日本分子生物学会

Click here for ConBio2017, the annual meeting in 2017 in Kobe
GTC cover art September 2017

September 2017
仲秋の月に雁、いや卵子に精子

A flock of wild geese from the north seems to be flying in front of the autumn moon rising behind a place of scenic beauty. No, it’s not. Looking carefully, it is a shoal of sperms swimming toward an ovum. It seems that one sperm has reached the ovum and passed through the zona pellucida, and that fertilization has just taken place.
美しい景勝地に上ってきた秋の月を背景に、北方から渡ってきた雁の群れが飛んでいる。いや違う。よく見ると、卵子へ向かって泳ぐ精子の群れなのであった。ちょうど1つの精子が卵子に到達して透明帯を通過し、受精が起こったようである。

GTC cover art August 2017

August 2017
マイトファジーによるスイカの種取り

Mutations in PARKIN or PINK1 genes can cause autosomal recessive juvenile Parkinson's disease. In recent years, it has been revealed that they participate in mitochondrial quality control. Their products, Parkin and PINK1, modify dysfunctional mitochondria with polyubiquitin chains to promote selective autophagy (mitophagy) that eliminates dysfunctional mitochondria from cells. The woman in this drawing is removing unwanted seeds from the watermelon just as mitophagy eliminates dysfunctional mitochondria.
PARKIN遺伝子やPINK1遺伝子の変異は、常染色体劣性若年性パーキンソン病の原因となりうる。近年、これらの遺伝子が、ミトコンドリアの品質管理に関わっていることが明らかとなった。これらの産物であるParkinとPINK1が、機能を失ったミトコンドリアをユビキチン鎖で標識することにより、機能を失ったミトコンドリアが選択的オートファジー(マイトファジー)によって細胞から排除される。この画の女性は、まるで機能を失ったミトコンドリアをマイトファジーで排除するかのように、邪魔なスイカの種を取り除いている。