日本分子生物学会

Click here for the annual meeting in 2018 in Yokohama
GTC cover art June 2018

June 2018
枯山水?いや腸管上皮の凍結割断レプリカ像

At first glance, it might seem to be a Japanese rock garden (karesansui) with wavy lines in the sand (samon); however, it is actually an electron microscopic photograph of Drosophila midgut epithelium taken with the freeze-fracture method. The lines that look like samon are smooth septate junctions, which are a kind of occluding junction seen in invertebrates. We thank Prof. Mikio Furuse and Ms. Kyoko Furuse (National Institute for Physiological Sciences) for providing the data and sharing the idea of karesansui.
波状の美しい砂紋が施された枯山水の庭。と思いきや、実は凍結割断レプリカ法で撮影したショウジョウバエの腸管上皮の電子顕微鏡写真であった。砂紋のように見えるのは、無脊椎動物でみられる閉鎖結合の一種であるスムースセプテートジャンクションである。データをご提供いただき枯山水のアイディアを共有していただいた古瀬幹夫教授と古瀬京子氏(自然科学研究機構 生理学研究所)に感謝申し上げる。

GTC cover art May 2018

May 2018
リン酸化タンパク質特異的免疫沈降を模した曲芸

This is an acrobatic performance imitating immunoprecipitation using a phosphorylated protein-specific antibody. Two boys are acting two forms of a substrate protein. The boy on the left who wears red trousers, that represent the phosphorylation site of the substrate protein, is showing an opened fan and striking a pose that looks like the active form of the substrate protein. The other one who wears blue trousers is squatting on the ground to play the role of the dephosphorylated, inactive form of the substrate protein. The man who is suspended upside down in the midair is acting a phosphor-specific antibody, and grasping the red trousers only, i.e. the site of phosphorylation.
リン酸化タンパク質を特異的に認識する抗体を用いた免疫沈降を模した曲芸。2人の男の子は基質タンパク質の2つの状態を演じている。左側の子はリン酸化された部位を表現するために赤い股引を履いており、活性化型の構造を取っているかのように、扇を広げてポーズを決めている。しかしもう一方の子は青い股引を履いていて、リン酸化されていない不活性型の基質タンパク質を演じており、しゃがみ込んでいる。リン酸化特異的抗体役の逆さ吊りの男性は、リン酸化部位を示す赤い股引だけをしっかり掴んでいる。