日本分子生物学会

Click here for ConBio2017, the annual meeting in 2017 in Kobe
GTC cover art August 2017

August 2017
マイトファジーによるスイカの種取り

Mutations in PARKIN or PINK1 genes can cause autosomal recessive juvenile Parkinson's disease. In recent years, it has been revealed that they participate in mitochondrial quality control. Their products, Parkin and PINK1, modify dysfunctional mitochondria with polyubiquitin chains to promote selective autophagy (mitophagy) that eliminates dysfunctional mitochondria from cells. The woman in this drawing is removing unwanted seeds from the watermelon just as mitophagy eliminates dysfunctional mitochondria.
PARKIN遺伝子やPINK1遺伝子の変異は、常染色体劣性若年性パーキンソン病の原因となりうる。近年、これらの遺伝子が、ミトコンドリアの品質管理に関わっていることが明らかとなった。これらの産物であるParkinとPINK1が、機能を失ったミトコンドリアをユビキチン鎖で標識することにより、機能を失ったミトコンドリアが選択的オートファジー(マイトファジー)によって細胞から排除される。この画の女性は、まるで機能を失ったミトコンドリアをマイトファジーで排除するかのように、邪魔なスイカの種を取り除いている。

GTC cover art July 2017

July 2017
祇園祭にテロメア鉾が登場

Kyoto's Gion Matsuri is one of Japan's three greatest festivals, and its highlight is Yamahoko Junko (decorated floats' parade) in which many decorated floats with hundreds of years of tradition parade through the central part of Kyoto. Now, is the float passing by in front of us Naginata-boko that is famous for its naginata (long-handled sword) on top? No, it is the 'telomere' float. In the T-loop-like structure of the telomere extending upward on the roof, you can see two Shagumas (straw ornaments) likened to TRF1 and TRF2 bound to the double strand region and Ohata (flag) likened POT1 bound to the 3′-single-stranded overhang. These factors are comprised of the shelterin complex and need to work cooperatively and continuously for maintenance the telomere structure. Such unremitting efforts are needed to preserve not only traditions, but also telomeres.
日本三大祭のひとつである京都の祇園祭のハイライトは、山鉾巡行である。数百年の伝統を誇る装飾された多数の鉾や山が京都の中心部を巡る。今、我々の前にやってきたのは、屋根の上の長刀で有名な長刀鉾、と思いきやテロメア鉾。上へ伸びるテロメアのTループ様構造の二本鎖の部分にはTRF1とTRF2を模した赤熊(しゃぐま;藁飾り)が付けられ、3′末端の一本鎖オーバーハングにはPOT1を模した大幡が付いている。これらの因子がシェルタリン複合体として協調的かつ継続的に働くことがテロメアの構造維持に必須である。伝統もテロメアも、維持していくにはそのような不断の努力が必要なのである。