その他

  • 並び替え
  • 折りたたみ
  • 日付
掲載日終了日

「分子プロファイリング支援活動」( http://molpro.jfcr.or.jp/index.html )は、文科省科研費・新学術領域研究(研究領域提案型)『学術研究支援基盤形成』における、先端技術基盤支援プログラム・先端モデル動物支援プラットフォームを構成する支援活動の1つです。この活動は、文科省科研費の研究課題として採択された基礎生命科学、とりわけケミカルバイオロジー研究において、(1)化合物が有する生理活性を解明もしくは検証しようとする研究課題、(2)興味ある生理イベントの制御分子(化合物もしくは機能遺伝子)を探索しようとする研究課題に対して、高度な先端技術と専門知識を備えた研究者が支援担当者となってサポートさせていただくものです。

具体的には、以下の2つの支援メニューがございます。

(1)化合物評価支援|化合物が有する生理活性の解明・検証
支援対象者の化合物をお預かりし、細胞の増殖と形態、網羅的遺伝子・タンパク質発現に対する影響を評価するとともに、統合データベースを用いたバイオインフォマティクス解析により、その作用点を予測します。活用例として、支援対象者が単離もしくは創製した新規化合物の未知の生理活性の解明、小分子バイオプローブとしての特異性の検証などに有効です。

(2)分子探索支援|生命現象に影響を与える化合物・遺伝子の同定
標的が明らかな化合物(キナーゼ阻害剤など)およびマイクロRNAをライブラリー化し、支援対象者に配付します。これらは、支援対象者が追究する生命現象の制御分子スクリーニングや、新規スクリーニング系のパイロット試験など、さまざまな用途にご利用いただけます。また、バーコードshRNAライブラリーを用いた機能ゲノミクス探索により、化合物の合成致死遺伝子の同定を支援します。

当支援活動はこれらの活動を通じて、研究者間の共同研究ネットワークの形成、とりわけ化学者と生物学者の橋渡しとなることも目指しております。

詳しい支援内容および条件等につきましては、当支援活動のHP( http://molpro.jfcr.or.jp/index.html )をご覧下さい。支援をお引き受けする際に簡単な審査がございますが、予算の範囲で出来る限り多くの皆様のご依頼にお応えしたいと存じておりますので、奮ってご応募いただきますよう、お願い申し上げます。ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問い合せ下さい。本支援活動を積極的にご活用いただき、皆様の研究のさらなる進展にお役立ていただければ幸いに存じます。

 

文科省科研費・新学術領域研究(研究領域提案型)
『学術研究支援基盤形成』先端モデル動物支援プラットフォーム
分子プロファイリング支援活動
班長 清宮 啓之
お問い合せ窓口:cads@jfcr.or.jp

2017-07-10 2017-09-10

JAXAは、「きぼう利用戦略」(平成28年10月制定)に掲げる方針を踏まえ、大学、研究機関及び民間企業等による国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟の利用を一層促進するための取組みとして、平成20年6月から平成26年3月まで進めてきた「きぼう利用フォーラム」の活動成果を踏まえ、「きぼう利用ネットワーク」を新たに設立しました。
本ネットワークは、「きぼう」利用にご興味をお持ちの企業・アカデミアの皆様に情報交換の場を提供するとともに、「きぼう」利用に向けた助言等の技術支援をJAXAが実施することで、ご参加いただいた皆様による「きぼう」利用の促進を目指します。

●きぼう利用ネットワークにメンバー登録をしていただきますと、

①きぼう利用や宇宙実験に関する情報を得られます。

②宇宙実験の提案に向けてJAXAが助言などを行います。

※原則日本国内の大学、公的研究機関や民間企業などに所属し、日本国内で研究活動等に従事している方を対象とします。

きぼう利用ネットワークへの参加をご希望される方は、下記よりメンバー登録をお願いいたします。
http://iss.jaxa.jp/kiboexp/participation/community/

お問い合わせ先:
国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構 有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
z-kibo-promotion@ml.jaxa.jp

2017-06-16 2017-08-16

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)再生医療実用化研究事業研究課題「iPS細胞の品質変動と実用化を目指した培養技術の標準化では、H28年度におきましてワーキンググループを組織し、「細胞培養における基本原則」をまとめ、日本組織培養学会学会誌「組織培養研究」に2017年5月24日にオンラインで掲載されました。

『「細胞培養における基本原則」の提案』
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jtca/36/2/36_13/_pdf

動物細胞の培養(以下、細胞培養)は基礎研究から再生医療や創薬研究などの広い分野において利用されております。ヒト胚性幹(ES)細胞や人工多能性幹(iPS)細胞などのヒト多能性幹細胞の培養は、特別に難しいとよく言われますが、癌細胞や正常細胞も一定の形質を維持しながら培養することは実は大変難しいことが、最近の知見から明らかになりつつあります。また、マイコプラズマが潜伏感染した細胞材料の伝搬、あるいは細胞の取り違えによる研究データの信頼性の喪失などの事案が現在でも数多く発生しています。iPS細胞の実用化を目指すには、まず、細胞培養の基礎を理解し、基本を守ることが重要と考え、上記、H28年度AMED研究課題「iPS細胞の品質変動と実用化を目指した培養技術の標準化」において、細胞培養全般に共通する「細胞培養における基本原則」案をまとめるに至りました。案作成にあたっては、有識者委員によるワーキンググループを組織し、AMED、厚生労働省、経済産業省の各担当課からのご参画をいただくとともに、日本組織培養学会(前・中村幸夫会長)ならびに日本動物実験代替法学会(前・小島肇会長)のご賛同をいただきました。 同案につきまして、各専門分野のお立場から、ご意見などお伺いできましたら、幸いに存じます。

問い合わせ先:
研究開発代表者
国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 ヒト幹細胞応用開発室
招へいプロジェクトリーダー 古江-楠田美保
〒567-0085 大阪府茨木市彩都あさぎ7-6-8
Email: mkfurue@nibiohn.go.jp

ワーキンググループ事務局
国立研究開発法人国立成育医療研究センター 研究所薬剤治療研究部実験薬理研究室
室長 中村和昭
〒157-8535 東京都世田谷区大蔵 2-10-1
Email: nakamura-kz@ncchd.go.jp

2017-06-08 2017-08-08