学術賞・研究助成・研究プロジェクト

応募にあたり本会からの推薦の希望の方はこちら

  • 並び替え
  • 折りたたみ
  • 日付
掲載日締切日

趣旨:ロレアルグループとユネスコが世界規模で展開する女性科学者を支援する共同プロジェクトの理念を継承し、将来を担う日本の若手女性研究者が国内の教育・研究機関において研究を継続できるよう、奨励しています。

対象:生命科学、物質科学の分野において、博士後期課程に在籍あるいは、博士後期課程に進学予定の40歳未満*の女性を対象とします。

*下記、応募締切日現在、40歳未満で交付後1年間、国内で教育・研究に従事できる方。留学生は対象外とさせていただきます。 奨学金授与の件数:生命科学、物質科学の分野からそれぞれ原則1年2件(2名)、計4件(4名)を選考し、受賞者に賞状および、奨学金100万円を贈呈します。

受付期間:2017年11月13日(月)から2018年2月28日(水)まで (締切日の消印は有効とします)

応募方法:封筒に、「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」応募書類と必ず明記の上、下記必要書類を「ロレアル‐ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」事務局 宛に郵送ください。e-mailでの応募は受け付けておりません。応募書類は返却いたしませんのでご了承ください。

必要応募書類:

*論文など複数枚の書類を綴じる場合は、ホチキス止めではなくクリップをご使用ください

・応募申請書 2部
募集要項、応募申請書、指導教員からの推薦状は、日本ロレアルホームページhttp://www.nihon-loreal.jp/の2018年度「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」募集開始からダウンロードできます。

・履歴書(身分証明書サイズの顔写真貼付)コピー可 2部

・指導教員からの推薦状 2部

・これまでの研究内容の概要(A4版 2頁以内) 2部

*および別添(A4版 1頁以内)に、研究タイトルとアブストラクトを日英で併記ください(和文500字/英文200words)

・今後一年間の研究題目とその概要および今後の展望(A4版 2頁以内) 2部

・発表論文リスト(口頭発表含む) 著者名は可能なかぎり全員記載 2部

*応募者本人がFirst authorではない論文は、First authorの役職名(発表当時)と、本人の寄与分(%)を明記ください

・論文別刷(コピー可) 各2部
①既刊および刊行予定の論文(Acceptance Letter添付) 3編以内 ②学会発表論文(アブストラクト)

*上記①、②に該当する書類がない場合、修士論文で代用可

・官製はがき(返信先住所・宛名を必ず明記ください) 1枚

書類送付先:
〒163-1071 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
日本ロレアル株式会社 コーポレート・コミュニケーション本部
「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」事務局 宛

お問い合わせ先:fwis-japanfellowships@loreal.com

選考:1次審査(書類選考)、2次審査(ヒアリング)を経て、2018年半ばまでに選考委員会により選考のうえ、採否をご連絡します。

発表:2018年に東京で開催予定の授賞式にて発表させていただきます。

「ロレアル-ユネスコ女性科学賞―国際新人賞」:
ロレアルグループ本社(パリ)とユネスコ(パリ)主催「ロレアル-ユネスコ女性科学賞―国際新人賞」の2019年度の候補者として2018年度 日本奨励賞の受賞者から1名を選考委員会が選出します。各国から選出された候補者からトップ15名の若手女性科学者に賞金約200万円が贈呈されます。

2017-11-16 2018-02-28

自然科学の基礎的研究に対して、研究費の助成を行います。

・研究援助趣旨:

1)萌芽的・独創的研究

2)新規研究グループで実施される研究

3)学際性、国際性の観点からみて優れた研究

4)国際協力研究

※評価が定着して研究資金が得やすいものより、萌芽的で将来の発展が期待される基礎研究の計画を重視します。

・応募資格:当該研究を独立して実施し得る者。日本の研究機関に所属する研究者であれば身分、経歴、年齢等は問いません。

・助成金額:1件当たり100~500万円、総額3,000万円。援助総件数は15件程度。

【分子生物学会の学会推薦枠は5件です】

・助成対象:2018年9月~2020年3月の研究

・分子生物学会への応募(学会推薦)締切:2018年1月23日(火)

・山田科学振興財団への申込期限:2018年2月23日(金)

・申請手続き詳細は、山田科学振興財団ホームページ(2018年度研究援助のページ)にてご確認ください。
http://www.yamadazaidan.jp/jigyo/bosyu_kenkyu.html

【お問い合わせ】
公益財団法人 山田科学振興財団(Yamada Science Foundation)
〒544-8666 大阪市生野区巽西1丁目8番1号
電話 06-6758-3745(代表)

【ご確認ください】
本研究助成は推薦制です。本学会からの推薦を希望される方は、山田科学振興財団ホームページにて申請手続き詳細のご確認と同時に、以下のページを必ずご一読ください。

日本分子生物学会 学術賞、研究助成の本学会による推薦について
http://www.mbsj.jp/ads/recommendation.html

提出物、提出先、提出期限にお間違いのないよう、くれぐれもご注意ください。

2017-10-03 2018-01-23

ヤマト科学は2014年の創立125周年を記念して、独創性、創造性に富む、気鋭の研究者を顕彰し、人類に夢と希望をもたらす科学技術の次世代リーダーとしての活躍を支援することを目的とした、ヤマト科学賞を設立いたしました。
チャレンジングな研究を進められている皆様のご応募をお待ちしております。

対象分野:ライフサイエンス、マテリアルサイエンス、インフォメーションサイエンス分野及びその融合領域分野

応募資格:日本の大学、研究所、企業に勤務し、科学・技術の発展に貢献している研究者

表彰内容:
本賞:賞牌及びトロフィー
副賞:褒賞金100万円

応募要領:所属、略歴、主な研究成果、推薦理由をA4版 PDF形式にまとめて、選考委員会事務局まで電子メールに添付してご提出ください。
award@yamato-net.co.jp
※自薦、他薦は問いません

応募期間:2017年8月1日(火)~2017年11月30日(木)

選考方法:選考委員会にて、応募者の成果・功績を公正かつ厳正に判断し、1名を選定いたします。

選考委員会:

委員長:森川 智(ヤマト科学株式会社 代表取締役社長、文部科学省 科学技術・学術審議会専門委員)

委員:児玉 龍彦(東京大学 先端科学技術研究センター教授)

委員:橋本 和仁(国立研究開発法人 物質・材料研究機構 理事長、東京大学 総長特別参与・教授、内閣府 総合科学技術・イノベーション会議議員)

委員:廣瀬 通孝(東京大学 大学院情報理工学系研究科教授、東京大学 先端科学技術研究センター教授)

受賞者決定:2018年3月上旬 に弊社ホームページにて発表いたします。
※授賞式を2018年4月、記念講演を2018年11月に行います。

詳細:http://www.yamato-net.co.jp/award/info_5th.htm

お問い合わせ:ヤマト科学賞選考委員会事務局
E-mail:award@yamato-net.co.jp
TEL:03-5639-7070  FAX:03-5639-6031

2017-08-24 2017-11-30

募集目的:昭和天皇の研究分野(系統分類学)およびそれに関する生物学の研究を奨励し、学術研究の推進・発展に寄与することを目的とします。

対象研究:系統分類に関する研究。

助成額・期間:1件あたり50万円以内。期間は1年間(平成30年4月~31年3月)。

申請資格:原則として学術研究機関等に属している人、またはグループ。グループの場合は代表者を明確にしてください。

申請締切日:平成29年12月8日(金)必着。

申請方法:メールまたは郵便。募集要項、申請書類はホームページからダウンロードできます。

提出先・問合せ先:
公益財団法人昭和聖徳記念財団「学術研究」係
〒190-0012 東京都立川市曙町2-34-13 オリンピック第3 ビル
TEL:042-540-0429  FAX:042-528-0107
E-mail:ssmf@f-showa.or.jp
URL http://www.f-showa.or.jp

2017-07-27 2017-12-08