人材公募

  • 並び替え
  • 折りたたみ
  • 日付
掲載日締切日

募集人数:1名

団体の説明:(公財)かずさDNA研究所は、植物やヒトを対象として、ゲノムの解読や遺伝子機能の研究を行っています。また、遺伝情報と関連技術を、医療技術開発や植物の品種改良等の応用研究にも利用し、健康、食料、環境といった課題の解決に貢献することを目指しています。さらに、我々がもつ高度な DNA 解析技術を社会で活用するための具体的な取り組みとして、ヒト難病の遺伝子検査や農業用種子の品質検査等の事業を展開しています。

職務内容:かずさDNA研究所の将来の研究開発や公益事業のシーズを育成することを目的としており、自由度が高い研究環境のもとで先進性、独創性が高い研究開発を期待しています。先端研究開発部のいずれかの研究室に所属し、共同研究を条件としつつ一定の独立性をもった立場で独自の研究開発を行っていただきます。800万円/年を上限とする個人研究費を支給します。

応募資格:生命科学、情報科学の博士号(理、農、薬、工学など)取得者であること。成果の応用展開に興味がある方。専門分野、対象生物種は問いません。

着任時期:選考終了後できるだけ早い時期(相談に応じます)。

契約期間:1年契約。ただし、毎年の評価によって最長3年まで更新あり。

処遇・待遇:当研究所就業規程に従います。

提出書類:

I 履歴書

II 研究業績リスト(主要論文2編に○印を付け、別刷り各1部を添付)

III 研究開発提案書
1.研究提案の要旨(A4用紙1枚以内)
2.研究開発の目的(A4用紙1枚以内)
3.研究開発の背景(A4用紙1枚以内)
4.研究開発の先進性、独創性(A4用紙1枚以内)
5.研究開発の内容(A4用紙2枚以内、図表の使用可)
6.成果の実用化への展望(A4用紙1枚以内)
7.推薦者と連絡先(2名、推薦状は応募時には不要)

選考方法:当研究所の選考委員会で選考します。なお、第一次選考合格者については、面接及び所内セミナーを行います。

勤務時間:当研究所就業規程に従います。

勤務地:千葉県木更津市かずさ鎌足2-6-7 公益財団法人かずさDNA研究所

応募締切日:平成30年8月31日必着

参考URL:http://www.kazusa.or.jp/

特記事項:応募書類には「シーズ育成プログラム特任研究員応募書類」と朱書してください。
* 応募書類は返却しません。

書類提出先:
〒292-0818 千葉県木更津市かずさ鎌足2-6-7
(公財)かずさDNA研究所企画管理部総務課

問い合わせ先:田畑哲之(E-mail:tabata@kazusa.or.jp

2018-05-14 2018-08-31

From 2018, RIKEN offers up to one junior PI (Principal Investigator) position, a RIKEN Hakubi Fellow position, for an exceptionally talented female researcher for a maximum of 7 years in the framework of the Sechi Kato Program. The RIKEN Hakubi Fellow is expected to engage independently in creative and ambitious research in natural and mathematical sciences, including research areas bordering the humanities and social sciences. Proposals intended to resolve urgent issues that humankind faces today are also welcome (See for example, Sustainable Development Goals of United Nations).
An important goal of the RIKEN Haubi Program is to foster stimulating interactions among the Fellows with diverse backgrounds and to create an intellectual hub of scientists with different disciplines within and beyond RIKEN.

Who is Sechi Kato? – Sechi Kato (1893-1989) is one of the pioneering female scientists who developed spectrometric analysis of organic materials in Japan, and the first female Chief Scientist of RIKEN.

What is “Hakubi”?—Hakubi is a proverb derived from classical Chinese literature.
There were five siblings in ancient China, all excellent, but the most brilliant one had white (haku) eyebrows (bi).

Qualifications
Applicants should be talented female researchers who will be able to engage in research at RIKEN on a full-time basis with basic ability to manage their research laboratories as PIs. A doctoral degree is not necessarily required for this position.

Research environment
In addition to the salary, a successful candidate will be allocated a research budget of 10 to 40 million yen per year depending on the research plan. The Hakubi Fellow is assigned laboratory space of about 150 square meters in total at Wako campus and at one of RIKEN’s branches in Japan if necessary. The final details will be decided through discussions with the Hakubi Fellows Program Head.

Term of employment and salary
Employment starts on April, 2019 or later and the contract period is up to a total of 5 years. Upon evaluation the period is extended 2 years, for a maximum of 7 years.
The annual salary is approximately 10 million yen per year (tax included). In addition, commuting and housing allowances are provided according to the RIKEN rules.

Application and screening procedures
See our website for details: http://www.riken.jp/en/careers/hakubi/sechikato2019/
The first stage of screening will be an evaluation of submitted documents. Successful applicants will then proceed to the second stage, the interview.

Deadline
Applications will be accepted by June 29, Friday, 2018.

Contact Information
RIKEN Hakubi Desk,
Research Personnel Affairs Section, RIKEN
hakubi@riken.jp

2018-05-14 2018-06-29

RIKEN offers junior PI (Principal Investigator) positions, the RIKEN Hakubi Fellows, for exceptionally talented researchers for a maximum of 7 years. RIKEN Hakubi Fellows are expected to independently engage in creative and ambitious research in natural and mathematical sciences, including research areas bordering the humanities and social sciences. Proposals intended to resolve urgent issues that humankind faces today are also welcome (See for example, Sustainable Development Goals of United Nations).
An important goal of the RIKEN Hakubi Program is to foster stimulating interactions among the Fellows with diverse backgrounds and to create an intellectual hub of scientists with different disciplines within and beyond RIKEN.
Several Hakubi Fellow positions are offered each year (see RIKEN Hakubi Fellows succeeded in 2018).

What is “Hakubi”?—Hakubi is a proverb derived from classical Chinese literature.
There were five siblings in ancient China, all excellent, but the most brilliant one had white (haku) eyebrows (bi).

Qualifications
Applicants should be talented researchers who will be able to engage in research at RIKEN on a full-time basis with basic ability to manage their laboratories as PIs. A doctoral degree is not necessarily required for this position.

Research environment
In addition to the salary, a successful candidate will be allocated a research budget of 10 to 40 million yen per year depending on the research plan. The Hakubi Fellow is assigned laboratory space of about 150 square meters in total at Wako campus and at one of RIKEN’s branches in Japan if necessary. The final details will be decided through discussions with the Hakubi Fellows Program Head.

Term of employment and salary
Employment starts on April, 2019 or later and the contract period is up to a total of 5 years. Upon evaluation the period is extended 2 years, for a maximum of 7 years.
The annual salary is approximately 10 million yen per year (tax included). In addition, commuting and housing allowances are provided according to the RIKEN rules.

Application and screening procedures
See our website for details: http://www.riken.jp/en/careers/hakubi/hakubi2019/
The first stage of screening will be an evaluation of submitted documents. Successful applicants will then proceed to the second stage, the interview.

Deadline
Applications will be accepted by June 29, Friday, 2018.

Contact Information
RIKEN Hakubi Desk,
Research Personnel Affairs Section, RIKEN
hakubi@riken.jp

2018-05-14 2018-06-29

募集人員:助教または講師 1名

研究分野:当研究室では分子的解析やイメージング技術を活用して免疫細胞の動態制御を中心に免疫機構の調節とその破たんによる免疫疾患について研究を行っています。技術的には分子生物学・生化学解析によるシグナル伝達、炎症・免疫応答・in vivo, ex vivoイメージング、全反射顕微鏡を用いた免疫シナプスや細胞移動の一分子解析などがあります(ホームページ参照)。これらの分野や手法に経験があり意欲ある博士学位取得または取得見込み者を募集します。これらの分野いずれかに経験があれば免疫学的研究の経験は必須ではありません。

提出書類:
1.履歴書(写真付き)
2.研究業績リスト
3.現在までの研究の概要と抱負
4.推薦者2名の照会先
*書類審査のうえ、面談・講演をしていただくことがあります。

応募締切:適任者が見つかり次第締め切り。

待遇:業績に応じて助教または講師として採用(任期制限はありません)

着任 なるべく早い時期(応相談)

応募書類提出先:
〒573-1010 大阪府枚方市新町2-5-1
関西医科大学附属生命医学研究所分子遺伝学部門 木梨達雄

参照ホームページ:http://www3.kmu.ac.jp/molgent/index.html

問い合わせ先:
E-mail:kinashi@takii.kmu.ac.jp

2018-05-10 2018-08-10

Institute of Molecular Biotechnology(IMBA、ウィーン、オーストリア)の池田ラボでは、ポスドク2名を募集しています。2011年にたちあがった池田ラボでは、炎症反応が細胞死およびオートファジーによってどのように制御されているかをユビキチンバイオロジーに注目して研究を進めています (https://www.imba.oeaw.ac.at/research/fumiyo-ikeda/)。ラボでは、主に生化学的、および分子生物学的な手法、ショウジョウバエ、マウスモデルを用いて実験を行っています。また、池田ラボは炎症性細胞内シグナル、ユビキチンバイオロジーについての世界トップレベルの専門的知識をもっています。IMBAはVienna Biocenter(VBC)内にあるIMP、GMI、MFPL-Vienna Univととても強い交流があり、VBC全体で69か国からの研究者による88グループからなる国際的で大きなユニットとなっています(http://viennabiocenter.org/)。また私たちはVBCユビキチンクラブにおいて、ユビキチンやオートファジー関連のプロジェクトについて活発な活動を行っています(https://www.ub-friends.at/, https://twitter.com/VBC_Ubiquitin?lang=de)。

研究内容:1. スクリーニングにより同定したオートファジー新規制御因子の解析(Ebner P., et al. 2018 Nat Comm), 2. ユビキチンE3リガーゼ複合体LUBACによる炎症性反応制御および分子制御機構の解析 (Kumari S., et al. 2014 eLife, Ikeda F., et al., 2011 Nature, Rahighi S., et al., 2009 Cell), およびこれらに関連するプロジェクト。

募集期間:適任者が決まり次第締め切ります。

応募資格:Ph.D, MD/PhD 取得、或いは取得見込みの方。マウスモデル、もしくは生化学的手法についての専門的知識がある方が好まれますが、必須ではありません。

着任時期:できるだけ早い時期(応相談)

待遇:IMBAの規定に準拠します。

勤務地:ウィーン市内に位置するIMBA研究所。研究所内においては、契約書をはじめすべて英語でやり取りされますので、ドイツ語は必要ありません。ウィーンは8年連続で‘most livable city (Mercer)’第1位に選ばれており、非常に住みやすい市です。文化も豊富で、安全ですのでご家族でも快適に過ごせる場所です。Child careも研究所のあるVienna Biocenter内にあります。現在池田ラボには日本人はいませんが、VBCには約10名の日本人研究者がおり、楽しい交流が育まれています。

応募書類:1. 研究業績を含むCV/履歴書、2. 志望動機、3. 問合せのできる推薦者2-3名の氏名及び連絡先の3点をPDFファイル形式にて下記までお送りください。履歴書には、バックグラウンドについての簡潔な記述もお願いします。形式は問いません。

Fumiyo Ikeda, PhD, DDS
Group leader
Institute of Molecular Biotechnology (IMBA), Vienna Biocenter (VBC)
Dr. Bohr-Gasse 3, 1030, Vienna, Austria
e-mail: fumiyo.ikeda@imba.oeaw.ac.at

2018-05-08 2018-08-08

募集:新世代創薬開発講座 特任准教授 1名

概要:新世代創薬開発講座は、医学系研究科疾患生命工学センター分子病態医科学部門を協力講座とする、AIMタンパク質ならびに関連物質の臨床応用を目指し、その創薬を目的とした開発研究を行う寄付講座です。AIMは、生体内に発生する様々な異物や不要物の除去を促進する役割を有する「液性スカベンジャー」タンパク質で、本講座では、AIMによる腎不全を始めとする各種疾患の予防・治療を目的とした具体的な創薬研究を執り行っています。

職務内容:タンパク質薬開発のためのAIMタンパク質産生系と精製系の効率化と共に、AIMの活性化剤の探索や、これらの基礎となるAIMの生理機能解析やアッセイ系の構築、モデル動物を用いた実験、AIMの構造解析など、AIMの臨床応用・創薬に関連する研究を行います。<参考文献> Nat Med. 22:183-193 (2016); Cell Rep. 9: 61-72 (2014); Cell Rep. 3: 1187-1198 (2013); Proc Natl Acad Sci USA. 108: 12072-12077 (2011); Cell Metab. 11: 479-492 (2010); Cell Metab. 1: 201-213 (2005); J Exp Med. 189:413-422 (1999).

応募資格:理系博士号(PhD)取得者。男女問わず。分子生物学、生化学など医学生物学の一般的な研究知識及び実験技術に精通しており、動物実験の経験を有する方や、あるいは化学・薬学のバックグラウンドを持もつ方を募集しています。ご興味のある方はまずご連絡ください。

契約期間:1年契約で毎年更新あり(最長5年)。

待遇:雇用形態・給与等は東京大学の規定に準ずる。任期制。給与はこれまでの経験・業績を考慮して決定します。勤務中の業績に応じて昇給有。

勤務開始日:採用決定後、手続きが終わり次第。今年度(2018年度)中からの勤務が可能です。

選考方法:書類審査後、面接選考を行う。

提出書類:

(1)履歴書(東京大学統一様式使用のこと)下記リンクからダウンロード願います。
http://www.u-tokyo.ac.jp/per01/r01_j.html

(2)推薦状(2通以上)または照会先(2ヶ所以上)

(3)論文リストおよび主要論文別刷りまたはpdf(数編)

書類送付および問い合わせ先:
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 医学部 臨床研究棟A 8階807号室
東京大学大学院医学系研究科 疾患生命工学センター
分子病態医科学部門  教授 宮崎 徹 宛て
Email:tm@m.u-tokyo.ac.jp

*応募書類封筒に「寄付講座特任准教授応募書類」と朱書し、郵送願います。

*原則として、応募書類は返却いたしませんのでご了承ください。また、応募書類等により知り得た個人情報は、今回の選考及び採用のためのみに使用します。

*面接の際の交通費は応募者において負担願います。

2018-04-25 2018-07-25

募集の概要:国立研究開発法人理化学研究所(以下、研究所)では、生命医科学研究センター 粘膜免疫研究チームにて研究を推進いただく、技師(無期雇用職)を公募します。

配属先研究室:

研究室名:生命医科学研究センター 粘膜免疫研究チーム

研究室主宰者:Sidonia Fagarasan (M.D. PhD)

研究室の概要:私たちは免疫システム、細菌叢、その他身体の主要な生理的システム間の複雑な相互作用の解明を目的として研究を行なっています。

従事する研究課題:採用された方には、腸管における免疫-細菌間相互作用と腸内細菌制御の理解に資する新規アプローチの開発に従事して頂きます。主に用いる実験系は、独自の免疫不全モデルマウスの使用、無菌マウスとノトバイオートマウス(特定の細菌のみを有するマウス)の使用、組織学的解析、細菌のソーティングや宿主への移植実験、細菌培養実験、メタゲノム、トランスクリプトーム解析、などであり、免疫-細菌間相互作用における基本原理の解明に取り組んで頂きます。
詳しくは粘膜免疫研究チームホームページをご参照下さい。

募集職種、募集人数及び職務内容:

募集職種:技師 1名

職務内容:配属先研究室の研究開発課題遂行に加え、配属先研究室での各種業務。

応募資格:関連分野の博士号を有すること。もしくはそれに相応する経験を有すること。

採用後の当初勤務地:
理化学研究所 横浜地区
〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22

待遇:

職制:無期雇用職員(60歳定年)。65歳までの再雇用制度あり。但し、採用時の審査結果によっては任期5年以内の任期制職員として採用され、原則として3年終了後に無期雇用転換審査を実施します。なお、任期制職員として採用された場合の年収・勤務条件は無期雇用職員に準じます。

勤務形態:常勤
給与は、経験、能力、実績に応じた年俸制で、通勤手当、住宅手当の支給有り。社会保険の適用有り。退職金の支給はありません。理研共済会(互助組織)に要入会。休日は、土日、祝日、年末年始(12/29-1/3)、当研究所設立記念日。その他、当研究所規程によります。

その他:科学研究費補助金の申請資格有り。なお、研究室改廃等、経営判断に応じ、転勤・配置転換等の転居を伴う異動を命じる場合があります。

応募方法及び締切日:下記URLにて詳細をご確認の上、ご応募ください。
http://www.riken.jp/careers/researchers/20181416_2/

基本情報登録締切:2018年6月13日17時(日本時間)

推薦書を含む必要書類の提出期限:2018年6月15日17時(日本時間)

2018-04-18 2018-06-13

JT生命誌研究館では、期間を定めて当館研究室の研究テーマに沿った研究を遂行していただく奨励研究員制度(ポスドク相当)を導入しております。この度、橋本研究室の奨励研究員を下記のとおり募集を行います。

1.募集人員:1名

2.研究テーマ:「脊椎動物の初期発生における形態形成機構、または再生機構を探る研究」
私たちは、初期発生や再生現象における多細胞動物の形づくりの過程に興味を持ち協力して研究を遂行してくださる方を募集します。なお、初期発生過程においては主に両生類を用いた神経堤細胞の決定について、再生過程においては両生類の四肢の再生およびプラナリアの再生過程に興味を持っています。

3.研究期間:3年
※研究の進捗状況を見定め、次年度以降の契約を行なわない場合もあります。

4.応募資格:博士の学位を有する者、またはそれに相当すると認められる者。但し事情により上記以外の者であっても選考の対象とすることがありますが、この場合は状況を説明した文書を添付してください。

5.提出書類:

(1)履歴書(市販のもので可、本人写真を貼付、携帯電話番号・メールアドレスを明記)

(2)これまでの研究概要(書式不問、必要に応じて図表の挿入も可)

(3)志望理由と着任後の抱負(書式不問)
→どのように研究テーマに貢献できるか自己アピールする。

(4)学会発表リスト(タイトル、学会名、発表年など)

(5)論文リスト(主要なものについては別刷り同封が望ましい)

(6)所見を求め得る人物の連絡先

(7)その他、研究活動歴を示すのに参考となる事項や、研究活動歴を良く知る人物の推薦状などを付記してもよい。

6.選考方法:

(1)1次選考:提出書類による書類審査
一次選考通過者には、メールにて二次選考のご案内をします。

(2)2次選考:2018年6月下旬 プレゼンテーション・面接(JT生命誌研究館にて)

7.採用時期:採用時期は2018年8月から2019年4月1日の間で相談に応じます。

8.報酬(給与・諸手当):弊社の支払基準による(質問等は下記問い合わせ先まで)

9.勤務条件: 勤務時間:9:00-17:40(内休憩1時間を含む。実働7時間40分)
所定時間外労働:あり
休日:土曜日、日曜日、祝日、夏季休日(5日)、年末年始休日
年次有給休暇:あり

10.各種保険:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険に加入

11.勤務形態:契約社員(1年ごとに更新する)

12.応募締切日:2018年6月1日(金曜日)17:40必着

13.その他:
JT生命誌研究館の基本的な考え方と活動をJT生命誌研究館のホームページ(http://www.brh.co.jp)に掲載しています。応募の前に確認し、理解した上で応募して下さい。

※提出いただいた書類は採用審査にのみ使用します。厳重な管理の下に採用関係者のみが閲覧し、第三者に開示、譲渡、貸与することは一切ありません。

※応募書類は返却いたしませんのでご了承ください。

14.本件に対する問い合わせ先:

(研究内容等に関するお問い合わせ)
(株)生命誌研究館 研究セクター 橋本
Tel: 072-681-9754 Fax: 072-681-9757

(待遇等に関するお問い合わせ)
(株)生命誌研究館 事務セクター 加藤浩聡
Tel: 072-681-9750 Fax: 072-681-9743
メールアドレス: saiyo201804[At]brh.co.jp
*アドレスのAtは送信時に@に読み替えてください。

15.応募書類送付先:
〒569-1125 大阪府高槻市紫町1番1号
(株)生命誌研究館 事務セクター 加藤浩聡
※「橋本研究室応募書類」と明記してください。

2018-04-16 2018-06-01

分野:粘膜防御学分野

募集人員:1名

応募締切:平成30年7月31日(火)

当該分野の概要

構成:教授1名(今回公募分)、准教授1名(採用可)、助教1名(採用可)

研究分野:生体防御医学研究所は、「生体防御」という概念を打ち出す等、我が国の免疫研究をリードし、近年は、附属トランスオミクス医学研究センターを中心にオミクス情報を横断的・統合的に理解する技術基盤の開発に取り組んでいます。平成30年4月1日付で、多階層オミクス研究の基盤技術を活用した最先端免疫研究を推進・実践すべく、「システム免疫学統合研究センター」を新設しました。
今回公募する粘膜防御学分野では、粘膜防御機構の破綻に起因する多様な難治疾患の診断・治療法の開発を目的として、粘膜防御に働く宿主要因を特定・解析すると共に、細菌叢などの共生細菌のゲノムやメタボローム情報などを集積・活用することで粘膜防御機構の基礎研究を推進し、さらに防御機構の破綻による病態の発症機序の解明まで展開する意欲のある方を募集します。着任後、准教授1名及び助教1名を新たに採用することができます。

応募資格:粘膜防御学の分野で顕著な業績をあげ、研究と教育にすぐれた指導能力を有する者。原則として博士号取得者とします。大学院教育においては、医学系学府又はシステム生命科学府のいずれかを担当していただきます。

研究室:総合研究棟8階(竣工平成16年)。感染実験が可能な専用のマウス飼育施設有り。赴任時に研究室立ち上げのための経費の支援を予定しています。なお当研究所は、最先端の研究機器を整備し、研究推進ユニットが研究支援(超高速DNAシーケンサー、マイクロアレイ、電子顕微鏡、NMR及びX線構造解析、プロテオーム・メタボローム解析、遺伝子改変動物作製サービスなど)を提供しています。
詳しくはホームページをご覧下さい。(http://www.bioreg.kyushu-u.ac.jp/index.html

任期:5年、再任可

提出書類:

①推薦書(様式任意)

②履歴書(様式1)

③履歴書の記載内容に関する申立書

④業績目録(原著論文(査読ありのみ)、国際学会Proceedings、総説、著書、学会発表、学会賞、特許等)(様式2-1~2-6)

⑤原著論文別刷り主要なもの3編および主要な総説数編以内

⑥研究費採択状況一覧(最近5年間)(様式3)

⑦教授選IF 等一覧表(様式4)

⑧これまでの研究内容と今後の方向性(日本語でそれぞれA4 紙1枚程度)
(様式はJREC-IN https://jrecin.jst.go.jpからダウンロード可能)

着任時期:平成30年12月1日予定(応相談)

書類提出先:
〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
九州大学医系学部等総務課人事第二係

※提出書類⑤はPDF ファイル形式にて、USBメモリ等のメディアに保存して提出願います。

※郵送の場合は、封書の表に「システム免疫学統合研究センター教授応募書類在中」と朱書し、必ず書留で送付願います。

問い合わせ先:
〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
九州大学生体防御医学研究所システム免疫学統合研究センター 粘膜防御学分野
教授選考委員会委員長 中別府 雄作
電話 (092)642-6800 Fax (092)642-6971
E-mail: yusaku@bioreg.kyushu-u.ac.jp
http://www.bioreg.kyushu-u.ac.jp/index.html

その他:
九州大学では男女共同参画基本法(平成11年法律第78号)の精神に則り、教員の選考を行います。
〔九州大学男女共同参画推進室〕http://danjyo.kyushu-u.ac.jp/
また、九州大学では「障害者基本法(昭和45年法律第84号)」、「障害者の雇用の促進等に関する法律(昭和35年法律第123号)」及び「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(平成25年法律第65号)」の趣旨に則り、教員(職員)の選考を行います。

2018-04-16 2018-07-31

募集内容:研究員(ポスドクまたは博士課程大学院生):若干名

研究内容:研究のキーワードは、「メカニカルストレス(物理的刺激)による生体恒常性維持」— 平たく言うと、「適度な運動・適切な理学療法による健康維持・増進」です。研究対象臓器・組織は特に限定していませんが、脳(神経)・心血管・筋・骨・関節を重点的に解析します。メカニカルストレスが細胞に感知され、その受容体である「メカノセンサー」を介して生体恒常性を維持する機序を明らかにします。これにより、老化や炎症を食い止める「適度な運動」を分子生物学的に定義することを目指します。また、メカノですから、これを利用した医療用機器の開発も視野に入れています。マッサージ・ストレッチ・ヨガ・温泉(温浴)・サウナで楽になるのもメカニカルストレス効果と真剣に考えて研究を進めています。

求める人材:大学院修士課程若しくは大学院博士前期課程又は6年制の医・歯・薬・獣医学部修了以上の経歴をもち、他に常勤的職業に就いておられない方(したがって、大学院博士課程の身分を保持しながらこちらで研究員あるいは研究生として研究を遂行することは可能です)。分子・細胞レベルからラットやマウスを用いた個体レベルの解析を行いますが、やる気のある方なら経験は問いません。

勤務地:埼玉県所沢市・・・西武新宿線新所沢駅から徒歩10分弱です。

待遇・着任時期・選考方法・応募締切:国立障害者リハビリテーションセンター研究所・流動研究員として平成30年7月1日採用予定。応募締切は平成30年5月16日(必着:下記HP参照)。
http://www.rehab.go.jp/ri/boshu/h30ryudo.html
又は
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=4&id=D118040024&ln_jor=0
まず下記にご連絡いただければ詳しくご説明いたします。

お問い合わせ:
〒359-8555 埼玉県所沢市並木4-1
国立障害者リハビリテーションセンター研究所・運動機能系障害研究部
澤田 泰宏(さわだ・やすひろ)
Phone: 04-2995-3100 (ext 2501), Email: ys454-ind@umin.ac.jp
http://www.rehab.go.jp/ri/undou/deptrehabmovfunct_j.htm
http://www.rehab.go.jp/ri/undou/2015May/150514sawada.pdf

2018-04-06 2018-05-16

公募人員:分子生物学部門 准教授または講師1名

専門分野:分子生物学、分子医学
分子生物学部門に所属し、部門所属教員(岸本利彦教授)と協力して学部・大学院の教育、研究にあたる。分子生物学および細胞生物学のバックグラウンドを持ち、細胞レベルでの形質転換・適応応答およびエピジェネティクスに関して研究を展開し、学生教育にも意欲のある方。

担当講義:
分子医学・分子生物学・細胞生物学系授業、科学英語、学生実習(学部)
英語による専門科目(大学院)

資格:博士号取得者。学部学生、大学院生の教育・研究指導の経験があること

着任時期:2019年4月1日

提出書類:

(1) 履歴書

(2) 業績リスト

(3) 主要論文の別刷 5編

(4) 研究概要と今後の研究・教育の抱負(2,000 字以内)およびキーワード(5つ以内)

(5) 意見をうかがえる方2名のお名前と連絡先

ただし (2) から (4) は PDF ファイルを CD に記録したものを提出して下さい(バックアップをお手元に保存して下さい)。

応募締切:2018年6月1日(金)消印有効

書類提出先:
〒274-8510 船橋市三山 2-2-1
東邦大学理学部生物分子科学科 学科主任室 宛
封筒に「生物分子科学科教員応募書類在中」と朱書し、簡易書留にて送付して下さい。

問い合わせ先:
E-mail: apply18@ext.toho-u.ac.jp (@マークが全角になっています。ご注意ください。)

・提出書類の返却を希望される場合は、返信用封筒(住所と氏名を記入)を同封して下さい。

・返却を希望されない場合、提出書類は責任をもって廃棄します。

・個人情報はこの選考以外の目的に使用することはありません。

・本学はダイバーシティの推進に取り組んでおり、女性の積極的な応募を歓迎致します。

2018-04-02 2018-06-01

人員:教授 1名(常勤:任期なし)

所属部門:機能生物化学グループ (教授:山口武夫*、倉岡 功、准教授:福田将虎、助教:塩井成留実、永留重実、教育嘱託:田中英彦* 在任、*平成31年3月31日退職予定)

専門分野:生物化学

担当:一般化学、生物化学、生物物理化学、一般化学および生物化学実験、卒業論文、修士および博士論文の指導

着任時期:平成31年4月1日

応募資格:博士の学位を有し、教育活動に意欲的に取り組むとともに、分子レベルで細胞機能を解析するなどの先導的研究を独立して推進できる方

提出書類:

(1) 履歴書 (写真添付)

(2) 研究業績リスト(原著論文、著書、紀要、総説、その他、外部資金獲得状況に分類)

(3) 主要論文別刷(またはコピー)10編以内

(4) これまでの研究概要と今後の教育・研究に対する抱負(2000字以内)

(5) 所見を求め得る方2名の氏名と連絡先

応募締切日:平成30年7月2日(月)(消印有効)

応募書類提出先:
〒814-0180 福岡市城南区七隈8-19-1
福岡大学理学部化学科 主任 祢宜田啓史
電話:092-871-6631(内線6214) E-mail: negita@fukuoka-u.ac.jp
ホームページ:http://www.sci.fukuoka-u.ac.jp/chem
封筒に「機能生物化学グループ教員応募書類在中」と朱書の上、簡易書留で郵送のこと
(応募書類は選考のみに使い、返却しませんのでご了承ください)

問合先:
福岡大学理学部化学科 倉岡 功
電話:092-871-6631(内線6222) E-mail: kuraoka@fukuoka-u.ac.jp
ホームページ:http://funcbio.com

その他:着任後、速やかに助教の公募・採用を進めていただく予定です
福岡大学は男女共同参画を推進しています

2018-03-27 2018-07-02

Oklahoma Medical Research Foundation (OMRF)のLijun Xia, M.D., Ph.D.のラボにて、R01 グラントの取得に伴い、新たにポスドクを探しております。
Dr. XiaはCardiovascular Biology Programの8つのラボを束ねるヘッドをしており、新進気鋭の研究者です。もともとは糖鎖生物学を基軸に研究が進められて来ましたが、ここ15年ほどは遺伝子改変マウスや培養細胞、臨床検体または患者由来iPS細胞を用いて、血管やリンパ管の構築とその破綻や、腸内細菌叢と疾患との関係について研究を展開しています。他には腫瘍や骨発生、ヒト疾患遺伝学、血小板の生物学など多岐に渡るテーマも並行して行われています。今回は特に血管の発生や破綻に関する研究に従事していただくことになると思います。
同じフロアには私を含め、日本人が4名おり、真向いに位置するオクラホマ大学にはたくさんの日本人が在籍しており、仲良く協力しあっています。オクラホマには賑やかさはありませんが、大自然溢れる環境で、いい意味で日本から隔離された環境で留学を楽しめるのではと思います。
興味がありましたら、Dr. XiaにCover LetterとCurriculum Vitaeを送られてください。
Dr. Xiaやラボの人たちの人柄、一般的な留学に関すること、オクラホマの生活環境などについて質問がありましたら、私までご連絡ください。よろしくお願いいたします。
(近藤裕史: Yuji-Kondo@omrf.org)

以下が募集内容となります。

Title: Post-doctoral Fellow (Full-Time)

Job Summary/Basic Function: Post-doctoral research positions are available to study vascular and platelet biology using conditional gene knockout mice as models. Seeking self-driven, highly motivated individuals. Willingness to interact with other members of the laboratory in a way that raises the scientific excellence of the whole group. This position will focus on projects that lead to high quality publications. Research backgrounds with mouse models, vascular biology, platelet biology, and glycobiology is preferred but not required.

Minimum Qualifications: Ph.D., M.D., or Ph.D./M.D.

Contact:
Lijun Xia, M.D., Ph.D.
Cardiovascular Biology Research Program, MS 45
Oklahoma Medical Research Foundation
825 N.E. 13th Street, Oklahoma City, OK 73104
E-mail: Lijun-Xia@omrf.org

2018-03-22 2018-09-22

本医学系おける主要研究課題「細胞の増殖と分化の分子機構の研究」の推進を目指した研究組織強化の一環として、組織細胞学研究分野担当の助教候補者の選考を行うことになりました。遺伝子発現のエピジェネティック制御機構の異常が、自閉症などの精神神経疾患の発症に関与することが知られています。当該分野では、「精神神経疾患の分子メカニズム」の解明を目指して、分子レベルから個体レベルまでの研究を展開しています。アプローチとして、分子生物学、マウス発生工学、病理組織学、神経生理学的手法を駆使して上記課題に取り組んでいます。

1 選考方針:博士の学位を有し、分子生物学・神経科学における十分な知識と研究経験を有する者。研究テーマとして、自閉症などの精神神経疾患のメカニズムの解明に貢献できる者を募集します。

2 職名:助教1名

3 職務内容: 分子生物学・神経科学に関する研究
以下の組織における、講義、実習及び研究指導等
・学士課程における組織学に関する共通教育・専門教育
・大学院医薬保健学総合研究科修士課程及び博士課程における分子生物学・神経科学に関する専門教育
(将来的に、英語での授業をお願いすることがあります)

4 採用予定:平成30年9月1日(土)以降のできるだけ早い日

5 公募期限:平成30年6月11日(月)17時 必着

6 任期等:任期付き(5年 再任可)

○再任審査事項
1)講義、実習、演習、研究指導等の教育活動
2)論文発表、学会発表、研究資金獲得状況等の研究活動
3)大学及び社会への貢献等

7 待遇:就業規則等については、下記のURLをご覧下さい。なお、給与は学歴・職務経験等を考慮して決定されます。
http://www.kanazawa-u.ac.jp/university/administration/regulation/rules

8 必要書類:

(1)推薦書(必ずしも必要とはしない。ただし提出しない場合は問い合わせのできる2名の氏名、所属、住所、電話番号、電子メールアドレスを添付すること)

(2)履歴書 1通(様式1)

(3)業績目録 1通(様式2)

(4)主要論文 3編 各編別刷7部(コピー可)

(5)研究・教育に関する実績と抱負(2,000字以内、様式自由)

※上記書類は、選考後においても返却しません。

※様式1・2は以下のページよりダウンロードできます。
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D118030576&ln_jor=0

9 書類提出先:
〒920-8640 金沢市宝町13番1号
金沢大学医薬保健研究域医学系長あて
(親展とし、表書きに「組織細胞学研究分野助教応募」と朱書きし、郵送の場合は書留でお願いします)

10 本件問合せ先:
事務担当:医薬保健系事務部総務課人事係長 下出
TEL.076-265-2112 FAX.076-234-4202

11 付記:

(1) 金沢大学では、教員の英語による教授能力の向上、英語による開講科目の増設等を前提とした英語教育の強化に取り組んでおります。

(2)本学においては、男女共同参画を推進しており女性教員の積極的な登用を行っております。詳しくは、下記URLをご覧ください。ついては、多数の女性研究者の応募をお待ちしております。
http://cdl.w3.kanazawa-u.ac.jp/

(3)選考の過程でご来学の上、ご講演を願うことがあります。(交通費の支給はありません)

2018-03-20 2018-06-11

1. 概要:海上自衛隊潜水医学実験隊に勤務し、「減圧症その他の高気圧障害に関する調査研究」「潜水医学に関する生理、生化学に関する調査研究」「環境衛生に関する調査研究」に携わる、防衛省職員(研究職)の採用試験を行います。

2. 職種・分野等:防衛技官(研究職)・生物

3. 応募資格:

1 生物化学に関する知識を有する者(理学部、農学部、体育学部等において、生物化学又は生化学、労働科学を専攻した者)

2 大学を卒業した者
ただし、次のいずれか一つに該当する者は、この試験を受験できません。

(1) 日本の国籍を有しない者

(2) 自衛隊法第38条第1項の規定により防衛省職員となることができない者

  ア 成年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む。)

  イ 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの者

  ウ 法令の規定により懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者

  エ 日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

(3) 自衛隊法第44条の2(自衛官以外の隊員の定年及び定年による退職の特例)に該当する者(この選考採用による官職では、平成30年度中に60歳に達する者)は、法令の規定により採用できません。

4. 募集人員:1名

5. 着任時期(採用予定日):平成30年10月1日(予定)

6. 待遇給与等:採用時の給与は、勤務経験等によって格付けされる級及び号俸により異なります。

7. 提出書類:

ア 防衛省職員受験申込書 2部(必要事項を記入し、写真(申込前6ヶ月以内撮影、上半身、脱帽、正面向きのもので、縦4cm×横3cm、本人と確認できるもの。写真の裏面には氏名を記入)を貼ったもの。)

※ 写真が貼られていない場合又は写真が不鮮明等受験写真として不適当な場合は受理しない場合があります。

イ 履歴書(市販のもの) 1部

ウ 最終学校の卒業証明書の写し又は修業証明書

8. 応募締め切り:平成30年6月13日(水)必着のみ受け付けます。

9. 応募書類送付先、問い合わせ先:
〒238-0046 神奈川県横須賀市西逸見町1丁目無番地
横須賀地方総監部管理部人事課職員人事管理室
(電話046-822-3500(代表)内線2303、2309)

10. 備考、その他:
1次試験実施日 平成30年6月24日(日)
2次試験実施日 平成30年7月下旬以降、指定する1日
詳細に関しましては、募集要項
http://www.mod.go.jp/j/saiyou/sonota/pdf/kaij_kenkyu_boshu.pdf
をご覧ください。

2018-03-20 2018-06-13

1.公募職名・人員:准教授又は助教 あわせて若干名
(※教授としての採用を考慮する場合もあります。)

2.採用時期:原則として平成31年4月1日

3.任期:任期は5年間
採用後の業績等により、再任前の任期と合わせて10年以内の任期で再任を行う場合があります。また、優れた業績を出された場合は、昇任又は任期のない職への任用を行う場合があります。

4.勤務条件等:情報・システム研究機構職員就業規則等が適用されます。
給与については、原則として、情報・システム研究機構年俸制適用職員給与規程等によります。ただし、国立大学法人等から採用される者のうち、情報・システム研究機構職員退職手当規程により退職手当が通算される者については、引き続き教育職基本給表の適用を選択することもできます。

5.NIIの特徴と期待される研究者:国立情報学研究所(NII)の使命は、我が国唯一の情報学の学術総合研究所として、情報学という学術分野において長期的な視点に立つ基礎研究ならびに社会課題の解決を目指した実践的な研究を推進することにあります。同時に、大学共同利用機関として学術コミュニティ全体の研究・教育活動に必須である学術情報基盤、即ち、大学や研究所を結ぶネットワーク(SINET5)の運用、学術コンテンツならびにサービスプラットフォームの提供等の事業を展開・発展させること、そして、これらの活動を通して人材育成と社会・国際貢献に努めることも重要な使命です。
以上を踏まえて、我が国における情報学分野の未来を自身が開拓するという気概を持ち、トップカンファレンス・トップジャーナル等で戦える成果の創出、あるいは、社会に貢献できる成果を具現化できる研究者を求めます。
なお、NIIは、豊富な研究時間を提供するなど、研究に集中出来る環境を整えることにも努めています。

6.研究開発分野:下記のトピックに適合することが望ましいが、必ずしも限定するものではありません。

(1)情報学プリンシプル研究分野
アルゴリズム、人工知能、機械学習、ディープラーニング、ビッグデータ解析、データマイニング、数理モデリング、数値解析、計算科学、Web情報学、脳神経科学、量子情報、あるいはこれらの境界領域等に関する新しい原理・理論や、新たな応用への可能性を創出する先端研究

(2)アーキテクチャ科学研究分野
ポスト・インターネット、サイバーセキュリティ基礎、ソフトウェア・ハードウェアアーキテクチャ、分散・クラウドコンピューティング、プログラミング言語、システム性能・ログ解析基盤、ディペンダブルシステム、Internet of Things (IoT)、並列処理・並列プログラミング

(3)コンテンツ科学研究分野
自然言語処理、コンピュータビジョン、画像処理、音響情報処理、コンピュータグラフィックス、ヒューマン・コンピュータ・インタラクション、データ工学、Webマイニング、ソーシャルメディア、コミュニティ解析、バイオメトリクス、機械学習・ディープラーニング応用等の展開にわたる研究開発

(4)情報社会相関研究分野
プライバシー情報保護活用、次世代匿名化、データ・ガバナンス、次世代IR基盤、データ政策、データ活用人材育成、デジタル・ヒューマニティーズ、ITヘルスケア、データ信頼性評価、シェアリングエコノミー、デジタル・エデュケーション、オープンイノベーション基盤等に関する研究開発

7.資質・経験等:各分野において、独創的かつ革新的な研究や新しいコンセプトによる情報システムの研究開発を遂行するのに充分な資質と意欲を有する者

8.応募資格:原則として博士の学位取得又は取得見込みの者(人文・社会科学系の研究者にあっては、これに準ずる者を含みます。)

9.応募書類:

(1)履歴書(別紙様式1)
希望研究部門(研究開発分野)、職種(准教授又は助教)を記入してください。

(2)研究・開発業績(別紙様式2)
論文、著書を公表年順に記載し、主要業績3編について、別刷(コピー可)各3部を添付してください。

(3)学会における活動状況(別紙様式3)

(4)職域における活動状況(別紙様式4)

(5)社会における活動状況(別紙様式5)

(6)推薦書/照会先
推薦書が有る場合、同封してください。推薦書がない場合、応募者の業績について照会できる方の氏名、連絡先を記入してください。

(7)就任後の抱負
任意の様式(2,000字程度)

※主要業績3編の別刷りを除き、書類はすべて片面印刷としてください。また、ホチキス留めはせず、クリップ等を使用してください。

※別紙様式は、以下のページからダウンロードできます。
http://www.nii.ac.jp/about/recruit/2018/0222.html

10.応募期限:平成30年5月31日(木)【必着】

11.選考方法:書類審査及び面接
書類審査合格者を対象に面接を行います。面接は、6月下旬から7月中旬の国立情報学研究所が指定した日時に行います。面接日時の変更には応じられません。なお、面接に要する旅費、宿泊費等は応募者の負担とします。

12.採否(内定)通知:平成30年9月末日頃までに本人あてに採否(内定)を通知します。

13.問合せ先:

(1)応募書類、身分等について
情報・システム研究機構国立情報学研究所総務部総務課人事チーム
電話:03-4212-2025~2026  FAX:03-4212-2035
E-mail:koubo2018@nii.ac.jp

(2)研究内容について
情報・システム研究機構国立情報学研究所
情報社会相関研究系・教授  佐藤一郎
電話 03-4212-2546  E-mail:koubo2018@nii.ac.jp

14.応募書類の送付先:
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2丁目1番2号
「情報・システム研究機構国立情報学研究所長」宛
(※ 必ず配達証明相当がある方法で送付してください。電子メールや持参では受付していません。)

15.その他:

(1)封筒に「応募書類在中(研究教育職員)」と朱記し、「情報・システム研究機構国立情報学研究所長」宛の書留郵便・宅配便等、配達証明相当がある方法で送付してください。(他の名義宛で送付しないでください。)

(2)応募書類は原則として返却いたしません。

(3)個人情報の取扱いについて
本公募に関連して提出された個人情報については、選考の目的に限って利用し、選考終了後は、職員として採用される方の情報を除き、全ての個人情報は責任をもって破棄します。
職員として採用される方については、人事、労務、給与関係処理等採用手続き及び研究・教育等、所内の各種手続きに使用させていただきます。

(4)国立情報学研究所では、男女共同参画への取り組みとして、女性研究者の積極的登用を行っています。本公募においても、業績(研究業績、教育業績、社会貢献等)の評価において同等と認められた場合には、女性を積極的に採用します。

(5)国立情報学研究所では、国内外の大学等との人事交流を促進するため、クロスアポイントメントの考え方に基づいた雇用も考慮いたします。

※ 本件については、国立情報学研究所ホームページ(http://www.nii.ac.jp/about/recruit/)に掲載されています。

2018-03-14 2018-05-31

1.募集内容:
職名・人員 准教授または講師・1名
所属 生体調節研究所

2.事業者名:国立大学法人群馬大学

3.採用予定年月日:平成30年9月1日以降

4.任期:5年。任期中に業績評価・審査を実施し適格となった者は、任期の定めのない教員となります。(不適格となった場合の再任はありません。)

5.試用期間:6ヶ月

6.組織概要:生体調節研究所は、内分泌・代謝学における国内唯一の基礎医学研究所として、メタボリック症候群など社会的要請の高い内分泌・代謝疾患の研究を行い、高水準の研究成果を世界に向け発信することを目的としています。今回、本研究所の細胞構造分野においてモデル動物(特にマウス、線虫)を用いた細胞生物学、遺伝学、もしくは発生学研究に精通し、当該分野教授のもとで細胞内物質輸送の生理機能および分子メカニズム、およびオルガネラ機能の研究を推進可能な准教授または講師を1名公募します。本研究分野では、動物個体の初期発生等の高次生命現象における細胞内物質輸送やオルガネラ機能制御の分子機構、またその破たんにより生じる疾患等に焦点をあてて研究しています。着任後は医学部および医学系研究科大学院の学生教育にも協力していただく予定です。

7.職務内容:生体調節研究所において、次に掲げる業務を中心的に行う准教授または講師の職務

(1)内分泌・代謝学に関連する先進的基礎医学研究を国際的に推進する。

(2)モデル動物を用いた細胞内物質輸送,オルガネラバイオロジーの研究を行う。

(3)上記に関連した大学院生及び学部生の教育に携わる。

(4)その他、群馬大学や生体調節研究所の運営に関わる業務

8.待遇:
給与 年俸制
労働日 月曜日から金曜日
勤務形態 専門業務型裁量労働制
(8:30~17:15を基本とし,労働者の決定に委ねる)
休日等 土曜・日曜・祝日・年末年始(12/29から翌年の1/3)年次有給休暇あり
手当 通勤手当(通勤2km以上、交通機関利用者・自家用車等利用者に限る)、住居手当、扶養手当等
社会保険 国家公務員共済組合、労働保険等に加入
※詳細は本学教職員就業規則に基づく

9.応募資格等:次の要件を全て満たす先端的な科学研究を積極的に推進する研究者を求めます。

(1)博士の学位を有する者

(2)生活習慣病の発症機序解明など内分泌・代謝学の基礎医学研究を推進できる者、特に細胞内物質輸送、オルガネラバイオロジーに関連する研究を推進できる者

(3)海外研究機関とグローバル化を目指した研究展開ができる者

10.応募期限:平成30年5月18日(金)必着

11.選考:

(1)書類審査(一次選考)を行います。

(2)一次選考通過者には,面接・プレゼンテーションを行っていただきます。

※面接・プレゼンテーション等の詳細については,後日連絡します。

(3)選考結果は,平成30年8月末までに郵送で通知する予定です。

12.応募書類:

(1)履歴書 (別紙様式1)

(2)業績目録 (別紙様式2)及び業績リストを含むExcel file

(3)科学研究費助成事業(科研費)等受給状況(別紙様式3)

(4)代表論文の別刷(5編以内、コピー可)

(5)これまでの研究概要及び今後の研究に関する抱負(3,000字程度)

(6)推薦書(様式任意)2通、1通は現所属以外からとする

(7)研究不正に関する誓約書(別紙様式4)

(8)推薦書以外の上記様式、論文をWordファイル及びExcelファイルとして保存したCD、DVD、USBなどの記憶媒体 ※応募書類(別紙様式)は生体調節研究所ホームページ(http://www.imcr.gunma-u.ac.jp/)からダウンロードできます。

13.書類送付先:
〒371−8512 前橋市昭和町三丁目39−15
群馬大学生体調節研究所細胞構造分野准教授選考委員長宛

※応募封筒の表には必ず「細胞構造分野准教授応募書類在中」と朱書きし、書留郵便にて郵送してください。

※応募書類は返却しません。

14.その他:群馬大学は男女共同参画を推進しており、業績(研究業績、教育業績、社会的貢献等)及び人物の評価において同等と認められた場合には、積極的に女性を採用します。また、グローバル化の推進に貢献できると認められる場合、外国人の採用も積極的に進めます。

15.問合せ先:

【採用に関すること】
群馬大学昭和地区事務部研究所庶務係 関根
電話027−220−8822(直通)
E-mail: kk-msomu4@jimu.gunma-u.ac.jp

【研究内容に関すること】
細胞構造分野担当教授  佐藤 健
E-mail:sato-ken@gunma-u.ac.jp

※応募書類に記載された個人情報は、選考及び採用後の人事・給与・福祉関係に必要な手続きに利用するものであり、この目的以外に利用、ないし他に提供することはありません。

2018-03-14 2018-05-18

1.人員:助教1名

2.所属部門:機能生物化学グループ (教授:山口武夫*、倉岡 功、准教授:福田将虎(平成30年4月1日着任予定)、助教:塩井成留実、永留重実、教育嘱託:田中英彦* 在任、*平成31年3月31日退職予定)

3.専門分野:生物化学(タンパク質レベルでの生物機能に関する研究)

4.担当:一般化学実験、生物化学実験、卒業論文および修士論文の指導補助など

5.着任時期:平成31年4月1日

6.応募資格:博士の学位を有し(着任時に取得可能な方を含む)、教育活動に意欲的に取り組むとともに、倉岡 功教授と協力して化学的なアプローチで生物化学分野の研究を推進できる方

7.提出書類:

(1) 履歴書 (写真添付)

(2) 研究業績リスト(原著論文、著書、紀要、総説、その他、外部資金獲得状況に分類)

(3) 主要論文別刷(またはコピー)3編以内

(4) これまでの研究概要と今後の教育・研究に対する抱負(2000字以内)

(5) 所見を求め得る方2名の氏名と連絡先

8.応募締切日:平成30年6月1日(金)(消印有効)

9.応募書類提出先:
〒814-0180 福岡市城南区七隈8-19-1
福岡大学理学部化学科主任 祢宜田啓史
電話:092-871-6631(内線6214)  E-mail: negita@fukuoka-u.ac.jp
ホームページ:http://www.sci.fukuoka-u.ac.jp/chem
封筒に「機能生物化学グループ教員応募書類在中」と朱書の上、簡易書留で郵送のこと
(応募書類は選考のみに使い、返却しませんのでご了承ください)

10.問合先:
福岡大学理学部化学科 倉岡 功
電話:092-871-6631(内線6222)  E-mail: kuraoka@fukuoka-u.ac.jp
ホームページ:http://funcbio.com

11.その他:福岡大学は男女共同参画を推進しています

2018-03-09 2018-06-01

1 所属:形質遺伝研究部門(神経科学)

2 職名・募集人数:助教 1名

3 採用条件:マウスを用いた神経科学研究において経歴に応じた優れた研究実績を有し、岩里琢治教授と協力して、マウス体性感覚野を主要なモデルとした神経回路の生後発達機構の研究に意欲的・主体的に取り組み、当該分野の発展に貢献できる研究者。

4 雇用期間:5年
評価に基づき1回に限り5年の再任可能(ただし、2013年4月1日以降、情報・システム研究機構と雇用契約がある者については、助教着任までの期間を再任期間に通算する)

5 給与:年俸制を適用する

6 採用予定時期:決定後できるだけ早い時期

7 応募締切:2018年5月8日(火)正午必着

8 提出書類:

(1)履歴書(英文・和文各1通、年号は西暦、Eメールアドレス記入)

(2)学術論文、総説などの目録(複数著者の場合はあなたの貢献を簡単に説明してください。主要論文の番号に○印を付してください。)

(3)現在までの研究の概要と将来の方向・希望(英文1,500語以内。必要に応じて図を加えてください。)

(4)本人について評価できる研究者(2~4名、国外の研究者を1名以上含むことが望ましい)の氏名と連絡先

(5)略歴書(ホームページに書式を掲載)

(6)主要論文別刷

*応募に係る個人情報は個人情報保護法及び本機構規定に基づいて適切に管理し、選考および採用の目的以外には使用いたしません。

9 提出方法:
提出書類(1)-(6)は、できるだけEメールでお願いします。

(a)メール題名(Subject:)を、「形質遺伝研究部門助教応募」とし、メール本文にもその旨明記してください。

(b)提出書類(1)-(4)の内容は改頁で区切り、一つのファイルにしてメール添付で送付ください。ファイル形式はMS-Wordまたはpdfでお願いします。また、(5)の略歴書については、様式をホームページからダウンロードの上記入してください。
https://www.nig.ac.jp/nig/ja/2018/02/information_ja/neurogene0508.html

(c)(6)の主要論文は、pdfファイルをメール添付でご送付ください。また、wwwで閲覧可能なものに関してはhttpアドレスを含んだリストをメール本文に記入してください。

*メールでの応募が不可能な場合には、郵送での応募も受け付けます。
郵送は、応募する部門・研究室名及び職名を封筒に朱書きし、書留で送付ください。
また、メール着信後、2営業日以内に受信した旨返信いたします。

国立遺伝学研究所は、男女共同参画の精神にのっとり、女性研究者の積極的登用を行ってきました。本公募においても、研究、教育、社会貢献等における能力・業績を総合的に判断し、同等と認められた場合には、女性を積極的に採用します。

【提出・問い合わせ先等】
情報・システム研究機構国立遺伝学研究所人事委員会(人事・労務チーム)
E-mail:nigjinji@nig.ac.jp

郵送:〒411-8540 静岡県三島市谷田1111番地
電話:055(981)6716(直通) Fax:055(981)6715
ホームページ:https://www.nig.ac.jp/nig/ja/
国立遺伝学研究所組織図:https://www.nig.ac.jp/nig/ja/research/organization-top/laboratories

2018-02-28 2018-05-08

テキサス大学 (The University of Texas Health Science Center at Houston) 歯学部の岩田研究室では、 研究員およびテクニシャンを1名ずつ募集しております。
当研究室では、膜輸送と細胞内代謝の機構を精力的に研究しております。特に、頭蓋や顔面(口蓋、筋肉、唾液腺、歯など)の発生や疾患過程を遺伝子改変マウスを使って解析しています。マウスを使った実験の経験があり、やる気と協調性を持って仕事のできる方を求めています。大型研究費が採択されたのを機に、ラボの拡大をしているところですので、留学中にしっかりした仕事をしたい人は是非アプライしてください。その後のキャリアについても最大限のサポートをします。
ヒューストン医療センターは世界屈指の規模を誇り、街の治安も非常によいことから、研究と居住の両方において理想的な環境です。日本食材も容易に手に入りますし、日本語補習校の規模も大きく、日本人コミュニティーもしっかりしています。研究者間のコラボレーションやセミナーも多く、非常に充実した研究環境で仕事ができます。なお、生活準備のサポートもしますので、はじめての海外生活の方も安心して生活がはじめられると思います。

研究内容:組織学的手法、生化学的手法、分子生物学的手法を組み合わせて仕事を進めていきます。やる気のある方で、いっしょに研究を高めていけるような人材を求めています。日本で研究に没頭していた人で、海外留学を機にもっとチャレンジをしてみたい人にはいろいろなテーマに関わるチャンスがあります。

応募資格:組織学的解析あるいは細胞を使った実験手技のいずれかを十分に取得されている方を希望しています。遺伝子改変マウスの解析経験や知識があることが望ましいです。ただし、日本で基礎研究に従事していた方であれば、こちらでの仕事にもすぐに馴染めると思います。 発生に興味のある人や将来独立したラボを持ちたい人にとっては、非常にいい経験ができると思います。

着任時期:出来るだけ早い時期(応相談)

任期:1年から

待遇:テキサス大学の規定による。

応募書類:興味のある方は、英文の履歴書(大学以降の学歴および職歴、論文リスト、実験技術、3名の推薦者の連絡先)をJunichi.Iwata@uth.tmc.eduまで、Emailで送ってください。

 
岩田 淳一
Junichi Iwata, DDS, PhD
Assistant Professor
The University of Texas Health Science Center at Houston
School of Dentistry
Email: Junichi.Iwata@uth.tmc.edu

2018-02-21 2018-05-21

米国オハイオ州シンシナティ市にあるCincinnati Children’s Hospital Medical Center (CCHMC), Division of Reproductive Sciences & Human Genetics にて、2018年2月より研究室を立ち上げました。これに伴い、博士研究員を2名募集します。

研究内容:哺乳類生殖細胞の発生制御にかかわるRNA制御機構を研究します。複数のRNA結合タンパク質から成る制御ネットワークを、コンピューター解析、生化学・分子生物学的解析を組み合わせて定量的に解析することで、新しい制御モデルの構築を目指します。実験モデルとして、各種培養細胞、ES細胞からの生殖細胞分化誘導系、細胞移植、条件KOマウス、ヒト組織初代培養などを用います。こうした経験のある方、それに興味のある方を歓迎します。これらの業務に自信がない方も、こちらでトレーニングを積むことができます。ぜひご相談ください。

参考文献:1. Yamaji, M. et al. Nature (2017); 2. Yamaji, M. et al. Cell Stem Cell (2013); 3. Saitou, M. & Yamaji, M. Cold Spring Harb Perspect Biol (2012); 4.Yamaji, M. et al. Nature Genetics (2008).

募集期間:適任者が決まり次第締め切ります。

赴任時期:できるだけ早い時期(応相談)

応募資格:Ph.D, MD, or MD/PhD 取得、或いは取得見込みの方

待遇:CCHMCの規定に準拠します。NIH規定とほぼ同等です(目安として、博士号取得1年目の方の場合、2017年の水準で47,000ドル/year, 520-530万円程度です)。これに、福利厚生と年次昇給がつきます。

勤務地:CCHMCは全米第3位の小児病院です。基礎から臨床まで幅広い研究領域をカバーし、最新鋭の研究機器が共同利用可能になっています。クリニカルサンプル、ヒトサンプルへのアクセスが容易で、基礎生物学研究からヒト遺伝学研究まで効率よく研究する環境が整っています。Procter & Gamble(P&G)をはじめとする優良企業が集うため、とても豊かで住み心地の良い街です。自動車産業が盛んなため日本人が多く、大抵の日本食材は手に入ります。もちろん、レストランや、子供のための日本人学校もあります。美味しいイタリアンやフレンチのお店もあります。

応募書類:1. 研究業績を含むCV/履歴書、2. 志望動機、3. 問合せのできる推薦者2-3名の氏名及び連絡先の3点をPDFファイル形式にて下記までお送りください。履歴書には、どのようなバックグラウンドを持っていらっしゃるのか分かるような簡潔な記述もお願いします。形式は問いません。

Masashi Yamaji, Ph.D
Assistant Professor
Division of Reproductive Sciences & Human Genetics
Cincinnati Children's Hospital Medical Center
Department of Pediatrics
University of Cincinnati College of Medicine
3333 Burnet Avenue,
Cincinnati OH 45229 USA
E-mail: Masashi.Yamaji[at]cchmc.org ※[at]を@に置き換えてください。

2018-02-08 2018-05-08