Genes to Cells 表紙ギャラリー

Genes to Cellsオリジナルグッズ


日本の伝統絵画の中に生命科学の遊び心を加えたデザインを2011年から採用しています。
 
画像をクリックすると拡大します。

Volume 21 (2016)

レシピの反古染(ほぐそめ)をまとう研究者
A woman is dispensing reagents using a motorized pipettor. She is in a stylish kimono (hogusome) with a pattern like letters written with a brush. The text on her kimono is not only for fashion but also actually the recipe for the reagents (NaCl, glucose, amino acids, acetic acid, etc.); that is exactly to kill two birds with one stone. It will help her do experiments precisely at the busy end of the year.
女性が、電動ピペッターを用いて試薬を分注している。彼女が着ているのは、筆文字のような粋な柄(反古染(ほぐそめ))の着物。着物に書かれている文字は、単におしゃれのためではなく、実は試薬のレシピ(NaCl, グルコース, アミノ酸, 酢酸など)にもなっており、まさに一石二鳥だ。師走の慌ただしい中の実験も、これで大丈夫。
日本語版目次はこちら
受精後のカルシウム波のような紅葉前線
It is known that an increase of cytosolic concentration of calcium ion (Ca2+) like a wave is initiated from the point of sperm entry and propagates throughout the egg after fertilization in many animal species. This calcium wave is caused by a kind of chain reaction; activated phospholipase C (PLC) produces inositol 1,4,5-triphosphate (IP3) that induces release of Ca2+ from the endoplasmic reticulum (ER) near the egg surface, and released Ca2+ induces further release of Ca2+ from nearby ER. The leaves on the round-shape mountain are turning red like a wave coming down from the top of the mountain as if mimicking the calcium wave.
多くの動物で、受精後に、精子が卵に進入した点から卵全体へ細胞質のカルシウムイオン(Ca2+)濃度の上昇が波のように伝わっていくことが知られている。これは、活性化されたホスホリパーゼC(PLC)がイノシトール三リン酸(IP3)を産生し、その刺激により卵表層近傍の小胞体(ER)のIP3受容体からCa2+が細胞質へ放出され、放出されたCa2+が近くのERからのさらなるCa2+放出を招くという、一種の連鎖反応が生じるからである。まるでカルシウム波を模倣するかのように、丸い山の頂上から紅葉の波が降りてきた。
日本語版目次はこちら
部位特異的組換えで剪定される松の枝
Site-specific DNA recombination technologies such as FLP-FRP and Cre-lox systems have been applied to various purposes including mosaic analysis or conditional knockout. We applied the mechanism to pruning a pine tree. When we gave a signal to the pine tree, a branch was circularized and was cut automatically at the specific site marked with the darker green pine needles.
FLP-FRPシステムやCre-loxシステムをはじめとする部位特異的DNA組換え技術は、モザイク解析やコンディショナルノックアウトなどに広く応用されている。我々はそのメカニズムを松の枝の剪定にも応用した。我々が松の木に合図を送ると、自動的に、特異的部位(葉の色が暗い緑色の部位)から、枝が環の形状で切り出された。
日本語版目次はこちら
へぃ!ソバゲノム一枚!
Soba (buckwheat, Fagopyrum esculentum) is a pseudocereal with rich aroma and flavor, which is mainly eaten as noodles after Edo era in Japan. Yet there still remain many problems to overcome: its lower yield than the wheat or rice mainly caused by heteromorphic self-incompatibility (SI), its allergenic property that sometimes causes severe allergic reactions, and so on. Also, SI has been preventing us from producing good cultivars using genetic approaches. Finally, the buckwheat's whole genome has just been sequenced with next-generation sequencing (NGS), and it shows us a solution for those problems. We may have low-allergenic soba noodles in the foreseeable future.
ソバ(Fagopyrum esculentum)は豊かな香味を有する重要な擬似穀類であり、日本では江戸時代以降、主に麺として食されている。しかし、主に異形花型自家不和合性(SI)のために小麦や米に比べ収穫量が少ないことや、時に重篤なアレルギー反応を引き起こす問題など、改善すべき点が残っている。またSIのために、遺伝学的アプローチによる品種改良には困難が伴う。最近、そのソバの全ゲノムが次世代シーケンシング(NGS)により解読され、それらの問題の解決の糸口が見えてきた。そう遠くない将来、低アレルゲン性の蕎麦を食べられるようになるかもしれない。
日本語版目次はこちら
水遊び、たらいに開いたアクアポリン
An infant and his mother are playing with a small fish in a tub. The tub has a knothole from which water is pouring out, so the infant is carefully holding the small fish not to let it out from the hole. In the plasma membrane in various species, from bacteria to higher eukaryotes, there are such water channels called aquaporins that selectively allow water molecules to traverse the membrane. The schematized secondary and tertiary structures of the aquaporin's monomer are drawn on his mother's kimono and sash, respectively. And, aquaporins form tetramers to function in the plasma membrane just like the pattern drawn on the infant's kimono.
水が流れでる節穴のあいたたらいで遊ぶ幼子と母親。幼子は小魚が穴から出てしまわないように気を付けている。細胞膜にも、細菌から真核生物にいたるまで、水分子を選択的に通すアクアポリンと呼ばれる水チャネルが存在する。この母親が着ている着物と帯には、アクアポリンのモノマーの二次構造と三次構造の模式図がそれぞれ描かれている。さらに、細胞膜においては、アクアポリンはちょうど幼子の着物の柄のように四量体を形成して機能している。
日本語版目次はこちら
見る者を揺さぶる、蝸牛の如き鳴門の渦潮
Naruto Strait, a strait between Shikoku and Awaji-shima Island, is famous for the huge Naruto-no-uzushio (Naruto whirlpools) that is generated by Japan's fastest current of sea water caused by the tide. It is thanks to the function of our inner ears that we can hear the roaring sound from and feel the acceleration of the rotation of the whirlpools. We saw an illusion of the structure of the inner ear (the semicircular canals, vestibule and cochlea) in a huge whirlpool that shook us by the inner ears.
鳴門海峡は四国と淡路島の間にあり、そこでは潮の満ち干きにより生ずる日本最速の潮流により、巨大な「鳴門の渦潮」が形成されることで有名である。我々が渦潮の轟音と回転加速度を感じることができるのは、内耳の機能のおかげである。内耳を揺さぶる巨大な渦巻きの中に、内耳の構造(三半規管、前庭、蝸牛)の幻影が見えたような気がした。
日本語版目次はこちら
QTL解析が解くイヌの百面相
Among phenotypes, quantitative traits are usually caused by many chromosomal loci (quantitative trait locus, QOL) in a complex manner, and researches using dogs have been fruitful. A number of dog breeds have been produced by human beings. The morphological character is highly variable among breeds, but uniformed within the same breed. Genome-wide association studies that coupled craniometric data obtained from various dog breeds have been conducted, and QTLs in which SNPs that might affect the skull shape existed concentratively were identified. One of the QTLs was mapped near BMP3 gene on Ch. 32, and it was shown that most breeds with shortened head had a common missense mutation in BMP3. Data on the background: Figure 3 of Schoenebeck et al. (2012) PLoS Genet. 8, e1002849 (DOI: 10.1371/journal.pgen.1002849). Upper panel: SNP distribution around BMP3 locus among various dog breeds. Lower panel: Plots of important SNPs (conserved, exonic, etc.) extracted from the upper panel.
生物が示す形質のうち、量的形質には染色体上の多数の座位(量的形質座位、QTL)が複雑に関与していることが多いが、イヌを用いた研究が成果を上げている。人間の手により数多くのイヌの品種が作出されてきた。イヌの形態的特徴には大きな品種間差異がある一方で、品種内では均質である。さまざまな品種の頭骨の形状を測定した結果を加味したゲノムワイド相関解析が行われ、頭骨の形状に影響すると推定されるSNPが集中しているQTLが同定されている。そのひとつは第32番染色体上のBMP3(bone morphogenetic protein 3)遺伝子付近にマップされ、短頭犬種の多くがBMP3のミスセンス変異を共通して持つことが示されている。背景のデータ出典:Figure 3 of Schoenebeck et al. (PLoS Genet. 8, e1002849 (2012). DOI: 10.1371/journal.pgen.1002849)。上段:BMP3遺伝子周辺のさまざまな犬種のSNP分布、下段:上段のSNPのうち、よく保存されている・BMP3のエキソン内に存在するなど、重要なものを抽出し図示したもの。
日本語版目次はこちら
荷電に応じてご案内!セルソーターのお宿
Flow cytometry is a technology that allows high throughput analysis of the characteristics of cell populations by optically and rapidly measuring the morphological characteristics and fluorescent signals of the cells suspended in a narrow stream of fluid in equipment (flow cytometer). In addition, the equipment with a cell sorter can collect a certain type of cells from a heterogeneous population by charging droplets containing such cells identified by the optical data and attracting them by an electrostatic deflector. In this post town in this drawing, 'Positive' inn on the right and 'Negative' inn on the left are finding and attracting potential customers from passersby. They just look like a cell sorter. There is seen above them a cluster of clouds that resembles flow cytometric data.
フローサイトメトリーは、装置(フローサイトメーター)内の細い流路を流れる液に懸濁した細胞の形態的特徴や蛍光シグナルを光学的に高速で計測することで、細胞集団の性質を高速に調べることのできる手法である。さらに、セルソーターを装備している装置では、測定された光学的データを基に特定の細胞を含む液滴に電荷を与え、その液滴を静電偏向電極に引き寄せることで、ヘテロな細胞集団の中から特定の性質を持つ細胞を分取することができる。この画の中の宿場町では、ポジティブ宿(右)とネガティブ宿(左)が、街の通行人の中から自分たちの好む客を宿に引っ張り込んでいる。そのさまは、まるでセルソーターのようだ。空にはフローサイトメーターにより得られたデータのような雲が浮かんでいる。
日本語版目次はこちら
成虫原基を身にまとい清水の舞台から飛び降りる
Kiyomizu-dera temple in Kyoto is famous for its 12-meter high Butai ('stage'). In Edo era, there was a popular superstition that if one survived a jump from the Butai, one's wish would come true. In this drawing, one woman holding an umbrella as a parachute has jumped from the Butai over the fully blossomed cherry trees. In the Drosophila wing imaginal discs drawn on her kimono, the spatial expression patterns of genes involved in pattern formation can be discerned. May the Drosophila wing imaginal discs differentiate into wings before she crashes to the ground. Drosophila adults have gathered from nowhere as if they escorted her in a cherry blossom snowstorm.
京都の清水寺には高さ12mの舞台があることで有名である。この舞台から飛び降りて無事なら願いが叶うという俗信が江戸時代にあった。この絵では、一人の若い女性が満開の桜の上を、傘をパラシュート代わりにして清水の舞台から飛び降りている。着物にはショウジョウハエの成虫翅原基が描かれており、パターン形成遺伝子群の空間的な発現様式が見てとれる。着地の前に、翅原基が翅に発生してくれるとよいのだが。桜吹雪の中を、どこからともなく集まったショウジョウハエの成虫達が、エスコートしているかのようである。
日本語版目次はこちら
生命科学がもたらす冬眠研究の夜明け
Spring, that is the season of arousal for many living creatures. Even among mammals, some squirrels, bears and bats hibernate. This woman is researching hibernation of an individual of the Siberian chipmunk. The body temperature of hibernating chipmunk firstly drops to near ambient temperature, and reciprocally repeats the state of less than 10 °C (sustained hibernation) and the state of almost 37 °C (inter-bout arousal) like the chart on this drawing. We hope that life science will shed light on the mechanisms of various environmental adaptations of life. We thank Dr. Yoshifumi Yamaguchi (Graduate School of Pharmaceutical Sciences, The University of Tokyo) for his valuable suggestions for our drawing. Inspired by Figure 1 in Epperson & Martin (2002) Physiol. Genomics 10, 93-102.
春、それは多くの生き物にとって目覚めの季節である。哺乳類にもある種のリス、クマ、コウモリのように冬眠する種がある。この画の女性はシマリス個体の冬眠を研究している。冬眠中のシマリスの体温では、この画のグラフのように、通常の37℃から外気温近くまで低下した後、10℃以下まで落ちる状態(持続的冬眠)と、37℃近くに上がる状態(中途覚醒)が交互に繰り返される。今後も、生物のさまざまな環境適応のメカニズムが生命科学により解明されていくことだろう。作画にあたり有益な助言をいただいた東京大学大学院薬学系研究科の山口良文博士に感謝申し上げる。
日本語版目次はこちら
次世代シーケンサーの鳥瞰図
In the most popular type of next-generation DNA sequencer, DNA fragments are PCR-amplified in the slide's channel coated by a lawn of PCR primers to form myriads of clone DNA clusters. After that, the DNA sequence of each cluster is determined by taking photographs of fluorescent signals on the slide with the image sensor again and again after each single-nucleotide extension step of a novel dye-terminator method. Thus, the reaction proceeding in the next-generation sequencer is massively parallel sequencing. In this drawing, we schematically expressed this mechanism with a flying hawk (image sensor) viewing clusters of pine trees (DNA) on the channel-shaped reclaimed land divided by embankments.
現在最もよく普及しているタイプの次世代シーケンサーでは、スライドガラス上のPCRプライマーのローンに覆われたチャンネルの中でDNA断片をPCR増幅させ、無数のクローンDNAのクラスターを形成させる。次いで、新規のダイターミネーター法で1塩基伸長するごとにスライドガラスの蛍光像をイメージセンサーで撮影することを繰り返すことで、それぞれのクラスターのDNA配列が決定される。すなわち次世代シーケンサーの中で起きている反応は、massively parallel sequencingである。この画ではそのしくみを、チャンネルのような土手と土手で囲まれた広い溝状の造成地にクラスター状に生える松(DNA)を眺めながら空を舞う鷹(イメージセンサー)の様子として模式的に表現した。
日本語版目次はこちら
一年の計はセントラルドグマにあり
Worship the first sunrise of the new year from two rocks ‘Meoto-iwa’ (the wedded rocks, Mie, Japan) under double-helical DNA-like contrails in the sky. From left to right, there is the big rock, the sacred straw rope, the smaller rock, and the multi-exposed chain of suns. They just look like an RNA polymerase transcribing DNA into mRNA, its resultant mRNA, a ribosome translating the mRNA, and the new polypeptide chain growing upward from the ribosome, respectively.
二重らせんのDNA様の飛行機雲のもと、夫婦岩(三重県)からの初日の出。左の岩、しめ縄、右の岩と、多重露出で撮影した昇る朝日の並んだ姿は、それぞれDNAを鋳型にmRNAへ転写しているRNAポリメラーゼと、その産物のmRNA、それを翻訳中のリボソーム、リボソームから上へ伸びる新生ポリペプチド鎖に見える。
日本語版目次はこちら

Volume 20 (2015)

緊迫度を増す学会前夜の研究室
Researchers in a lab at the very last moment on the night before a scientific meeting they are supposed to give their presentation. One is elated that her poster has been already done, while the other three are obviously fretting. The two people in the front are preparing for oral presentations. One on the left front is rehearsing with his slideshow, and the other is still revising her manuscript. Most of all, one on the left back is still collecting data for her slides, yet. Do not leave anything behind you, and good luck on your presentation tomorrow! Inspired by Figures 1(A) and 4(E) in Öst et al. (2014) Cell 159, 1352-1364.
学会前夜の研究室で、ぎりぎりまで発表準備に追われている研究者たち。ポスターの印刷が終わっている者は余裕の表情だが、まだ準備中の三人には焦りの色がありありと見える。手前の二人は口頭発表の準備中。そのうち一人はスライドショーを前に発表練習をしているが、もう一方はまだ発表原稿を直しているところだ。左奥のメンバーに至っては、まだスライドのデータを集めている。皆さん、お忘れ物はないか、出発前に確認を。屏風の柄はÖst et al. (2014) Cell 159, 1352-1364のFig. 1(A)とFig. 4(E)より着想を得た。
日本語版目次はこちら
紅葉で表現するショウジョウバエの斑入りの眼
The normal white (w+) gene in Drosophila is required for production of red pigment in the eyes. In some mutants in which the w+ gene has been moved to a region near the centrosomal heterochromatin due to an inversion in the X chromosome, the eyes are mottled with red and white patches; the w+ gene in the white cells has been silenced due to spreading heterochromatin, while w+ gene in the red cells is active. This phenomenon is called PEV (position-effect variegation), and a number of factors that control epigenetics, such as histone methyltransferases, have been identified by measuring the extent of variegation. Now, in this sliding screen, maple leaves in autumn were drawn with Japanese ink on gold foil background except some in the central oval with a red paint as an accent. A shadow that looks like Drosophila happened to be cast on it, emerging a figure of the w mutant with a mottled eye.
ショウジョウバエの正常なwhite遺伝子(w+)は眼の赤い色素の合成に必要である。w+遺伝子がX染色体に生じた逆位によってセントロメア近傍のヘテロクロマチン領域の近くに移動している変異株では、眼が赤白のまだら模様になる。w+がヘテロクロマチン化されてサイレンシングされている白い細胞とw+が発現している赤い細胞が生じるからである。この現象は斑入り位置効果(position effect variegation, PEV)と呼ばれ、まだらの程度を指標にしてエピジェネティクスに関与する因子が多数同定された。さてこの襖絵は、金箔の上に秋の紅葉が墨で描かれ、中央付近の楕円の領域の紅葉のみ鮮やかな赤で描かれている。そこに偶然、ショウジョウバエのような影が映った。すると、まだら模様の眼を持つそのw変異株の姿が浮かび上がった。
日本語版目次はこちら
河童の手にアポトーシスを起こすカスパーゼカスケード
Kappa, a mischievous monster found in Japanese folklore, supposedly lives in a stream or pond, and has webbed hands and feet so that it's good at swimming. Human hands also have an interdigital web in the early embryo, but it disappears by apoptotic programmed cell death like a tadpole's tail. The intracellular signaling pathway that triggers apoptosis has been studied well; the signal flows down the 'cascade' that consists of multiple caspases (Cysteine-ASPartic proteASE) such as caspase 9 or 3 encoded by CASP9 or CASP3, respectively. This poor Kappa in this drawing has been saturated with the water flowing down the caspase cascade, and its vaunted web is in danger of disappearing by apoptosis.
河童は日本の民話に登場する悪戯好きの妖怪で、川や池に棲み、水かきのついた手足を持っているので泳ぎが得意とされる。人間の手にも初期胚の段階では水かきがあるが、オタマジャクシの尾部と同様に、アポトーシスによるプログラム細胞死により消失する。アポトーシスを引き起こす細胞内シグナル伝達経路はよく研究されており、caspase 9やcaspase 3 (それぞれCASP9遺伝子とCASP3遺伝子にコードされている)といった複数のカスパーゼ(Cysteine-ASPartic proteASEの略)からなる「カスケード」をシグナルは流れ下る。哀れにもこの画の河童は、カスパーゼカスケードを流れ下る水を浴びてしまい、自慢の水かきがアポトーシスで消失しそうになっている。
日本語版目次はこちら
鍾馗(しょうき)が免疫系を武器に病鬼を退治する
Shoki (Zhong Kui in Chinese), derived from Chinese Taoism, is a god for warding off diseases. According to a legend, one night when Emperor Genso (Xuanzong) of the Tang Dynasty had a high fever, Shoki appeared to him in a dream, killed a monster, and saved the Emperor at last. In tribute to the legend, Shoki has been worshipped as a god who protects people from illness for hundreds of years in China and Japan. The role of Shoki in the legend is that of the immune system itself. In this drawing, Shoki holds a sasumata (spear fork) with an IgG-like spearhead in the right hand and wears a cloth with a crest of IgM and a pattern of a dendritic cell; they are weapons of mammalian adaptive immunity. In contrast, his left hand contains a monster (pathogen) by melanization, which is one of the weapons of the innate immunity of insects. We thank Prof. Hirotaka Kanuka's lab (The Jikei University School of Medicine) for their valuable suggestions for our drawing.
鍾馗(中国語でZhong Kui)は中国の道教由来の病除けの神である。ある伝承によると、高熱に苦しむ唐の玄宗皇帝の夢枕で鍾馗は鬼を退治し、皇帝を病から救ったという。その伝承にちなみ、鍾馗は病から身を守ってくれる魔除けの神として、中国や日本で何百年にわたり信仰されてきた。この伝承の中での鍾馗の役割は、まさに免疫系の役割そのものである。この画の鍾馗は、右手で先端にIgGを使った刺又を構えており、身にまとう衣装にはIgMの紋と樹状細胞の模様が描かれているが、これらは哺乳類の獲得免疫の武器である。一方、左手では、昆虫の自然免疫の武器であるメラニン化により、鬼(病原体)を封じ込めている。作画に当たり有益な助言をいただいた慈恵医科大学の嘉糠洋陸研究室に感謝申し上げる。
日本語版目次はこちら
トランスポゾンが江戸に咲かせた変わりアサガオ
Transposons (transposable elements), discovered in maize by Barbara McClintock in 1948, are DNA sequences that can change their positions within the genome. Transposition of transposons can introduce mutations in the host genome. Actually, there was a close and astonishing relationship between transposons and the culture of the Edo era. In late Edo, a large number of mutant Asagaos (Japanese morning glory) were isolated, and it became popular to cultivate them; in fact, many mutations were caused by transposons. These mutant Asagaos have been collected by researchers and are currently maintained by a group led mainly by Kyushu University. See the website of National BioResource Project (NBRP) “Asagao” (http://www.shigen.nig.ac.jp/asagao/) for further details.
トランスポゾン(転移因子)はゲノム内で位置を変えるDNA配列で、1948年にバーバラ・マクリントックによりトウモロコシで発見された。トランスポゾンの転移はホストゲノムに突然変異を引き起こすことがある。実はトランスポゾンと江戸時代の文化には深い、驚くべき関係があった。江戸時代後期、様々な変異型アサガオが単離され、その栽培が流行したが、実は多くの変異の原因はトランスポゾンだったのである。これらの変異型アサガオは研究者により収集され、現在では九州大学を中心としたグループにより維持されている。詳しくは、ナショナルバイオリソースプロジェクト「アサガオ」のWebサイト http://www.shigen.nig.ac.jp/asagao/ を参照。
日本語版目次はこちら
ヒストンの笹にエピジェネティックな飾り付け
One of the highlights of the month of July in Japan is Tanabata (Star Festival). Tanabata, a festival to pray to the stars in the Milky Way in summer, was imported from ancient China. People in Edo era started to decorate bamboo branches with ‘tanzaku’ (small pieces of paper) on which they wrote their wishes, and to pray the wishes would come true. The bamboo branches in this drawing are likened to histone tails (H2A, H2B, H4 and H3 from the left). The tanzakus represent epigenetic modifications (acetylation, methylation and phosphorylation) of amino acid residues in histone tails. If you use this histone bamboo, mind that you have to phrase your wishes with the types, positions and combinations of decorations (or modifications). You need a textbook to perform modifications correctly.
7月の日本の見どころは七夕(星祭り)である。七夕は、古代中国が起源の、夏の天の川の星々に祈りを捧げる祭りである。日本では江戸時代から、人々は七夕に、笹の枝に願いを書いた短冊(紙の小片)を飾り、願いが叶うことを祈るようになった。この画の笹の枝はヒストンテール(左から順にH2A, H2B, H4, H3)を模している。短冊はヒストンテールのアミノ酸残基へのエピジェネティックな修飾(アセチル化、メチル化、リン酸化)を表している。もしこのヒストンの笹を使うなら、願い事の内容は、飾り(すなわち修飾)の種類と位置、および修飾の組み合わせで表現せねばならないので注意が必要だ。正しく修飾をするには、教本が欠かせない。
日本語版目次はこちら
花を咲かせる2人の役者
It was in 1936 when the existence of ‘florigen’ was initially predicted as a plant hormone that transmits information on daylight length at their leaves to the tip of the stem and stimulates flower initiation. In 2007, it was finally identified as a protein, which is coded by the FT gene in Arabidopsis thaliana. FT protein is produced in the leaves and transmitted to the growing tip at the shoot apical meristem via the phloem, and interacts with a transcription factor (the product of the FD gene in Arabidopsis) to induce genes involved in flower initiation. In this drawing, an actor performing FT is contacting another actor performing FD, and trying to stimulate flower initiation with him in front of hydrangea flowers that represent the month of June in Japan.
植物で、葉で受けた日照時間の情報を茎頂へ伝えて花芽形成を促すホルモン「フロリゲン」の存在は1936年に提唱されたが、その実在が確かめられたのは2007年である。フロリゲンの正体はタンパク質であった(シロイヌナズナではFT遺伝子にコードされている)。FTタンパク質は葉で産生され、篩管を通り生長中の茎頂の芽の分裂組織へ運ばれ、転写因子(シロイヌナズナではFD遺伝子の産物)と結合して花芽形成に必要な遺伝子群の発現を誘導する。この画では日本の6月を彩る花であるアジサイを背景に、FTに扮する役者がFDに扮する役者と接触し花芽形成を促そうとしている情景を描いている。
日本語版目次はこちら
金太郎の怪力で鯉の尻尾が伸びる
There is a Japanese legend of an extraordinary strong child ‘Kintaro’, who caught a carp, taller than himself, only with his arms. Carp are familiar to people all over Japan as Koinobori (carp streamer) that is put up in May for their children's healthy growth. In this drawing, Kintaro is showing his extraordinary grip that acts as an external force to drive cellular convergent extension (a process in which a tissue is elongated along a certain axis by cell intercalation in animal development) to elongate the carp's body. The progression status of the convergent extension can be observed by the pattern of the carp's colored scales.
怪力で知られる伝説の怪童金太郎は、自らの身長よりも大きな鯉を手掴みで捕えたとの伝説がある。鯉は、5月に日本中で子どもたちの健やかな成長を祈って揚げられるのぼりと親しまれている。この画では金太郎はその恐るべき握力を示し、それが外力となって細胞の収斂伸長(動物の発生過程で、細胞が相互に挿入することで組織がある向きの軸に沿って伸長する過程)を引き起こし、尾が伸びている。収斂伸長の様子は色分けされた鱗のパターンで見て取れる。
日本語版目次はこちら
ゲノム編集界の当代人気役者CRISPR-Cas9システム
Genome editing technologies have been invented and improved in recent years, and there is a growing expectation that the technologies can be utilized as a tool not only for molecular biological studies, but also for genetic therapies. Among them, CRISPR-Cas9 system that was originally found as a part of the bacterial adaptive immune system gets noticed for its easy introduction. Here, users are only required to design a guide RNA with a 20-nt sequence that is complementary to the target DNA sequence and co-express Cas9 with the RNA in vivo, then Cas9 protein will cleave the target DNA in site-specific manner. This is a portrait of a kabuki actor who plays Cas9 as indicated by the crest “ku” (‘nine’) on kimono he is wearing. The “actor” definitely has a promising future ahead of him.
近年、ゲノム編集技術の開発と改良が進み、分子生物学の研究ツールとしてのみならず、遺伝子治療での利用も期待されている。その中でも、もともとは細菌の獲得免疫システム由来であるCRISPR-Cas9システムは、その導入の容易さで注目を集めている。標的とするDNA配列に相補的な20塩基の配列を持つガイドRNAを設計し、これをCas9とともに細胞内で共発現させれば、Cas9タンパク質が標的DNAを配列特異的に切断する。この画は、その着物の紋「九」が示すように、Cas9の役を演じている歌舞伎役者の肖像である。この「役者」は今後、ますます活躍の場を広げるであろう。
日本語版目次はこちら
糖鎖を模した梅が香る細胞膜庭園
The fragrance of Japanese plum blossoms is the essence of early spring in Japan. This well-kept plum garden has a unique feature that it is a copy of a landscape of the outer side of animal plasma membrane. The ground represents hydrophilic head domains of the lipid molecules, while the trimmed trunks and branches in the front and the garden stones in the back look like glycosylated membrane proteins. There are a lot of plum trees that look like glycans far off in the distance. A mound on the ground under a basket and a pond in the back express lipid raft (a microdomain that has a different lipid composition) and endocytosis in process, respectively.
日本の初春は梅の花が香る季節である。この手入れの行き届いた梅園のユニークな特徴は、動物細胞の細胞膜の外側の情景を模していることだ。地面は細胞膜の脂質の親水性頭部を表しており、手前の梅の幹と枝は、糖鎖修飾を受けた膜タンパク質に見えるよう手入れされている。遠方にも糖鎖のように見える多数の梅の木が見える。庭石は未修飾の膜タンパク質を表している。かごの真下に見える地面が少し盛り上がった部分と、奥に見える池は、それぞれ脂質ラフト(脂質組成が異なるマイクロドメイン)と、進行中のエンドサイトーシスを表現している。
日本語版目次はこちら
狐火も蛍光タンパク質も多色化の時代
An atmospheric ghost light that is called Kitsunebi ('fox light') is described in Japanese folklore. The most famous one is the one in the Oji Inari shrine (Kita-ku, Tokyo). Every New Year's Eve in the old lunar calendar, foxes from all of the Kanto area, all suited up, gather to this shrine, light Kitsunebi under a big tree, and then stand in line. In this drawing, while the line of Kitsunebi in a standard single color is ahead of the rest, the rest of the foxes gathering under the tree are holding up 'new generation Kitsunebi' in various colors and about to join the line. This scene is reminiscent of the green fluorescent protein (GFP; here are three spatial structure models) genetically engineered so as to be available in different emission peaks.
日本の伝説に、「狐火」という正体不明の光が記述されている。特に有名なのは王寺稲荷(東京都北区)の狐火である。この神社には旧暦大晦日の夜に関東一円から狐が集まり、大木の下で正装して狐火を灯し、行列を成したという。この画で、オーソドックスな単色の狐火の行列がすでに先行しているのに対し、これから行列に加わろうと樹の下に集合している狐が灯しているのは、さまざまな色合いを実現した、いわば「次世代の狐火」である。ちょうど緑色蛍光タンパク質(GFP;画中に立体構造模型が3つ示されている)が遺伝子工学的に改良され、さまざまな波長の光を発する変種が利用可能になっているのと同様に。
日本語版目次はこちら
松の枝にXY型のスイバとZW型のインコ
Some dioecious plants determine sex by sex chromosomes (XY or ZW) like mammals or birds. A pair of birds on branches of a pine tree, which is a symbol of a new year in Japan, is a couple of Eclectus parrots (Eclectus roratus) having extreme sexual dimorphism (left: ZZ male; right: ZW female). What they hold in their beaks are flowers of 'Suiba' (common sorrel or Rumex acetosa; left: XY1Y2 male; right: XX female). Suiba is one of the first species among the seed plants whose existence of sex chromosomes was reported (H. Kimura & T. Ono (1923) Bot. Mag. (Tokyo) 37(438), 147-149. DOI: 10.15281/jplantres1887.37.438_147). It is known that Suiba's sex determination system is similar to that of Drosophila and depends on the ratio of X chromosomes to autosomes.
雌雄異体の植物には、哺乳類や鳥類のように性染色体(XYまたはZW)により性決定をしているものがある。日本の新年の象徴のひとつである松の枝に止まっているのは、雌雄で大きく見かけの異なるオオハナインコのつがい(左:ZZ オス; 右:ZW メス)である。彼らが咥えているのはスイバの花である(左:XY1Y2 オス; 右:XX メス)。スイバは種子植物の中では最も早くに性染色体の存在が報告されたもののひとつであり(木原均と小野知夫、1923年)、X染色体と常染色体の比により性決定がなされることが知られている。
日本語版目次はこちら

Volume 19 (2014)

透明化試薬で目指す『続・解体新書』?
Genpaku Sugita (1733-1817) is well-known for his translation of 'Kaitai Shinsho' (New Text on Anatomy, in 1774) compiled based on a book of anatomy written in Dutch. This Japanese first full-blown translation from a Western language contributed to the development of medical science in Japan. The masterpiece has been accomplished while many translated terms such as "shinkei" (= nerve) were coined. Over the past 240 years since then, anatomical methods have dramatically improved. Various optical clearing agents have been invented to clear organs including the brain without difficulty. Now, those agents can make brains transparent without damaging any of the fine structures, and enable researchers to observe neurons deep inside the brain. With our great respect to Genpaku Sugita, let us give him components of the optical clearing agents: urea, detergents and aminoalcohol. Behind him stands a vase of a soapberry tree bearing fruit that used to be raw material for detergents in Edo era.
この絵の人物、杉田玄白(1733-1817)は、オランダ語の解剖書を和訳し、『解体新書』として出版(1774年)したことで知られる。この書物は日本の医学の発展に大いに寄与した。日本語の「神経」などの翻訳用語を一つずつ造りながらの、一大事業であった。それから240年、解剖学的手法は劇的に進歩しており、脳などの臓器を簡便に透明化する透明化試薬がいくつも開発されている。いまや脳の構造を壊さずにまるごと透明化して、脳内の深部にある神経細胞も観察できるようになった。杉田玄白に敬意を表し、その透明化試薬の成分(尿素、界面活性剤、アミノアルコール)と顕微鏡を贈りたい。なお、彼の背後には、江戸時代に界面活性剤の原料として用いられたムクロジが飾られている。
日本語版目次はこちら
ニューロンの 雨中も続く 水迷路
An experimental procedure in behavioral neuroscience known as the Morris water maze is a method to assess the animals' ability of spatial learning and memory. In the experiment, test animals are placed in a pool filled with a pool of clouded water where they are supposed to swim, and scientists record the process how the animals find an invisible platform under the water. In this picture, two scientists are recording behavior of mice in an experiment using the Morris water maze. It rains reminding us of dendrites of neurons. One woman puts up an umbrella over the other to prevent the recorder from being wet.
モーリスの水迷路は行動神経科学における実験手法のひとつであり、実験動物に濁った水のプールを泳がせて、水中に隠れている逃避台を探し出す過程を記録することで、その動物の空間学習能力と記憶能力を評価する方法である。ここに描かれているのは、2人の女性研究者が、モーリスの水迷路を用いた実験で、マウス(複数型)の行動を記録している様子である。まるでニューロンを思わせる雨が降っており、記録役の女性が濡れないように、もう一人の女性が傘を差し掛けている。
日本語版目次はこちら
コドン表付き台で編むポリペプチド組み紐
This wooden stand called "Marudai" is used for braiding a Kumihimo, a decorative belt used for tying on a kimono sash. This particular Marudai has the top surface engraved with a part of the codon table in order to translate nucleotide sequences of genes into the pattern of Kumihimo (polypeptide chain). The Marudai and bobbins actually play the role of ribosomes and tRNAs that synthesize proteins by translating mRNA sequences into amino acid sequences. The color of threads had changed depending on amino acids. The pattern of Kumihimo being braided in this drawing was obtained from the sequence of human insulin. Nothing can be as cool as gene sequences, which design the pattern of brilliantly colored Kumihimo.
これは和装の着物を着る際に用いる飾りの紐(組み紐)を編むための台で、「丸台」と呼ばれる。この丸台は特別にあつらえたもので、上面には、遺伝子の塩基配列を組み紐(ポリペプチド鎖)の柄の並び方へ翻訳するために、コドン表の一部が記されている。つまり丸台と糸巻きは、mRNAの配列をアミノ酸配列へ翻訳してタンパク質を合成するリボソームとtRNAの役割を担っているのだ。糸の色はアミノ酸ごとに変えている。図中で製作中の組み紐の柄は、ヒトインシュリンの配列から得られたもの。遺伝子の配列が、鮮やかな組み紐の模様の設計図として働くとは、なんと粋なことではないか。
日本語版目次はこちら
ATPを生み出すミトコン水車
FoF1 ATPase (also known as ATP synthase) exists in mitochondrial inner membranes and bacterial plasma membranes to synthesize ATP (adenosine triphosphate) by using electrochemical gradient of protons (H+) between inside and outside of the membranes. Fo is integrated in the membranes and thought to have a rotor ring that rotates horizontally. F1 has a dome-like structure comprised of three α and three β subunits that are alternately arranged, which is anchored to the membranes to prevent rotation. Shaft-like γ subunit connects the center of the rotor ring of Fo and F1. As protons flow down the gradient across the membranes through Fo, the rotor ring of Fo and γ rotate, and the spin force of γ against αβ complex is used to synthesize ATP molecules. In this drawing, a waterwheel (Fo) is rotated by the gradient of water (represents proton gradient), and series of three coins (which represent ATP) are generated from the 'apparatus' (αβ of F1), which is made from six boards being attached to the front side of the waterwheel. A man in the back takes a role to transport protons to the outside of membranes to produce proton gradient.
FoF1 ATP合成酵素は、ミトコンドリア内膜や細菌の細胞膜にあまねく存在し、膜内外のプロトン(H+)の電気化学的勾配を利用し、ATPを合成する。Foは膜の中に埋め込まれており、水平に回転する回転子を持っていると考えられている。F1は3つずつのαサブユニットとβサブユニットが交互に並んだ円形ドーム状の構造を持つが、これは膜にアンカーされ回転しない。シャフト状の1つのγサブユニットが、Fo回転子とF1の中心部を接続している。プロトンが勾配に従ってFoを通過する際にFo回転子とγが回転し、αβ複合体に対しγが回転する力でATPが合成される。この画では、水の勾配(プロトンの勾配と見立てている)で水車(Fo)が回転し、水車の手前側にある6枚の板でできた「装置」(F1のαβ)から三つ連なったコイン(ATPを想起させる)が生み出されている様子を描いている。奥の人物は膜の向こう側にプロトンを汲み出し勾配をつくる役割を担っている。
日本語版目次はこちら
宵の川祭にクラスリン被覆小胞の飾りが映える
Tsushima Tenno Festival has been held every summer in Tsushima city, Aichi prefecture, Japan, for the past 500 years. One of the highlights of the festival is the evening festival called Yoi-matsuri when five boats decorated hemispherically with a lot of illuminated lanterns come down the river. The distinctive shape of the hemispherical decoration reminds us of partially formed clathrin-coated vesicles (CCV). So this summer, we dare to replace the decorations with the one which looks exactly like spherical CCV after completion. On the front side of the river, we place Y-shaped structures modeled on the LDL (low-density lipoproteins) receptor that mediates CCV's capturing LDL. The reflection of the light from the lanterns which represent CCV sparkles on the water surface of the river, and creates a fantastic summer night view.
愛知県津島市では毎年夏に、500年の伝統を誇る津島天王祭(つしまてんのうまつり)が行われる。クライマックスの一つの宵祭(よいまつり)では多数の提灯を配した半球状の装飾で飾った5艘の船が川を渡る。この半球状の装飾は、まるで形成途中のクラスリン被覆小胞を思わせる特徴的な形状である。そこで今年は思い切って、完成した球状のクラスリン被覆小胞そっくりの装飾を船に乗せてみた。手前の岸にはクラスリン被覆小胞にLDL (low-density lipoproteins)を取り込ませる働きをするLDL受容体を模したY字型の構造物を置いた。夏の夜の川面を、クラスリン被覆小胞を模した提灯飾りが彩り、いかにも幻想的である。
日本語版目次はこちら
ポリソームのような舟橋から友禅流し
A scene of Yuzen Nagashi (a process of washing kimono silks) at a pontoon bridge over a river. This bridge actually illustrates the way a number of ribosomes (boats) are attached in a row along a single mRNA chain (a bridge) to translate in parallel, and then form a polysome. There is a grove, which is like a poly-A tail, extending from the bridge to the opposite bank of the river. The pieces of fabric form polypeptide chains synthesized by ribosomes with their edges trimmed in the shape of 'M' that is the abbreviation of methionine. Now, the translation processes probably have just terminated at the boats on the far end. The fabric is being folded while it is released from those boats.
広い川にかかる舟橋で友禅流し(着物のための布地を洗う工程)をしている光景。実はこの舟橋は、ひとつのmRNA鎖(橋)に多数のリボソーム(船)が連なって並行して翻訳し、ポリソームを形成している様子をかたどっている。向こう岸には、poly-A tailに似た、橋からつながっている木立が見える。布地はリボソームにより合成されたポリペプチド鎖をかたどっており、布の先端はメチオニンの略号であるMの形状になっている。奥の2艘の船からは、ちょうど翻訳が終結したのだろうか、布地が折りたたまれながら船から遊離しているのが見える。
日本語版目次はこちら
ヌクレオソーム似のかっぽれ踊りが練り歩く
A parade of “Kappore”, a dance with “nigaigasa” or double layer umbrellas. A decorative piece of cloth modeled after DNA wraps around each umbrella approximately 2 times to link one umbrella to the adjacent umbrellas. This seems to be a replication of the “beads-on-a-string” structure consisting of a DNA strand and nucleosome cores. Those who hold the “nigaigasa” are men representing the four families of core histones. If you look closely, you can find a towel printed “a-ce” on its tail hanging from one of the men's waist. This looks like the acetylation of a tail of one of the core histones. It has been found that the initiation of transcription is related to histone acetylation. If that is the case, this towel may be a sign to start dancing.
二蓋傘(にがいがさ)を持つ、「かっぽれ」踊りの行列の図。DNAをかたどった飾り布が、傘におよそ2周巻きつき、隣り合う傘どうしをつないでいる。その様はまるでDNA鎖とヌクレオソームコアからなる「糸に通されたビーズ」構造を再現しているように見える。その二蓋傘を持つのは4種のコアヒストンを模した男たち。よく見ると「尻尾」の位置に「あせ」と書いてある手ぬぐいをぶら下げた男性がいる。これはコアヒストンのテールのアセチル化を模しているようだ。ヒストンのアセチル化は転写開始と関係していることが知られている。だとすると、この手ぬぐいは、踊り始めの合図かもしれない。
日本語版目次はこちら
大脳皮質さながらに材木を積む職人芸
Two artisans are heaping up lumber in the form of layers. The process where the lumber is going to be piled up perfectly in six horizontal layers reminds us of the cerebral cortex in corticogenesis. One of the artisans below, on whose back a Chinese character ‘kan’ (‘stem’) can be seen, may play the role of the neural stem cell (radial glia cell), the source of new lumbers (newly created neurons), and extends a rope (radial glia fibers) upward so as to carry the lumber properly to the top layer. The other artisan above is considered to play a role similar to the cells that secrete reelin. The reelin is a protein that regulates correct migration and positioning of neurons.
2人の職人が材木を層状に積み上げている。材木が見事に6層に積み上がっていくさまは、まるで形成中の大脳皮質のようだ。下方の男性(その背中には『幹』の字が見える)は神経幹細胞(放射状グリア細胞)の役をしていると考えられ、新しい材木(新しい神経細胞)の供給源であるとともに、上の方向にひも(放射状グリア繊維)を伸ばして、材木が正しく最上層へ運ばれるよう助ける役割も担っている。そして上方の男性は、ちょうどリーリン産生細胞と同じような役割をしていると考えられる。リーリンは、神経細胞が正しい位置に移動し位置するよう制御する役割を担っているタンパク質である。
日本語版目次はこちら
精巧な八重畳の縁で魅せる体節形成の妙技
“Yaedatami” or an eightfold straw mat is a tatami specially prepared for use in religious services. A craftsman folds “tatamiomote” or woven soft rush straws with edging of specially designed Nishijin brocade several times over so as to perfectly align patterns of creases of the folded edgings. We use the design to schematically illustrate the somitogenesis in vertebrates. As the U-shaped presomitic mesoderm moves tailward, periodic waves of gene expression form pairs of somites one after another from the anterior end. “Oshitone” or the top cushion has a mark of an embryo woven into it. If you carefully look at the edging of “oshitone”, you can find it bears the process of segmentation in Drosophila, a species which forms all of its segments simultaneously. Cooperated by Isogaki Tatami (Kyoto, Japan).
八重畳(やえだたみ)は神事に使われる特別の畳であり、特別な柄の西陣織(繧繝縁(うんげんべり))を端に縫い付けた畳表(たたみおもて)を、職人が模様を正確に合わせながら幾重にも重ねて製作する。その意匠を借り、脊椎動物の体節形成の様子を模式的に表現した。U字型の沿軸中胚葉が伸長すると同時に、周期的な遺伝子発現の波が、頭部側から順に体節を1つずつ形成していく。上の座布団(御茵(おしとね))の座面には胚の紋が織り込まれている。そのおしとねのへりをよく見ると、全ての体節形成が同時に起こる生物種であるショウジョウバエの体節形成の過程が織り込まれていた。協力:磯垣タタミ(京都市)。
日本語版目次はこちら
二人で共鳴し梅の枝を照らす
FRET (Fluorescence Resonance Energy Transfer), which is a phenomenon of energy transfer between two adjacent fluorescent molecules, has been applied to visualization of interaction between proteins in living cells and so on. To carry out high-efficiency FRET, not only the distance between two molecules must be very close (less than about 10 nm) but the relative orientation of two chromophores must also be optimized. One of the women in this picture carries the other with attention paid on how they are oriented to each other, and successfully lightens the plum blossoms just like FRET.
FRET(蛍光共鳴エネルギー移動)は2つの近接した蛍光分子間でエネルギーの移動が起こる現象であり、細胞内のタンパク質間相互作用の検出などに応用されている。効率よいFRETの実現には、単に2つの分子間の距離が極めて近い(約10nm以内)ことだけではなく、発色団どうしの相対的な向きが合うことが必要である。この画では、2人の女性が体の向きにも気を遣いながら一方が他方を担ぎ、まさにFRETさながらに梅の花を照らすことに成功している。
日本語版目次はこちら
赤富士の背に小胞体とゴルジの雲
Mt. Fuji glows with the red tint of the rising sun. A bank of clouds is lying behind the mountain and presenting its characteristic appearance. There are lying clouds in shapes like, from the bottom, rough endoplasmic reticulum, smooth endoplasmic reticulum, and transport vesicles. There is seen above it a bank of clouds well-formed like a Golgi apparatus, and further above it smaller clouds like secretory vesicles. There may also be seen clouds like mitochondria. Wonder if it's just an illusion.
朝日に赤く染まった富士山の背景に、層をなす雲がたなびいており、特徴的な外観を見せている。下方から順に、ちょうど粗面小胞体、滑面小胞体と輸送小胞のような形状の雲があり、その上にはゴルジ体のような整った層状の雲が見られ、そしてさらに上には分泌小胞のような小さな雲が点々と見える。ちらりとミトコンドリアのような雲も見えるようだが、気のせいだろうか。
日本語版目次はこちら
仮足の速駆けを支える紅白アクチン綱
Wishing a prosperous new year, two horses, which carry a red and white twisted rope resembling F-actin, are galloping. This reminds us of pseudopodia that are strongly growing by the power generated from G-actin polymerization.
実り多き新年を祈願し、アクチンフィラメントを模した紅白の綱を引っさげた2頭の馬が駆けている。そのさまは、まるで球状アクチンの重合により生み出される力で力強く伸びていく仮足のように見える。
日本語版目次はこちら

Volume 18 (2013)

歌舞伎舞台を借り切っての口頭発表
Following last month's issue, let's imagine what an international academic meeting was like in Edo era. No better place can be found than a Kabuki stage for the oral presentation! The presentation is full house. A presenter (probably the president of this meeting?) stands at the center of the stage, and on his left hand, the chairperson of this session is sitting on the stage. Each paper lantern hanging from the ceiling has a picture of crest imitating model organisms. There is a poster for the 36th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan (MBSJ) (3-6 December, 2013, Kobe) behind the presenter.
前号に引き続き、江戸時代の国際学会を想像してみよう。口頭発表の会場は歌舞伎の舞台を借り切ってやるに限る!これは大入り満員の口頭発表の場内の様子。正面に発表者(年会長か?)がおり、その左には座長が座っている。天井から下がる提灯には、モデル生物をかたどった紋が描かれている。発表者の背景には第36回日本分子生物学会年会(2013年12月3日~6日,神戸)のポスターが見える。
日本語版目次はこちら
江戸期の国際色豊かなポスター会場
What if there had been an international academic meeting held in Edo era? It must be like this. This picture illustrates how successfully a poster session was being held. A student-like young man on the far left is performing a presentation on a poster titled “idenshi-kara-saibou-made” (in English, “from Genes to Cells”). Another poster on the right end is the one for the 36th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan (MBSJ) (3-6 December, 2013, Kobe). Inside the floor, in the back on the right of the picture, attendees from inside and outside the country are having a discussion over snacks.
もし江戸時代に国際学会を開催したら、こんな感じになったのではないかと想像してみた。この画は、にぎわいを見せるポスターセッションの様子である。左端の若い男性(学生だろうか?)がプレゼンテーションを行っており、そのポスターのタイトルは、ずばり「遺伝子から細胞まで(from Genes to Cells)」である。右方には、第36回日本分子生物学会年会(2013年12月3日~6日,神戸)のポスターが掲示されている。右手奥のフロアー内では、国内外の参加者がスナックをつまみながら議論している。
日本語版目次はこちら
カドヘリン橋から細胞間隙を望む
Protruding from each side of the mountain (represented as cells) like classical cadherin cell adhesion molecules, bridge girders are mutually bound so as to link two summits (cells). This month's cover art represents the mountain surfaces as plasma membranes, the bridge girders and trails as classical cadherins (where each of the bridge girders shows five extracellular cadherin (EC) domains and a transmembrane domain, while the trails show intracellular domains), huts along the trails as catenins, groves of trees as actin filaments, and cliffs as an intercellular space. Sealed with a word “adhesion” at lower right.
左右各々の山(細胞を表す)から細胞接着分子クラシカルカドヘリンのように橋桁が突き出ており、この橋桁どうしが相互に結合することで、2つの峰(細胞)が接続されているさまを描いた。山肌は細胞膜を、橋桁と道路はクラシカルカドヘリン(橋桁は5つのECドメインと膜貫通ドメインを、道路は細胞内ドメイン)を、道沿いの建物はカテニンを、木立はアクチンフィラメントを、そして崖は細胞間隙をそれぞれ表現している。右下に「接着」の押印。
日本語版目次はこちら
伊能忠敬一行が代謝マップを作成中
Tadataka Inou (1745-1818) was over 50 when he retired from the family business and started to learn Western astronomy. At the age of 55, he led a surveying team to travel throughout Japan islands (40,000 kilometers in total) spending 17 years, and accomplished the first Japanese actual measured map, Dai Nihon Enkai Yochi Zenzu, based on the data collected during the survey. The map created about 200 years ago was so accurate that it later amazed the western surveying teams visiting the country. This month's cover art illustrates Tadataka Inou and his team working together to accomplish a metabolic map. Inspired by Figure 2-35 in The Molecular Biology of the Cell, 5th ed. (Alberts et al. 2008).
伊能忠敬(1745-1818)は元々商人であったが、50歳を過ぎて天文学の勉強を始めた。そして55歳になった伊能忠敬が率いる測量隊は、17年をかけて日本全国を踏破し(計4万km)、そのデータをもとに日本最初の実測地図「大日本沿海輿地(よち)全図」を完成させた。約200年前に作成されたこの地図は、のちに海外からの測量隊を驚嘆させるほど高精度なものであった。本作では代謝マップの作図を成し遂げようとしている伊能忠敬とそのチームの奮闘ぶりを描いている。作画で参考とした文献:Figure 2-35 in The Molecular Biology of the Cell, 5th ed. (Alberts et al. 2008)。
日本語版目次はこちら
和菓子で再現する卵割から初期胚の発生まで
All the traditional Japanese sweets replicate the development of an early embryo from the first cleavage. Each confectionery expresses, from the back, a fertilized egg undergoing the first cleavage (made from “konashi” or kneaded sweet bean paste, coated with “kudzu” starch), a 2-cell-stage embryo (“aoume” or a green plum), an 8-cell-stage embryo (modified from “kiku” or chrysanthemum), a morula (“domyoji” or a sweet pink mochi), and a tailbud (modified from “magatama” or a claw-shaped bead).  So, which one would you like to start with? Confectionery Coordination: Gion Narumiya, Kyoto, Japan.
伝統的な和菓子を用いて、卵割から初期胚の発生までを再現した。奥から順に第一卵割中の受精卵(「くず」でコーティングした「こなし」を用い創作したもの)、2細胞期(「青梅」)、8細胞期(「菊」を改変したもの)、桑実胚(「道明寺」)、尾芽胚(「勾玉」を元に創作したもの)を表現している。いかがだろうか? 和菓子製作協力:京都・祇園ナルミ屋。
日本語版目次はこちら
相馬野馬追 モデル生物勢、いざ出陣
Soma Nomaoi, Soma horse chasing festival, which used to be a religious ceremony, is now an event held in Soso District (north-eastern part of Fukushima prefecture) every July. In ancient times, Samurais captured wild horses roaming around fields, and dedicated them to Kami. Although wild horses were extinct early in Meiji era, later, the ceremony has been revived as an event in which hundreds of horsemen scramble for holy flags. In this cover art, we let warriors on horsebacks carry flags with arms of model organisms, the strongest tools for our research, to join this event. It is Arabidopsis thaliana (right foreground) what colors the field, the stage for the festival, and streamers of double helix are fluttering in the far background.
相馬野馬追は相双地方(福島県北東部)で毎年7月に行われる祭事であり、かつては野生の馬を捕獲し神に捧げる神事であった。明治時代初期に野生馬は消滅したが、のちに旗を争奪する祭として復活を遂げた。このカバーアートの中だけではあるが、我々が研究する上での最強のツールであるモデル生物の旗印を背負う騎馬武者をこの祭事に参加させてみた。また、この祭りの舞台となる原野をシロイヌナズナ が彩っており(画面右手)、遠くに二重らせんの幟が掲げられている。
日本語版目次はこちら
藍藻の概日リズム因子で創った渾天儀
kaiA, kaiB and kaiC genes and their products constitute a core circadian oscillator in the cyanobacterium S. elongates (derived from a Japanese term “kai”, which means rotation or cycle number). KaiA stimulates autophosphorylation of KaiC, whereas KaiB promotes autodephosphorylation of KaiC. It is the particular characteristics of system of cyanobacteria that the three purified Kai proteins and ATP can reconstitute a circadian oscillation in a test tube. We overlay a diagram of this feedback loop on an armillary sphere in an Ukiyoe, which was installed at an astronomical observatory in Edo era. The pattern of roof tiles in the foreground depicts a circadian oscillation.
シアノバクテリアS. elongatusの概日周期を作り出す中心となるのがkaiA, kaiB, kaiC遺伝子とその産物である(日本語の「回」に由来)。KaiAはKaiCの自己リン酸化を助け、KaiBはKaiCの自己脱リン酸化を助ける。特に、試験管内で3種類のKaiタンパク質とATPを試験管内で混和させただけでも概日周期の波を再現できるのがシアノバクテリアのシステムの特徴である。このフィードバック・ループのダイヤグラムを、江戸時代の天文台の渾天儀(こんてんぎ)の浮世絵に重ねてみた。手前の屋根の瓦の模様で概日周期の波を表現している。
日本語版目次はこちら
真鯉の鱗を側方抑制で塗り分ける
Speaking of Japanese seasonal tradition in May, you may think of carp streamers flying high over roofs of houses. People fly the carps, wishing for healthy growth of their children. This month, we have painted each scale of a carp streamer, mimicking a mechanism known as lateral inhibition. So, how would you grade the work?
日本の五月の風景といえば、子どもたちの健やかな成長を願って揚げられるこいのぼりである。我々のこいのぼりの鱗に、側方抑制として知られているしくみを模して、塗り分けを施してみた。さて、出来栄えはいかがだろう?
日本語版目次はこちら
シャペロンによる「手ほどき」
This month's feature is molecular chaperones which support correct protein folding. A child represents a protein (or a polypeptide) trying to fold correctly, while a woman represents a chaperone teaching calligraphy. Pieces of paper scattered on the floor are misfolded polypeptides. In reality, accumulation of misfolded polypeptides will cause various kinds of diseases. Chaperones are essential to life.
タンパク質の正しいフォールディングを助ける分子シャペロンが今回のテーマである。正しいフォールディングをとろうとしているタンパク質(ポリペプチド)を幼児で表現し、シャペロンを、習字の手習いを教えている女性で表現した。正しいフォールディングに失敗したポリペプチドが書き損じとして床に散らかっている。実際には正しいフォールディングに失敗したポリペプチドが蓄積すると、さまざまな疾患の原因となることもある。シャペロンは生命にとって欠くことのできない存在である。
日本語版目次はこちら
化粧筆仕込みピペットで染められし胚
A piece inspired by a fusion of traditional Japanese beauty and life sciences. There are a Japanese cosmetic brush and a hand mirror on a black board. An embryo fantastically reflected in the mirror suddenly reminds you of something: the brush is a very micropipette, and the embryo must be a subject of an experiment with it. How cleavage of a fertilized egg occurs is drawn like a family crest on a vanity bag, as if it indicates whom these cosmetic tools belong to. In the embryo, a lacZ marker transgene was driven by a connexin43 (Cx43) promoter in neural crest cells. Courtesy of Osamu Chisaka.
日本の伝統美と生命科学の融合をモチーフにした作品。黒い台の上に和風の化粧筆と手鏡がある。化粧筆の先端と、手鏡に幻想的に映っている胚を見て、はたと気づく。その筆はまさにマイクロピペットであり、この胚はその実験操作の対象なのだろう、と。これらの道具の所有者を示すように、ポーチには受精卵の卵割の様子が、あたかも家紋のように描かれている。データは千坂修博士の好意による。
日本語版目次はこちら
富士を背に中期染色体の凧を揚げる
Kites are flying in the early spring in a town with the backdrop of Mt. Fuji. Being steered into the wind and skillfully manipulated via string, the kites look like metaphase chromosomes aligned on the equator of the cell.
早春の街に、富士山を背に凧が揚がっている。風に負けじと糸を繰り、巧みに操られている凧は、さながら赤道面に並べられようとしている中期染色体のようだ。
日本語版目次はこちら
てやんでぇ!ファージは永遠だぜぇ!
Phages have greatly contributed to flourishing of molecular biology, and even today, they remain useful tools for scientists. In this illustration, a “hikeshi” (a firefighter in Edo) is carrying a “matoi” (a standard of his firefighter team as its symbol), which is likened to a phage. Meanwhile lanterns held by firefighters in the back look like bacteria.
ファージは分子生物学の興隆に大きく寄与し、そして現在でも研究者にとって有用なツールであり続けている。このイラストでは、江戸の火消しを演じる歌舞伎役者が持つ「まとい」をファージに見立てており、後方の火消しが持つ提灯を細菌のようなデザインにしている。
日本語版目次はこちら

Volume 17 (2012)

当世風龍虎図屏風 其二 粘菌螺旋的龍
The cover art of this month is the second part of the series from the November issue. It describes how cellular slime molds assemble into a dragon. The cellular slime molds normally are individual of an amoeba-like unicellular organism. However, when they starve, tens of thousands of cells aggregate in one place to form a cluster. The cluster hugs the ground like a slug, searches for the right place for making spores, and forms a fluting body (lower part of the ground). When placed in starvation conditions, the cellular slime molds begin to secrete cAMP, which stimulates nearby slime molds to secrete pulses of cAMP. Once they secrete cAMP, they become inactive for a while. As the result, waves of cAMP propagate as they swing in a spiral form (upper part of the sky).
11月号カバーとの連作。細胞性粘菌が集合して龍となる様子。細胞性粘菌は普段はアメーバ状の単細胞で生きているが、飢餓状態になると何万という細胞が一か所に集まり細胞の塊をつくる。この塊がナメクジにように地面を這って移動し、胞子を作るのに適した場所を探して子実体を形成する(下方の地面)。細胞性粘菌は、飢餓状態になるとcAMPを放出し、それが周囲の粘菌を刺激してそれらにもcAMPをパルス状に放出させる。そして、一度放出した粘菌は、その後しばらく反応しなくなる。その結果、cAMP放出の波はらせん状にくるくる回りながら、周囲に広がっていく(上方の天空)。
日本語版目次はこちら
当世風龍虎図屏風 其一 豹紋的虎
The principle mechanism of skin pattern formation in vertebrates can be explained with a mathematical model proposed by Alan Turing (reaction-diffusion system, 1952). In this month's cover art, wild-type and mutant tigers are glaring to the right (at a dragon coming up in December issue). In the front of the wild-type tiger, a rock is illustrated with three peaks representing waves of activator and inhibitor that are observed in the reaction-diffusion system. Furthermore, two bamboos having four internodes represent transmembrane domains in a certain variant of connexin (a subunit of the gap junctions), which is a four-span transmembrande protein and one of the responsible genes for morphological mutation in a vertebrate.
脊椎動物の体表模様形成のしくみはアラン・チューリングが提唱した数理モデル(反応拡散系、1952年)で説明できる。今回の表紙イラストレーションでは、野生型のトラと変異型のトラが右方(12月号に登場予定の龍)を睨みつける様を描いた。手前の岩の起伏は反応拡散系における活性化因子と抑制因子による波を表している。また、この絵では竹の節を用いて、模様の変異の原因遺伝子のひとつである、ある種類のコネキシン(4回膜貫通型膜タンパク質で、ギャップジャンクションのサブユニット)の膜貫通ドメインを表現してみた。
日本語版目次はこちら
月に雁 繊毛波打つ 秋の宵
Cilia of eukaryotic cells undulate in a well-balanced motion and play a variety of roles essential to life. The cover art for this month's issue presents movements of ciliated cells of respiratory epithelium in an analogy to Susuki glasses, a feature of autumn in Japan. The cilia beat in a given direction is defined by the direction of basal feet (red) that protrude from basal bodies (gray). In the picture, waves to the right are generating a current. There is a goblet cell that secretes mucus, slightly right of the center on the near side of the picture. The moon and geese are also arranged in the picture so as to evoke another feature of autumn in Japan.
真核細胞の繊毛は調和のとれた波状の運動をし、生命維持に欠かせない様々な役割を担っている。今回のカバーアートでは、日本の秋の風物詩であるススキになぞらえて呼吸器上皮の繊毛細胞の動きを表現した。これらの繊毛は定まった方向に波打ち、この向きは根の構造で規定されている。図では向って右への運動によって、流れを生み出す。画の手前側の、中心よりやや右には、粘液を分泌する杯状細胞も描かれている。画には、これまた日本の秋を想起させる月と雁をあしらっている。
日本語版目次はこちら
Amber(琥珀)をもって翻訳終了
The theme of this month is “translation”. The information in DNA is first transcribed into mRNA, which is further converted into a chain of amino acids. This conversion process is called translation and a stop codon marks the end of translation in each mRNA molecule. In the illustration, a fictitious translator on completion of his translation seals the letter with a Chinese character “stop” and amber (which is a nickname for UAG, one of the stop codons). The face of the seal depicts letters of “translation”.
今月の表紙のテーマは「翻訳」である。DNAの情報は一度メッセンジャーRNA (mRNA)へ転写される。さらにmRNAはコドンという3塩基ずつの単位でアミノ酸の配列へと変換され、結果としてアミノ酸が連なったタンパク質が合成される。この変換の過程が翻訳である。翻訳を終える目印もコドンであり、終止コドンと呼ばれる。この画像では、架空の『翻訳家』が「止」(stop)の文字と琥珀(終止コドンの1つであるUAGの愛称が琥珀(amber))の位置で、自らが為すべきことを終えたと認め押印した様子を描画している。落款の印面には「翻訳」の文字がデザインされている。
日本語版目次はこちら
真夏の宵に一際目を引くスピンドル花火
Coloring the summer night sky of Japan, this firework has a theme of the half spindle of animal mitotic cells. A centrosome containing a pair of centrioles is located in the center, and astral microtubules extend to the up to the left, while polar microtubules extend to the opposite direction. Japanese technology currently produces cutting-edge fireworks, and it should not be difficult to produce such fireworks in reality.
日本の夏の夜を彩る打ち上げ花火。この花火の題材は動物細胞の分裂期のハーフスピンドルだ。中央には一対の中心小体からなる中心体が位置し、左上方向にはアストラル微小管が伸び、反対の方向へは極微小管が伸びている。日本の花火製造技術は高いので、このような花火を製作するのは決して難しくないはずである。
日本語版目次はこちら
NGS時代の大はしあたけの夕立
This cover depicts The Bridge in the NGS Rain where people are being exposed to torrents of genomic information, that is, fruits of next generation sequencing. The man standing in the middle of the bridge is pictured deep in thought, considering how to utilize this sequence data set of the ALDH2 gene. Another man, shown to the right with a sake bottle, is eager to know whether he is genetically predisposed with a high tolerance for alcohol or not.
まさに「大はしあたけのNGS夕立」で、人々は、次世代シーケンシングの果実たる遺伝情報のどしゃ降りにさらされる。橋の中央の男は、アルデヒド脱水素酵素をコードするALDH2遺伝子のデータを有効利用することを冷静に検討している。他方、酒瓶の男は、自分が酒に強い体質かどうかを非常に知りたがっている。
日本語版目次はこちら
雷を背に霊峰富士を登るリプログラミングされし参拝者達
The Epigenetic landscape, which was firstly depicted by C. H. Waddington in 1950's, has often been used to illustrate cellular differentiation in the process of biological development. Presented on our cover is a timeless representation of the landscape where we see worshippers of Mt. Fuji are being reprogrammed on the slope. Some are climbing high to acquire pluripotency, while others are traversing the foot, and being directly reprogrammed.
エピジェネティック・ランドスケープは、C. H. Waddingtonにより1950年代に提唱された、発生における分化に対する比喩である。我々も富士山におけるエピジェネティック・ランドスケープの図を伝統的なタッチで描いてみた。山頂に向って登る参詣者は、未分化状態に戻って多能性を獲得する細胞を連想させる。また、裾野を横へ行く参詣者は、未分化状態に戻らないダイレクト・リプログラミングのさなかの細胞を表現している。
日本語版目次はこちら
一滴の水も漏らさず再配置,美人見とれる細胞石垣
Regulated cell adhesion and cellular motility underlies dynamic cell rearrangement, which is essential for morphogenesis of various organs. We expressed this process using a picture of a stone levee along a canal.
器官形成の際には、細胞接着分子と細胞自身の移動による、細胞のダイナミックな再配列が必須である。運河に面した石垣(石堤)の画で、この過程を模してみた。
日本語版目次はこちら
滝が織り成す細胞系譜
Branched waterfalls are reminiscent of the cell lineage of the nematode Caenorhabditis elegans from a zygote to a newly hatched larva.
枝分かれする滝の情景で、線虫Caenorhabditis elegansの受精卵から幼虫に至る細胞系譜が表現されている。
日本語版目次はこちら
ギャップ結合花笠踊り
A woman with a hanagasa (a traditional hat decorated with ornamental flowers) is performing a Japanese classical dance. The ornaments on the hat actually are gap junctions, and some of them are opened and allowing small molecules to pass through.
花笠を被っている女性が日本の伝統的な踊りを踊っている。花飾りは実はギャップ結合になっており、幾つかは開放状態で小分子を通している。
日本語版目次はこちら
一筋の陽光に合わせ概日リズムを整える漁師
A fisherman on a cliff is pulling nets as if synchronizing circadian rhythms with the help of light shining down from the sky.
天より差し込む光の力を借り、まるで狂った概日リズムを同期させているかのように、崖の上から漁師が網を引いているさま。
日本語版目次はこちら
富士を背にDNA修復に励む職人
Set against the backdrop of Mt. Fuji, a skilled craftsman is fixing a broken wooden barrel by excising damaged bases and then introducing new ones. We liken this to the process of DNA repair thereby recovering hydrogen bonds between each pair of bases.
富士山を背に、腕利きの職人が、壊れた樽から破損した「塩基」を除去して新しいものと交換している様子。我々はこれを、塩基間の水素結合を利用したDNA修復の様子に見立てた。
日本語版目次はこちら

Volume 16 (2011)

風神、「跳躍」伝導する!
Since nerves of higher animals have myelin sheaths, an action potential is propagated rapidly (phenomenon called a saltatory conduction) like the swift wind. The wind god is likened to an action potential that conduct bounces to be propagated.
高等動物の神経はミエリン鞘を持つため、活動電位が疾風のような素速さで伝播していく(跳躍伝導と呼ばれる現象)。風神を、跳躍して伝播していく活動電位に見立てている。
日本語版目次はこちら
雷神、活動電位を発する!
The Thunder God is generating the action potential, which is not lightning, in a neural network. The illustration is paired with that of December Issue.
神経ネットワークにおいて雷神が雷、もとい活動電位を伝達している。12月号と対をなす作品。
日本語版目次はこちら
ヌクレオソームを実らせた稲穂に舞い降りる蝶
Harvest time. Toreutics on a guard of a Japanese sword has a design of ears of rice and a butterfly landing on them. No, they actually are DNA winding around nucleosome.
実りの季節。日本刀の鍔(つば)の彫金細工に、実った稲穂と舞い降りる蝶がデザインされている。よく見れば、稲穂に見えたのは、ヌクレオソームに巻き付いているDNAであった
日本語版目次はこちら
しめ縄を認識中のロイシン紙垂(しで)
A huge and prestigious shrine that looks like Izumo-Taisha shrine at a glance. White zigzag paper streamers like a leucine zipper-type transcription factor are tucked in a giant sacred rope (dextrorotatory double-helix). The paper streamers probably bind to specific sequences of dsDNA expressed as a sacred rope.
出雲大社がモチーフになっている。巨大なしめ縄(右巻き二重らせん)を、ロイシンジッパー型の転写因子のようなシデに挟み込まれている。おそらくこのシデは、DNA(しめ縄で表現)の特定の配列に結合しているのであろう。
日本語版目次はこちら
東北への想い:名産染色体こけし
Being inspired by the similarity in the appearance, KOKESHIs are portrayed as metaphase chromosomes, which pair KOKESHIs. It deserves attention that each pair of KOKESHI is designed the same and tied with a thread at their necks (kinetochores) each other.
東北名産品をデザインに活かせないかと考えた作品。外観の類似性から、こけしを対合している中期染色体に見立てている。対になっているこけしの模様が同一になっており、首の部分(動原体)で結ばれている点がポイント(1本のこけしは1本の染色分体を表現している)。
日本語版目次はこちら
伸びろ微小管街道!届け物資!
Importance of bidirectional transportation between TOHOKU and surrounding districts. The “Kaido” expressed as a stone-pave street is designed to look like microtubules. Carts going left and pulled by bulls and messengers going right are expressions of motor proteins with cargos in eukaryote cells.
東北地方へのオーガナイズされた物資輸送の重要性を訴える画。石畳で表現されている「街道」は微小管に似せてデザインしている。牛と飛脚はモータータンパク質を表現している。ミトコンドリアと栄養源であるコメを積む大八車は左方向へ、細胞内小胞を表す飛脚は右方向へ、という具合に、積荷の種類によって方向が決まっている点もポイント。
日本語版目次はこちら
今日はメッセンジャー祭りだ!
A scene from a Chinese-inspired vigorous dragon dance in a festival in Kyushu, Japan. The dragon is likened to a messenger RNA (mRNA), expressing transcription with DNA template.
九州地方に伝わる中国風の躍動感あふれる龍踊りの祭りの風景より。龍をメッセンジャーRNA(mRNA)と見立て、DNAを鋳型 にして転写されている状況を描写している。
日本語版目次はこちら
footprintすだれから顔をのぞかせる平安美女
A beautiful woman of the Heian period is pulled by a dog and peeks out from behind a bamboo blind, which is likened to experimental data of DNase I footprint. Data:Akita et al. Genes to Cells 15(5) pp537-552 (2010).
DNase Iによるフットプリントの実験データを簾に見立て、平安時代の美女が犬に引かれ簾から顔をのぞかせている画を描いた。データは、Akita et al. Genes to Cells 15(5) pp537-552 (2010) より。
日本語版目次はこちら
組み換えて次の世代へ受け継ぐ大相撲
Grand Sumo showing a YOKOZUNA or grand champion and “hands” of supporters are pulling the horizontal rope of the kesho-mawashi. They want to tie the kesho-mawashi, but simultaneously, they are making a new horizontal rope from an older vertical rope, using Holliday junction-like structure.
横綱の化粧まわしを付き人が結ぼうとしているが、彼らは同時に、ホリディ・ジャンクションのような方法で、古い垂直方向の綱を解いて水平方向の綱をなっている。
日本語版目次はこちら
「細胞分裂」家紋入り蒔絵の重箱
A designed family emblem of cell division blends well with traditional Japanese patterns of auspicious omens motifs as pine and bamboo, on the artwork of tiered food boxes in silver lacquer.
細胞分裂をモチーフにした日本風の家紋の銀の蒔絵が重箱に施され、松と竹という日本の伝統的な吉兆のモチーフとも調和している。
日本語版目次はこちら
分配された染色分体のように寄り添う猫
Two sets of segregated chromatids during telophase are depicted as cats cuddled up comfortably beside spindle poles.
細胞分裂終期(テロフェーズ)の分配された染色分体を、紡錘体極の周りで心地よさそうに寄り合っている猫で表現した。
日本語版目次はこちら
水面に映える「二重らせん」橋を通して富士山を遠望する
Overlooking Mount Fuji in the distance through the arching wooden bridge, reflected on the water surface, forming complete circles to resemble a pair of spectacles or a ‘double helix.’
水面で反射した像と合わさることでまさに二重らせんを形成しているかのように見える木造の橋を通して、遠くの富士山を望む。
日本語版目次はこちら