細胞や細胞培養についての有識者によるワーキンググループを組織し、これまで「細胞培養における基本原則」、「培養細胞の観察の基本原則」の提案をまとめてまいりました。このたび、「多能性幹細胞培養の留意点」の提案を取りまとめました。
この提案は、日本組織培養学会学会誌「組織培養研究」2019年38巻3号 p.135-143(2019年8月30日付)にオンラインで掲載されました。

「多能性幹細胞培養の留意点」の提案
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jtca/38/3/38_135/_article/-char/ja

概要:ヒト胚性幹(ES)細胞や人工多能性幹(iPS)細胞などのヒト多能性幹細胞の培養は、広い分野でその利活用が期待されています。それに伴い、ヒト多能性幹細胞の利用者が増加していますが、一方で研究結果の再現性の担保が課題です。ヒト多能性幹細胞は、従来利用されてきた体性細胞とは異なる点が多く、培養するにあたり留意すべき点が多くあります。多能性幹細胞の樹立あるいは分化誘導に関しては技術的に日進月歩しており 樹立あるいは分化誘導を除いた、多能性幹細胞を培養する実験・研究に共通する基本的な留意点を提案としてまとめました。これまで、「細胞培養における基本原則」および「培養細胞の観察の基本原則」について提案を発表しています。これらの基本原則は、多能性幹細胞を扱う上において、基本的な考え方として遵守されることがまずは優先されるべき課題と考え、先に発表いたしました。作成は、これまでと同様に、ヒト多能性幹細胞や細胞培養についての有識者による「Good Cell Culture Practice検討のためのワーキンググループ」が担当しました。

AMED成果情報 https://www.amed.go.jp/news/seika/kenkyu/20190910.html

お問い合わせ先:
「Good Cell Culture Practice検討のためのワーキンググループ」事務局
国立研究開発法人国立成育医療研究センター
研究所薬剤治療研究部 中村和昭
〒157-8535 東京都世田谷区大蔵 2-10-1
TEL:03-5494-7120(内線4663)
E-mail:nakamura-kz”AT”ncchd.go.jp

・「培養細胞の観察の基本原則」の提案
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jtca/37/2/37_123/_html/-char/ja

・「細胞培養における基本原則」の提案
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jtca/36/2/36_13/_html/-char/ja/

2019-09-17 2019-11-17

生物科学学会連合(生科連)では、生物多様性の大切さを理解し、維持する精神の育成を目指し「生きものの“つぶやき”コンテスト」を始めました。高校生の皆さんの若い感性で、自然の生きものの気持ちを想像し、その“つぶやき”を教えてください。

<募集要項>(抜粋)

募集期間:2019年7月20日~10月31日

応募資格:生物や環境問題に興味のある高校生

応募条件:応募作品は、応募者本人が撮影し執筆した未発表のオリジナル作品に限ります。お一人2作品まで。他のコンテストとの二重投稿はご遠慮ください。
応募作品は生科連のWeb サイトなどで広報活動等に使用する場合があります。ご了解の上、応募ください。

選考・表彰:2019年11月下旬に生科連「地球生物プロジェクト」委員会にて優秀賞を選出し、受賞者に直接連絡いたします。優秀賞には、記念品、副賞(5000円ギフトカード)を贈呈します。また、応募作品は生科連のWebサイト上で発表を予定しています。

提出していただくもの:写真、「つぶやき」、エッセイ(短い作文)、応募者情報をメールでお送りください。

1.生きものの写真(生きものの情報、撮影場所、日時)
自然の中で生きている生きものの写真。スマホや携帯で撮ったもので構いません。その生きものについても調べて教えてください(生きものの情報例:セイヨウタンポポ、外来生物。ヨーロッパ原産、世界中に分布、など)。撮影場所、日時も書いてください。1年以内に撮影した写真に限ります。

2.「つぶやき」
1で撮った生きものの「つぶやき」。長さは1文程度。人に対すること、環境に対すること、ひとりごと、などなど。想像力をフル回転させてお願いします。

3.エッセイ(短い作文、200~400 字程度まで)
その「つぶやき」を聞いたあなたの返答はなんですか?なぜ、その「つぶやき」を想像しましたか?人がいろんな生きものと共存するにはどうすればいいのでしょう?などなど。生きものとの“心の対話”で感じたことを短い作文にして教えてください。

4.応募者の情報
① 応募者の氏名(ふりがな)・学校名・学年
② 自宅住所、郵便番号、電話番号、メールアドレス
③ 所属している部活名(例: 生物部、バレーボール部、特になし、など)
④ 将来の夢(昆虫の研究者など)

提出方法:提出書類1~4をメールで生科連事務局までお送りください。写真はJPEG 形式、画像サイズは5M 以下でメールに添付、文章(つぶやき、エッセイ、応募者情報)はメール本文に書き込んでお送りください。

詳細・作品例:https://www.nacos.com/seikaren/

2019-07-19 2019-10-31

日本バイオインフォマティクス学会では、2019年度バイオインフォマティクス技術者認定試験を以下の要領で開催します。皆様および、院生、学生、御同僚など身近な方々のご参加をお待ちしております。
詳しくはJSBi認定試験ホームページをご覧ください。
http://www.jsbi.org/nintei/2019/

主催:日本バイオインフォマティクス学会(JSBi)

協賛:情報計算化学生物学会(CBI)、情報処理学会、バイオ情報学研究会、人工知能学会、分子生物情報研究会、(公財)都市活力研究所、日本オミックス医学会、日本ゲノム微生物学会、日本植物生理学会、日本生物物理学会、日本蛋白質科学会、バイオグリッドセンター関西(五十音順)

1 認定試験の概要
 バイオインフォマティクスは、生物学データを情報科学手法により解析する学問・技術です。日本バイオインフォマティクス学会では、人材育成事業の一環として、最前線の知識や情報を幅広く取り入れた「バイオインフォマティクス技術者認定試験」を実施しています。
 関連分野への就職・進学を希望される方の体系的な知識習得の契機に、また既に活躍中の技術者・研究者の知識確認と、さらなるステップアップに最適な試験です。
 合格者には合格証書と認定シールが、首席合格者には表彰状と副賞が贈られます。また本年度より、合格者には学会への入会金および初年度年会費が無料となる特典が付与されます。
(詳しいご案内は合格通知に同封いたします)
たくさんの方の挑戦をお待ちしています。

2 試験日・試験地・受験資格・受験料

試験日: 2019年12月1日(日) 

試験地: 仙台・東京・長浜・大阪・福岡・沖縄
仙台:東北大学
東京:東京大学 本郷キャンパス
長浜:長浜バイオ大学
大阪:都市活力研究所(グランフロント大阪)
福岡:九州大学
沖縄:沖縄工業高等専門学校
※会場は予告なく変更されることがあります。ご了承ください。

受験資格:受験資格は問いません

受験料:4800円(不課税)

※団体受験等割引はありませんが、団体受験時の受験料を学校/企業が全額/一部負担される場合のお支払い方法など、対応させていただきます。事務局までご相談下さい。

3 試験方法
分子生物学・情報科学・バイオインフォマティクスの各分野における基礎的な知識と理解度を測ります。
試験時間:13時30分~15時30分(120分)
解答方法:4者択一式
問題数:80問

4 受験申し込み
詳しくは、JSBi認定試験ホームページをご覧下さい。
http://www.jsbi.org/nintei
http://www.jsbi.org/nintei/2019/ (今年度 受験受付ページ)
受験申込受付期間は9/2(月)~10/15(火)(予定)です。

5 お問い合わせ
日本バイオインフォマティクス学会認定試験事務局
〒108-8639 東京都港区白金台4-6-1
東京大学医科学研究所 機能解析イン・シリコ分野内
TEL : 03-5449-5131  E-mail : nintei@mail.jsbi.org(@は全角ですのでご注意ください)

2019-06-19 2019-10-15